早漏男子の苦悩と工夫

恋愛

女子会の下ネタの方がエグいって話よく聞きませんか?
女子会の下ネタのエグさとは、噂されている本人が特定されてしまうことにあると思います。

女性は特に女子会になると平気で性事情を話す傾向にあります。
「今彼が~~」「前の前の彼氏が~~」
って名前伏せてるけど、共通の知人だった場合、それ誰のことかすぐに特定できますからね!?

男性が怖がっていることは、共通の知人に自分の性生活が赤裸々になっていることなのです。

早漏男子サメジマ君もそんな女子会の噂話にショックを受けた被害者です。

元カノに付けられた早漏男子のまさかのあだ名とは?

サメジマ君は高校時代に付き合っていた元カノが女子会で自分のことを、あるあだ名で呼んでいることを知ってしまいます。

サメジマ君があまりにも早漏過ぎてつけられた、そのあだ名とは
「ウサイン・ボルト」世界最速の男です!!

上手い!!!
この女性はコピーライターになれると思う!!(笑)

そんなあだ名で呼ばれるまで、なんとサメジマ君は早漏という自覚がありませんでした

10秒切るタイムを出しておいて、早漏の自覚なかったとは驚きですが、経験が浅いうちは気づけないそうです。

聞いた当初はサメジマ君も「上手いこと言うな」と思ったそうです。
しかしこのウサイン・ボルトがボディブローのように効いてきます

サメジマ君いわく、ふとした拍子に思い出すフラッシュバックのようなダメージだそうです。

とんでもなく早いと気づいてしまってからというもの、Hの際には緊張からかイクのがさらに早くなってしまい、女性とのHに自信が持てなくなってしまったのです。

早漏男子のデメリットとは?

重度の早漏と気づいてからのサメジマ君は、Hにめちゃくちゃ気を使う男になってしまいました。
ここではサメジマ君が語る、早漏の弊害をご紹介します。

早漏悩み

Hを純粋に楽しめない

世の中の早漏男子は、早くイクことに対してとても罪悪感を持っているそうです。
女性を喜ばせてあげられなかったと感じてしまい、それがとてつもないストレスになります。

色々な体位を楽しめない

正常位だけでイってしまうのが早漏です。
他の体位に変えている間もなくフィニッシュしてしまいます。

夜のお店代が勿体ない

男性であれば会社の先輩のお付き合いで、風俗に連れて行ってもらうこともあるそうです。
しかし早漏男子はせっかく高いお金を出して奢ってもらっても、ほとんどの時間を余らせて終わってしまいます。
先輩に非常に申し訳ない気持ちが芽生えます。

女性には理解できない感覚ですね…(笑)

早漏でも楽しみたい!編み出した技の数々

サメジマ君は真面目な男性です。
少しでも女性を喜ばせるために、どうしたら伸びるのか色々な工夫をしてきました。

サメジマ君が編み出したその技をご紹介します。

 

早漏

秘儀一 極厚コンドーム2枚重ね

ただの極厚コンドームでは、世界最速の男を止めるには不十分です。
極厚コンドームを2枚重ねにしてなんとかスピードを緩められます。

しかし、やはり相手にはコンドームを2枚も重ねていることを見られたくありません。
ここで重要なのはどうやって見られずに2枚目を装着するかです。

サメジマ君はあらかじめコンドームを2枚重ねてベッドのそばに置いておきます。
そしていざ装着するときには、2枚一緒に封を破ります。
1枚を通常通りつけた後、女性を後ろに倒しその視線が外れた一瞬で2枚目を瞬時に装着!

いや、マジシャンかよ!!

これには熟練の技術が必要。
しかし結果的に1分くらいには伸びるそうですが、ゴム2枚重ねはきつくて痛いので、この技はもう封印しているそうです。

秘儀二 直前で一度抜いておく

これは早漏男子だから出来る技だそうです!

抜いてからデートに出かけるのではなく、ホテルに着いたその後にトイレに行った瞬間、お風呂に入っている瞬間で抜いておきます。

早漏男子の唯一のメリットが早撃ちが出来ること!
自己発電が早いから出来る荒技です。

実際この技で少しはタイムが伸びるそうですが、1発目と2発目では感覚が違い、どう考えても1発目の方が気持ちいいとのこと。
やっぱり1発目が勿体ないので、この技も現在は使っていません。

早漏の唯一のメリットが自己発電の速さとは、メリット少なっ!!!

秘儀三 早漏防止グッズに頼る

世の中には早漏防止のための色々なグッズが存在しているそうです。
サメジマ君もグッズに頼ってみたこともあります。

ウェットティッシュのようなものを敏感な部分に塗るだけで長くなるというグッズがあります。
確かに長くはなりましたが、やたらヒリヒリするとのことで使うことを断念。

また新たなグッズも用意しているそうですが、それはHの30分ほど前に塗る必要があるそうで、一体どこで塗るチャンスがあるのか、使うチャンスに巡り合っていないとのこと。

秘儀四 プロに頼る

サメジマ君が一番ストレスフリーなHが出来るのが、きちんとお金をかけて、有料な場所に行くことだそうです。

お金を払っているので、早くイコうイカまいが関係ない
サメジマ君にとって、自分本位のHを楽しめる唯一の場所です。

秘儀でもなんでもないじゃん…

男性にも悩みがいっぱい 広い心で受け止めよう

女性のみなさん!
早漏男子はみなさんが思っている以上に早漏であることを気にして、悩んでいます

今回サメジマ君の話を聞いて、ここまで気を使ってHをしなければならないことに同情してしまいました。
「遅漏よりいいじゃん」
たくさんの人にフォローの言葉を投げかけられてきた、サメジマ君ですが
「一切良くない!」
と言い切ります。

サメジマ君いわく、早漏には優しいやつが多いとのこと。
早漏を気にし過ぎてしまうからこそ、繊細になり女性への気遣いが出来るようになるそうです。
早漏男子はすぐにイってしまう分、前戯で女性を喜ばせようと一生懸命です。

女性のみなさん、繊細な早漏男子を見つけたら一緒に長くなる工夫をしてあげてください。
きっとめちゃくちゃ大切にしてくれるはずです。

いえろう

フリーライターとして働く傍ら、恵比寿のスナックで働く30歳。 趣味は情報収集。お客さんや友人からたくさんのネタを貰って楽しんでいます。 刺激的なネタをいつで...

プロフィール

おすすめ記事