• 美容と健康
  • 歯を白くしたい人必見!自宅で効果的なホワイトニング方法を紹介!

歯を白くしたい人必見!自宅で効果的なホワイトニング方法を紹介!

美容と健康

白い歯って憧れますよね?歯の白さは肌のうつくしさと並んでその人の若々しさ美しさを助長する大切な要素とされています。歯が白いだけで5歳若く見えるという言葉も耳にします。
ただ、ホワイトニングは歯科医院に通って、時間とお金を使わないと効果は得られないと思われています。
そこで今回は、自宅でも効果的に白い歯を目指していけるホワイトニング方法とオススメグッズをご紹介します。

自宅でも歯科医院でもホワイトニングの手法は大きく以下の2つになります。
それぞれの手法の解説とオススメの自宅ホワイトニンググッズをご紹介していきます。

①歯の表面についた汚れ(ヤニや歯垢)を除去する

しっかりと丁寧に磨くことで、表面の汚れによる着色についてはこの手法で効果が得られます。
歯ブラシとホワイトニング系の歯磨き粉を使用することでさらに効果が得やすくなります。
共に種類は豊富にありますが、商品ごとに特徴が大きく異なります。
成分等、特色をちゃんと調べたうえでご自身に合ったものをセレクトするのがいいです。。

オススメの商品1:ルシエロ歯磨きペースト

弱アルカリ性で歯の表面についてステインを落とす効果が強く、さらに薬用成分PEGが煙草のヤニを溶解除去してくれます。
コーヒーやワインを良く飲む、煙草のヤニ汚れが気になる方に特にオススメです。

GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト 100g

価格:1,505円
(2020/3/18 23:47時点)

オススメの商品2:フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンド

【2018年モデル】フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション ホワイト HX9337/45

価格:23,320円
(2020/3/18 23:48時点)

少しお値段は高めですが、搭載されているホワイトニングモードは強力な除去力を持っています。

②歯の内部に薬剤を浸透させて漂白する

歯の表面についた汚れを落とすことで白くなりますが、あくまで汚れを落として本来の白さに戻っただけでしかなく、歯自体が白くなるわけではありません。
歯自体を白くするためには歯の中にある黄色がかった象牙色を漂白する必要があります。

漂白には過酸化水素や過酸化尿素という薬品を使用して行わなければならないのですが、これらの薬品は国内では劇薬として扱われており、歯科医・歯科衛生士の施術でしか使うことが出来ません。
理由としてはこれらの薬品は刺激が非常に強く、使い方によっては口内に痛みが出てしまったり、知覚過敏になってしまう恐れがあるなどのリスクがあるためかと思われます。

ただし、歯のホワイトニングに対する意識の高いアメリカではこれらの薬品が含まれる商品が販売されいて、日本国内の通販サイトでも購入することが可能です。
なお、これらの商品は海外では普通に販売されているものですが、日本では自宅使用することが出来ない強力な薬品を使用しています。

使用にあたっては自己責任のもと、安全には細心の注意を払うようにしてください。
少しの違和感を感じた場合には使用を止めることをオススメします。
思った程の効果が感じられなかったとしても、毎日連続して使用するのは止めましょう。

オススメの商品1:コルゲート(ハイインパクトホワイト)

【最新版】コルゲート Colgate オプティックホワイト リニュー ホワイトニング 歯磨き粉 ハイインパクト ホワイト 85g Optic White Renewal High Impact White

価格:1,780円
(2020/3/18 23:50時点)

こちらの商品は、漂白成分の過酸化水素水が含まれている歯磨き粉です。
継続的に使用することで徐々に歯が白くなっていきますが、短期間で使用するホワイトニンググッズ程の効果はありません。他のホワイトニンググッズを使用して得た白さをキープするなど、補助的なポジションとして使うのがおすすめです。

【ホワイトニングシート】

オススメの商品2:クレスト3Dホワイト

ホワイトニング テープ 2回分 シート 【メール便 送料無料】

価格:2,333円
(2020/3/18 23:52時点)

日本の歯科医院でホワイトニングに使用している薬品の過酸化水素水濃度が30%~35%と言われていますが、こちらの商品は14%の過酸化水素が含まれています。

歯科医程ではないものの十分強力な漂白効果が期待できます。
使い方は簡単。梱包されているシートの長いほうを上の歯に、短いほうを下の歯に貼り付けて待つだけ。使用時間は30分と1時間のものがあるようなのですが、コチラでご紹介しているのは30分の商品となります。

注意点としては一度使用したら数日間~1週間程度期間を開けるようにしましょう。
早く白くしたいからと言って連続で使用しすぎると歯が痛くなったり知覚過敏が発症する恐れがあります。また、シート装着中に唾液に薬剤が含まれている可能性があります。装着中に口内に溜まった唾液は飲まないようにしましょう。

自宅のホワイトニングは安全性を第一に行うこと

いかがだったでしょうか。
歯そのものを漂白するホワイトニング商品は人により知覚過敏などのリスクを伴います。少し使ってみて違和感を感じるようであれば他の商品を使ったり、歯の汚れを落とすホワイトニングを頑張ってみるなど安全第一で行うようにしてください。
それでは、白い歯で今まで以上に自信に満ちた笑顔を手に入れてくださいね。

UD

30代男性。元広告代理店営業マンで現在は映像制作やフィットネスクラブの運営などを中心に活動するフリーランス。

プロフィール

おすすめ記事