• 恋愛 , 彼氏
  • 1日3人の女性とデート!モテ男の過密スケジュールとは?

1日3人の女性とデート!モテ男の過密スケジュールとは?

スケジュールイメージ画像
恋愛

世の中にはモテる男性が存在します。
筆者には、大学時代に1日3人の女性とデートをし続けたという女性の扱いに長けた、あきうさ君という友人がいます。

そのあきうさ君の華麗なる女性遍歴をご紹介します。

世の中にはこんな男性がいるんだと参考にしてください!

モテ男あきうさ君とは?

あきうさ君は現在26歳のサラリーマンですが、女性経験は「数えてないけど、100人いかないくらい」というモテ男です。

しかもポリシーでワンナイトはしないと決めているので、数多くの女性とその場限りでない関係性を築いている稀有な存在。

あきうさ君はとにかく女性に対してマメです。

常に女性とのLINEを切らさず、ほぼ5分以内に返信するという徹底ぶり。
そのマメさから学生時代は、毎日のように3人の女性とデートをするという多忙さでした。

常時デートできる女性は15人以上

複数の女性イメージ画像

あきうさ君は大学時代に留年したため、5年生のときにほとんどフリーターのような生活をしていたそうです。
そのときの暇さを解消するため女性とのデートに勤しみ、毎日3人の女性とデートを繰り返していました。
1週間のうちに同じ人とデートすることもあったそうですが、常に15人以上はいつでもデートに誘える女性がいたとのこと。

セフレ以上彼女未満までの育成

あきうさ君はどの女性とも付き合っているわけではありません。
遊んでいる当時、本命彼女は作らなかったそうです。

デートのできる仲の良い女性が不特定多数存在し、どの女性にも「女の子いっぱいいるよ、遊んでるよ」と正々堂々と伝えていました。
それに合意の上で自分という沼に嵌って、ずっと依存してくれる子を育成していたのです。

Aランク:沼に嵌っている人。セフレ以上彼女未満
Bランク:親密だけど、体の接触はまだない
Cランク:電話、LINE、ランチデートなどまだ初々しい

ランク分けすると3つのランクに分かれ、じょじょに育成してAランクまで角度を上げていきます。

1日のデート過密スケジュールとは?

常に多数の女性と親密な関係にあったあきうさ君は、1日に1人の女性とのデートでは収まりきらず、1日3人とデートをしてようやく回せるそうです。

1人目はランチデート

ランチデートイメージ画像

まず1日のスタートはランチデートから。

先ほど紹介したランクでいうと、Cランクの女性とまずはさわやかにランチを楽しみます。

ランチを食べて、夕方ごろにはバイトだからと切り上げます。

2人目は夕方から夜まで親密デート

夜のデートイメージ画像バイトと切り上げて向かう場所は2人目とのデートです。
このデートはその女性との関係性によって色々なデートプランになるそうです。

お家でまったりデートもあれば、ディズニーに行ったり、買い物に付き合ったりアクティブなデートも。
このデートは22:00くらいには解散します。

 3人目はお泊りデート

夜のデートを切り上げて、次に向かうのは別の女性の家です。

夜を共にするのはすでに沼に嵌っているAランクの女性。
お泊りデートを楽しむそうです。

そして朝になると一度自分の家に帰宅し、またランチデートに出発。
これをほぼ毎日こなしているとは、相当の体力の持ち主です。

あきうさ君の周りにいる女性は幸せなのか?

複数の女性イメージ画像ここまでの話を聞くとあきうさ君って「最低」と感じる女性も多いかと思いますが、
沼に嵌った女性たちは、あきうさ君とのデートをとても楽しみにしていたようです。

あきうさ君とのデートのために、頑張ってヘアアレンジをしたり、メイクを変えてきたり、
その一つ一つの行動にあきうさ君はいち早く気づいて、べた褒めします。

あきうさ君は「女の子と遊んでいる」と正面切って伝えているので、お互い本気じゃないことは同意の上。

本気じゃなくても一緒に時間を過ごしたいという子には、食事をごちそうしたり、プレゼントをしたりほとんど彼氏として振舞っているのです。

彼氏でもない人が自分のことをすごく大事に扱ってくれて、一緒にいる時間はとても満たされるのであれば、多くの女性がその沼に嵌ってしまうのも納得がいきます。

セフレ以上彼女未満という関係が長くなると、それをさらに超えた関係になり、相手の女性が結婚して子供が生まれても連絡を取り合ったり、SNSでフォローし合ったりと未だに切れない関係になるそうです。

あきうさ沼は底が知れません…。

とにかく女性に紳士的なあきうさ君

はじめて「毎日3人の女性とデートしていた」との話を聞いたときは、ドン引きものでしたが、
話を聞いていくうちにあきうさ君の女性へのマメさと、とにかく女性を喜ばせるというスタンスに
逆に関心してしまいました。

多数の女性と遊んではいますが、一人一人の女性に愛情をかけて関係性を育んでおり、そんな関係ならありかもな!
と思わされる始末。

女性につぎ込んだ時間、労力、お金があってこそ、今のあきうさ君が出来上がったのです。
その努力に敬意を表します(笑)

でもなぜここまであきうさ君がモテるのか気になりませんか?

それはまた別の記事で底なし沼に嵌める、あきうさ君のモテテクをご紹介します。

いえろう

フリーライターとして働く傍ら、恵比寿のスナックで働く30歳。 趣味は情報収集。お客さんや友人からたくさんのネタを貰って楽しんでいます。 刺激的なネタをいつで...

プロフィール

おすすめ記事