倦怠期カップル必見!倦怠期を乗り越える方法を試してみた体験談

恋愛

付き合った当初は彼氏からLINEが来るだけでドキドキしていたのに、最近は同じベットで寝てもちっともドキドキしない。それどころか、一緒に過ごす時間がなんだか退屈……。

長く付き合っているとほとんどのカップルが経験する「倦怠期」。

しかし、なんとなくマンネリした状態を倦怠期と呼ぶことは知っていても、具体的にどんな付き合い方になったら倦怠期と呼ぶのかわからないといった女性も多いはず。

今回は、倦怠期の特徴や期間、倦怠期を乗り越える方法などを紹介します。「もしかして、倦怠期かも」「倦怠期の対処法を知りたい」とお悩みの女性はぜひ参考にしてみてくださいね!

カップルに訪れる倦怠期とは?どんな状態を意味するの?

カップルの倦怠期に関して疑問を抱く女性イメージ
一般的に、倦怠期とは「パートナーに対して気持ちの冷めを感じて、一緒にいるのが楽しくなくなる時期」を指します。

大半のカップルは、付き合い始めてからしばらく経つと関係性が安定してきて、付き合い方が落ち着いてくるものです。この落ち着きと倦怠期を区別するのは難しいのですが、パートナーと過ごすときに「居心地が悪い」「つまらない」などマイナスの感情がでてきたら倦怠期であると判断してください。

倦怠期はいつ訪れる?倦怠期が続く期間は?

倦怠期は以下のタイミングで訪れやすいといわれています。

  • パートナーに新鮮味を感じなくなる3ヶ月
  • 溜め込んでいた不満が爆発しやすい半年
  • 相手といることが当たり前になる1年
  • 脳科学的にも恋心がなくなると言われている3年

これを見ると、倦怠期は「相手に対する気持ちが冷めやすいタイミング」や「相手への不満が溜まりやすいタイミング」に頻発するものだとわかりますね。

訪れた倦怠期は、一瞬で終わることもあれば、一ヶ月経っても二ヶ月経っても終わらないこともあります。倦怠期をどのくらいで乗り越えられるかは倦怠期の過ごし方によって変わりますし、時間が経っても倦怠期を乗り越えられない場合、そのまま別れにつながってしまうことも少なくありません。

大好きな彼と長く付き合っていくためには、「アレ?なんだか最近ちょっと変かも」と感じたらすぐに対処することが重要です。

倦怠期カップルの特徴は?倦怠期かも……と思ったらココで診断

倦怠期には明確な定義があるわけではないので、「アレ?」と感じても倦怠期かどうか判断しきれないことがあります。

倦怠期かもしれないと感じたら、以下のポイントをチェック!

  • ときめきが減った
  • デートがだるく感じる
  • 連絡を返すのを忘れる
  • 相手の外見について、以前は気づいていたものにも気づけなくなった
  • 一緒に過ごしているときに会話の話題がない
  • 相手の些細な言動や行動にイラつく
  • 喧嘩が増えた
  • スキンシップを取りたくない
  • ひとりの時間が欲しいと感じる
  • 相手が何を考えているかわからない
  • 別れたいと感じることがある

上記のうち、6個以上に当てはまった人は倦怠期であるといえます。

6個未満の場合でも、当てはまるものがあれば倦怠期予備軍。状況が悪化する前に対処すれば本格的な倦怠期の訪れを防げますので、早めに対処してくださいね!

カップルが倦怠期を乗り越えるには?女性に試してほしい方法

カップルの倦怠期を正しく乗り越える方法を伝える女性イメージ
倦怠期だと気づくことができても、具体的にどうやって対処すればいいのかはわからないものですよね。「倦怠期 乗り越え方」で調べて色々試してみたけど、全然効果がなかった……なんて人もいるかもしれません。

私も長くお付き合いしている彼と、幾度となく倦怠期を迎えた経験があります。ときには「もうこんなやつと付き合ってられるか!!」と別れを切り出したくなるほど酷い倦怠期を迎えたことも。

倦怠期が訪れる度にいろんな方法を試しましたが、効果を得られた方法もあれば、逆効果となってしまった方法もありました。

ここからは、私が実際に試してみて効果のあった方法をご紹介します!

デートで遠くへ行ってみる

倦怠期になるとお家デートが増えたり、いつもと同じデートコースになってしまったり、そもそもデートの回数自体が減ったりしてしまうもの。しかも、デートをしたところで会話もイマイチ盛り上がらず気まずい雰囲気に……。

そんなときは、あえて遠くに出かけてみるのがおすすめです!

ふたりの生活圏内から抜け出した場所に行くと、「あそこ行ってみない?」「これ食べてみたいな」と、普段よりも会話の要素が増えます。

ふたりとも知らない地であるからこそ、会話をしないと行き先が決められないので、会話に積極的になれる点もポイント。

デートのあとも、写真を送りあったり「ここよかったね」なんて話をしたり、話題に迷うことがなくなるので、和やかで楽しい雰囲気が長く続きます。

ただ、数日かけて旅行に行くと疲れやストレスも溜まってしまうので気をつけてください!私は、「どこに行きたい?」に対して「どこでもいいよ」と返されてめちゃくちゃムカついた結果、「お前のそういうところが嫌なんだよ!!!」と発狂して激しい喧嘩をしたことがあります。

喧嘩をしてしまっては意味がないので、日帰りか、無理なく一泊二日で行ける範囲に出かけるようにしてくださいね!

共通の趣味を探してみる

普段であれば自分の趣味や興味から外れた話題を笑顔で聞くことができる人でも、倦怠期でイラつきやダルさを感じていると、自分の趣味や興味から外れた話題について話すのが面倒になることが多いです。

共通の趣味がないカップルは倦怠期中の会話の引き出しが少なくなってしまうので、倦怠期中こそ、一緒に楽しめるような趣味を見つける努力をしてみてください。

キャンプやサイクリングといったアウトドア系の趣味はもちろん、ゲームやアクアリウムのようなインドア系趣味でも大丈夫です。なにかひとつ共通で楽しめるものがあれば、デート場所も決めやすくなりますし、「このグッズ買ったんだ」「こんなお店があったよ!」といった具合に話題の引き出しは増えて行きます。

それに、倦怠期中は「この話題を出して、相手が食いついてこなかったらどうしよう……」なんて不安を抱きやすいですが、共通の趣味の話題であれば、相手も興味があることはわかっているので安心感があります。

趣味を楽しむついでに彼氏との時間を楽しんでいるうちに、彼氏と過ごすのが楽しいなと思えるくらいまで気持ちが復活してくるはずですよ!

友達と一緒に遊んでみる

「遠出してもダメだったし、共通の趣味は見つけられなかった……」そんな人は、自分や彼氏の友達を交えてご飯を食べたり、どこかに行ったりしてみてください。

ただし、ひどい倦怠期だと勇気を出して彼氏を誘ってみても、「君と友達だけで遊んできなよ」なんて言われてしまうことがあります。彼氏にそんなことを言わせない、ベストなセリフはこちら。

「友達がバーベキューしようって言ってるんだけど、予約するにはあと2人足りないんだよね。あなたもあなたの友達と一緒に来ない?」

この「私の友達が困ってるから助けてくれないかな?」のスタンスで彼氏の良心に訴えかけ、彼氏が彼女の友達の輪に入るのではなく、お互いの友達を交えてみんなで遊ぶスタイルによって彼氏の抵抗感はグッと低くなります。自分の友達には先に事情を話して協力してもらえばOK。

バーベキューじゃなくとも、「友達が彼氏ほしいらしいんだけど、あなたの友達にいい人いない?紹介してあげてよ。みんなで飲みに行こう」とかでもいいです。

とにかく、彼氏に「しかたない。そのくらい付き合うか」と思わせることが大切なのです。

友達も含めて何かをすれば、友達の手前、カップル間で会話をしないわけにはいきません。そうして話しているうちに「自分から話しかける怖さ、きまずさ」がお互いになくなり、いつも通り話せるようになれば、徐々に気持ちも復活して倦怠期を脱出できるはずです!

一度友達に会わせておくと、今後倦怠期が来たときに「○○ちゃんと飲むんだけど、久々にあなたにも会いたいって言ってるから来ない?」と言えるようにもなります。

ただ、頻繁にやりすぎると友達にウザがられる可能性があるので、そこだけ気をつけてくださいね!

倦怠期カップルがやってはいけない倦怠期の過ごし方

倦怠期カップルがやってはいけない過ごし方を教える女性イメージ
倦怠期を改善する過ごし方とは反対に、倦怠期を悪化させてしまう過ごし方も存在します。

よかれと思ってやったことが思わぬ事態を招くケースもありますので、倦怠期中にやってはいけない過ごし方についてチェックしておくのはとっても大切です。

次は、私が過去に倦怠期を悪化させてしまった「ダメな過ごし方」をご紹介していきます。

ラインを一切返さないなど必要以上に距離を置く

「倦怠期中には距離を置いてお互いに自由な時間を楽しむのがいい!」なんてよく耳にしますよね。

確かに距離を置いたことで気持ちが復活することもあるのですが、必要以上に距離を置くと、相手の存在感が薄れることで気持ちが冷めたり、不安感から浮気などにつながる可能性も。

私は彼氏と距離を置きすぎて、いざ気持ちが復活してきたときに、どうやって距離を縮めればいいのかわからなくなってしまった経験があります。ついでに、しばらく会ったり電話をしたりしていない間、暇を持て余した彼がキャバクラで豪遊したことが発覚して怒り狂いました。

お互いにとって、どのくらいの距離感が必要で、どのくらいの距離感が適切なのかを正しく見極められる自信がない場合、距離を置かないほうが安全です!

マンネリした状況について真剣に話し合いをする

倦怠期を乗り越える方法としてたまに見かける、「思い切って彼氏といまの状況について話し合ってみよう!」。これは本当に危ないので、やらないのがベストです!

なぜ危ないかというと、話し合いをすると、お互いに「いまの状況をどうにかしなければ」と思うようになるから。

デートや連絡も「ここでしなければ、倦怠期を改善する気がないと思われるかも……」などと感じ、義務のようになってきます。そうなると、とても息苦しい付き合いになってしまいますし、そもそも、話し合い自体が重くてウザいものに感じられることも多いです。

話し合いによって表面上は解決したように見えても、半ば義務と化したデートや連絡にお互いストレスが溜まります。のちのち喧嘩になったり気持ちが完全に冷め切ってしまうのがオチなので、話し合いは別れを覚悟したときだけにしてくださいね。

倦怠期を乗り越えた後のカップルはラブラブになれる!

倦怠期を乗り越えてラブラブになったカップルのイメージ
長く付き合っているとほとんどのカップルには倦怠期が訪れます。

なかには倦怠期がないカップルもいますが、そういったカップルはやっぱり、もともと共通の趣味があったり定期的に友達と遊んだりしていることが多いように感じます。

もし倦怠期が来てしまっても正しく対処して乗り越えられれば、以前よりもラブラブで素敵なお付き合いができるようになるものです。

倦怠期に怯えるのではなく、来てしまった倦怠期をどう乗り越えるか、倦怠期を防ぐためにどうしていくのかを考えながら素敵な毎日を過ごしていってくださいね!

ぐりこ

ライター・編集者・占い師のアラサー女。いわゆるブラック企業で社畜として働きまくり、フリーに転身。趣味は料理とキャンプとホットヨガ、三度の飯と同じくらいイケメ...

プロフィール

おすすめ記事