• その他
  • スマホでもOK♡イルミネーションの綺麗な撮り方【in ルミヤシキ】

スマホでもOK♡イルミネーションの綺麗な撮り方【in ルミヤシキ】

その他

街に溢れるイルミネーションや夜景は最高のインスタ映えスポット

これからの季節、街中や遊園地は綺麗なイルミネーションで彩られ、ハッピーな気分になりますね♪ イルミネーションや夜景の前で、カップルで、友達でスマホを使って撮影する機会も増えてきます。

この記事で登場する、日本最古の遊園地「浅草花やしき」で開催中のイルミネーションイベント「ルミヤシキ」では、50万球のイルミネーションが輝き、どこを切り取ってもインスタ映えする360°フォトジェニックスポット!

2017年にできたばかりのハートのイルミネーションは、カップルで撮りたい絶好のフォトスポット♡
幻想的に光り輝く噴水ショーをバックにロマンチックな写真を撮りたい!

でも、スマホでイルミネーションや夜景を撮るのって、意外と難しくないですか?

特に、イルミネーションと人物を一緒に撮るのが難しい。。

「イルミネーションはピカピカに写るけど顔が真っ暗…」

「フラッシュを使ったら顔は明るくなったけど、イルミネーションが点々になっちゃった」

「明るく写せたけどピンボケになっちゃった」

こんな経験、みなさんもあるんじゃないでしょうか?

でも安心してください!
スマホの機能を上手に使って、構図を工夫すれば、イルミネーションも夜景も、人物と一緒に綺麗に写すことができちゃいます♡

イルミネーションや夜景の綺麗な撮り方♡基礎編

スマホの機能を駆使して、イルミネーションや夜景と人物を綺麗に撮るための、基本的なテクニックを紹介します♪
ちなみに、写真はすべてiPhone6で撮っています!

■HDR機能を使う

iPhoneのカメラの標準機能のHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を使えば、実際に目でみている風景に近い写真が撮れます!
HDR機能はシャッターボタンを押した後に、明るい部分と暗い部分を撮影して、バランスよく合成して表現してくれる優秀な機能なんです♡
イルミネーションや夜景のような、暗い部分と明るい部分が混在するシーンでは必須の機能ですね♪

「浅草花やしき」の「ルミヤシキ」のハートのフォトスポットで撮影してみました。

左がHDR機能を使わなかった写真、右がHDR機能を使用した写真。
右の写真の方が肉眼で見たときの写真に近い写りになっていますよね!

■三脚を立ててセルフタイマーを使う

上のHDR機能は通常撮影より、シャッターボタンを押してから撮影が完了するまでの時間が長めなので、手ブレが起きやすいのが欠点。せっかく綺麗な明るさで撮れても、ピンボケ写真じゃ困っちゃいますよね。

でも、スマホを三脚で固定してセルフタイマー機能を使って撮影すれば、手ブレの心配なし!
三脚を持ってない時は、どこか台になるところにカメラを置いて固定しましょう。
台がないときは、しっかり脇を閉めてカメラがブレないように、シャッターを切りましょう!

施設内での三脚の使用は他のお客様の通行を妨げるなど、迷惑にならないように使用しましょうね♪

三脚を立ててセルフタイマーを使えば、モデルもイルミネーションも、ブレずに綺麗に撮ることができます♡
■フラッシュはOFF

イルミネーションや夜景を撮影する時に、明るく撮ろうとしてフラッシュをONにしてしまいがち。
でもフラッシュをONにするとイルミネーションが点々になってしまい、ふんわりした明るさが失われてしまいます。
ここはあえてフラッシュをOFFにしてみましょう。

こちらは「浅草花やしき」の「ルミヤシキ」の、イルミネーションが張り巡らされた綺麗な洞窟で撮影。

左がフラッシュをONにした写真、右がフラッシュをOFFにした写真。

右の写真の方がモデルの顔もイルミネーションも、全体的にフワッと明るくなっています♡

■明るさ調整機能(露出補正機能)を使う

イルミネーションや夜景を撮影するときに、一番困るのが「明るさの基準をどこにするか?」ですよね。
iPhoneカメラには明るさを調整する露出補正という機能が付いています。
この露出補正機能があれば人物もくっきり、明るさもハッキリ、綺麗な写真が撮れます♡

被写体でピントを合わせてハッキリ写したい部分をタップしましょう。
ここではモデルの顔をハッキリ写したいので、顔をタップします。

このように黄色い枠が、顔の上に表示されます。
その横に太陽マークがあります。
これで明るさの調整ができるんです!

この太陽マークを上にスライドさせると画面全体が明るくなります。
逆に下にスライドさせると画面全体が暗くなります。

スライドの上下移動で画面の明るさは変わるけど、フォーカスは顔に合ったまま♪

このようにフォーカスをハッキリ写したいモデル顔に合わせて、露出補正機能を使って明るさを調整すれば、人物の顔はハッキリさせながら、イルミネーションの明るさもふんわり綺麗に写すことができます♡

「ルミヤシキ」のカラフルで幻想的な噴水ショーもモデルも綺麗に写っています!

「浅草花やしき」の「ルミヤシキ」で最高に盛れる写真を撮ってみた♡

「浅草花やしき」の「ルミヤシキ」には、ユニークで美しいイルミネーションスポットがたくさん!
他のイルミネーションスポットでは撮れないような、インスタ映え間違いなしの写真が撮れました♡
2017年から登場した「ハートのフォトスポット」は、カップルで撮っても、友達や家族と撮っても最高に盛れる「ルミヤシキ」の中でも特別なフォトスポット♡

ピンク、青、緑・・・多彩な色に変わるんです!

遊園地の定番メリーゴーランド!
「ルミヤシキ」はひときわ輝くメルヘンスポットになっています♡
curet編集部イチオシはコレ!

昔ながらのパンダカーも全身にイルミネーションをまとっています!

か、、かわいい♡

そして少しシュールなイルミネーションパンダカーは、「浅草花やしき」の「ルミヤシキ」でしか乗れないんじゃないでしょうか。

キラキラパンダカーと一緒に、ファッショナブルな写真を撮ってみましょう!
ゴールドに演出された「光の階段」は、階段の下からの撮影がオススメ!

光の階段の逆光を利用して、シルエットで写してみるとおしゃれ感が増しますね!

光の階段のスペースを広く使って、離れたポジションに立ってみても、ユニークな構図で良いかも!
音楽に合わせて躍動する水と光の幻想的なショーが楽しめる「噴水ショー」は、20分に1回、1日6回開催されます。
タイミングを逃さないように注意してね♡

噴水ショーは花やしきオリジナル楽曲と共に1日6回開催されます。

楽曲[BLUE TREASURE]
19:00
19:40
20:20

楽曲[さくらさくら]
19:20
20:00
20:40

可愛く盛れる♡インスタ映えするイルミネーションは「ルミヤシキ」で☆

日本最古の遊園地『浅草花やしき』が送る、大人のための夜の遊園地「ルミヤシキ」は期間限定開催のイルミネーションイベントです。
開催概要をチェックして、体験してみてくださいね♡
【期間】
2017年10月8日(日)~2018年4月1日(日)

【営業時間】
通常営業時間18:30~21:00(最終入園20:30)
※一部除外日あり。ルミヤシキ特設サイトをご確認ください
※2018年1月9日~3月31日の間は基本的に金土日祝のみ開催
※荒天により中止となる場合あり
※休園日…2017年12月5.6.12.13日、2018年2月6~9日

【料金】
大人 2,000円
小人(小学生)・シニア(65歳以上) 1,500円
未就学児(2歳以上)・障がいをお持ちの方 1,000円
※入園+のりもの限定6機種乗り放題セット券
※障がいをお持ちの方は障がい者手帳をご提示ください。
※現金のみのお取扱いとなります
※払い戻し不可
※アトラクションにより年齢制限、身長制限がございます。
※入園割引券、入園招待券(スカイツリー、水上バス含む)はお使いいただけません
※当日券は、18:30より販売開始。

【土日祝限定】
19時頃に特設ステージまたは多目的ホール「花やしき座」にて、季節に合わせたミニショー&グリーティングも行われます
※予告なく中止となる場合がございます。

Curet編集部

Curet公式の編集部です。男女問わず、美容から恋の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています。人生をもっと充実させる情報満載!

プロフィール

おすすめ記事