• その他
  • やりがちNG連発?おぶすメイクを美人メイクに変えるやり方♥

やりがちNG連発?おぶすメイクを美人メイクに変えるやり方♥

その他

そのメイク、おぶすメイクになっているかも?!

女の子は日頃しっかり頑張っているメイク。
でも、そのメイク、実は残念な”おぶすメイク”になっていませんか?

おぶすメイクになってしまうやりがちNGと、おぶすメイクを美人メイクに変身させるやり方をご紹介します!

■やりがちNG①歯紅しちゃってる・・・

パキっと発色する濃い色のリップがトレンドですよね。
でも、そういう濃い色のリップに限って歯紅しちゃう・・・
歯紅は目立つし、他人も指摘しにくいとの声が多数。
あなたも気づかないだけでなっているかも?!

▼美人メイクのやり方:歯紅しちゃう部分のリップをオフ♡

歯紅は指一本で防げちゃうんです!
<やり方>
①人差し指をパクっと口に咥える(人差し指をおしゃぶりしているような状態)
②口にくわえたその指をそのまま引き抜く

これだけで歯紅対策はばっちり!
指を口に咥えることで、唇の内側近くの歯に当たりやすい部分だけリップをオフし、歯への色移りを防ぐという方法なんです♡

■やりがちNG②マスカラがまぶたについてる・・・

まるでまつエクをしているかのように、まつ毛を伸ばすことができるマスカラが増えています。
でも、ついまつ毛を伸ばすことに一生懸命になってしまって、マスカラがまぶたについていることに気づいていないかも?
じわじわと滲んでパンダ目になってしまうので、要注意!

▼美人メイクのやり方:マスカラ下地&フェイスパウダーを活用!

出典: www.instagram.com

パンダ目防止のやり方も超簡単!
必要なものはマスカラ下地とフェイスパウダーのみ。
<やり方>
①マスカラ前に、マスカラ下地をしっかりと塗り、よく乾かす
②マスカラを重ね、よく乾かす
③マスカラがつきそうな部分のまぶたに、薄く軽くフェイスパウダーをのせる

これだけです♡
パンダ目にならないよう、ウォータープルーフのマスカラを使う人も多いかもしれませんが、この2つのアイテムがあるだけで簡単に美人まつ毛に◎

■やりがちNG③涙袋を強調しすぎて、ただのクマ!

デカ目メイクに欠かせない涙袋。
涙袋がもともとない人でも、涙袋はメイクで簡単に作ることができますよね。

でも、あまりにもラメをのせすぎていたり、涙袋の影をつけすぎたりしていませんか?
実は自分では盛れてるつもりでも、ただのクマに見えている可能性大!!

▼美人メイクのやり方:ナチュラル涙袋に徹する!

出典: www.instagram.com

涙袋を作るときは、ナチュラルに仕上げることを意識しましょう◎

涙袋をぷっくりさせたいからといって、幅を広げてアイシャドウをのせると不自然な仕上がりになるのでNG!
まずは自分の涙袋の範囲をしっかりと把握しましょう。

<やり方>
①明るいカラーのアイシャドウを涙袋の幅に沿って、一往復つける。(メイク寄れや、夕方のくすみにつながるので、のせすぎ注意!)
②アイブロウパウダーの1番明るい色で涙袋の下を一度だけなぞる

涙袋は、やりすぎてはいけません!
薄いかな?くらいでちょうど良いのです◎

■やりがちNG④チークが濃すぎて、酔っ払い?

パッと顔を明るく、ハッピーに見せてくれるチーク。
そんなチークも、発色よく!とどんどん重ねると、と酔っ払いのように見えてしまうのでやりすぎNG!

チークの入れすぎは、性別問わず目につきやすいので要注意!

▼美人メイクのやり方:クリームチークで血色チークに♡

出典: www.instagram.com

じんわり内側からにじみ出たような、血色の良さを演出してくれるクリームチークを使いましょう!
指で直接のせるから、濃度も調節しやすいです♡
<やり方>
①ベースを済ませ、指(もしくはスポンジ)でクリームチークをのせる
②フェイスパウダーをのせる

ベースメイクが全て完成してから、チークをのせるのではなく、パウダーをはたく前にチークを仕込むのがポイント!
自然と内側から滲み出すような美人メイクに仕上がりますよ♡

おぶすメイクは卒業!今日から美人メイクに♡

いかがでしたか?
メイクは自分の魅力を最大限に引き出せるもの!
なのに、魅力半減のおぶすメイクになってしまっていたらショックですよね。

おぶすメイクのやりがちNGをしっかりチェックして、これからは正しいメイク方法で美人メイクを楽しみましょう♡

【おすすめ関連記事】

Curet編集部

Curet公式の編集部です。男女問わず、美容から恋の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています。人生をもっと充実させる情報満載!

プロフィール

おすすめ記事