• その他
  • 気を付けて!ヘアサロンで失敗ヘアになる「NGオーダー」4つ

気を付けて!ヘアサロンで失敗ヘアになる「NGオーダー」4つ

その他

ヘアサロン・美容室でカットに失敗…

ヘアサロン・美容室でカットしたのになんだか失敗しちゃった……

なんて経験ありませんか?実はヘアスタイルのオーダーの仕方が間違っていた!なんてこともあるんです。

美容師さんも困ってしまうNGオーダー4つをまとめました。

①「お任せで」美容室NGオーダー

「お任せで」

この言葉は高確率でカットが失敗になります。あなたと美容師の間では必ず“イメージのギャップ”があります。たまたまイメージが合う場合もありますが、宝くじに当たるくらいの確率でしょう。

なりたい髪型のイメージが湧かない場合は、普段気になって髪のクセや、“やって欲しくない髪型”などを先に伝えましょう。

②「薄くしてください」美容室NGオーダー

髪の毛の量が多くてまとまらない……広がってぼさぼさになる……という時にオーダーしがちな「薄くしてください」。実はこれもNGオーダー。
髪のボリュームや広がりが気になって“梳いて”薄くすればボリュームが抑えられると思いがちですが、過度に梳きすぎると反対にボリュームが出てしまう恐れもあります。

梳いて薄くしすぎてしまうと、元の髪の長さに戻すのには時間がかかるので、気をつけたいワードです。

③「○○にでている女優さんのようにカット」美容室NGオーダー

憧れの女優さん・モデルさん……その髪型に憧れるのは分かりますが、自分に合わせて見るとどこか違和感が出てしまうものなんです。

技術的に女優さんとまったく同じ風にカットすることはできます。でもなんだかカツラのような違和感のある髪型になってしまったり……顔の形や髪のカラーなどが関係してくることなので仕方がないことなんです。

どうしても女優さんと同じ髪型にしたいのであれば、その髪型のどこを気に入っているか好きなのか伝えると◎

「○○にでている女優さんの髪型の、色と長さが凄い好きなんですけど、あの長さと雰囲気・色でカットしてくれますか?」ならOKです!

④「○センチカットしたい」美容室NGオーダー

結構オーダーしがちな「○cm切ってください」実はこれもNGオーダー!過去に切られすぎた経験はありませんか?

美容師は“センチ”より“あごくらい”や“耳が出ないくらい”などの伝え方の方が伝わるのです。失敗した経験がある方は“言い方”を変えてみてくださいね。

いかがでしたか?

出典: www.instagram.com

折角ヘアサロン・美容室に行くんだから100%満足したいですよね。

ちょっとオーダーを気を付ければあなた好みの髪型になることまちがいなしですよ!

関連記事♡

Curet編集部

Curet公式の編集部です。男女問わず、美容から恋の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています。人生をもっと充実させる情報満載!

プロフィール

おすすめ記事