• その他
  • ダイエット中にお酒はNG?カロリーや美容効果を教えます!

ダイエット中にお酒はNG?カロリーや美容効果を教えます!

その他

ダイエットしたい…!お酒はなぜ太るの?

アルコールを摂取すると、肝臓ではアルコールを分解するために活発にその処理が行われます。その分、脂肪の分解が後回しになってしまうため、脂肪が体に蓄積されやすくなってしまうと言われています。
また、お酒と一緒に食べるおつまみも太る原因のひとつ。アルコール分解には炭水化物(糖質)が必要ですが、これらが分解されると、消費されなかった残りのカロリーは体脂肪となり、体に蓄積されてしまうのです。

出典: http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/wooris/2013/01/post-139.ht…

ダイエット中の女性必見!飲んでも太りにくいお酒とは | マイナビニュース

アルコールの代謝の為に、体ではビタミン類を多く使います。そのビタミン類が不足してしまうと、「ビタミンを摂取しなさい!」と脳に指令を出すので、普段より食欲が湧いてしまうのです。その結果、飲む→食べる→飲む→食べる、の繰り返しになってしまい太る原因に繋がるのです。

出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

太りやすいお酒と太りにくいお酒

お酒がエンプティカロリーだと言っても、その中には糖質が多く含まれている、太りやすいお酒があるのをご存知ですか?以下に、太りにくいお酒と太りやすいお酒を紹介します。

出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

×太りやすいお酒×

ビール
アルコールの中でもビールは最も太りやすいと言われています。
カロリーの2/3がアルコールで、残りの1/3は糖質なので、これが脂肪に変わってしまいます。
また、ビールに含まれている成分には食欲増進効果があると言われているため、より太りやすいのです。
日本酒
糖質を多く含んでいるため、太りやすいといわれています。

チューハイ・カクテル
果汁や砂糖シロップを加えているものは、糖質が多く高カロリーなため太りやすいです。

ワイン
甘口のワインの場合、糖質が多く含まれています。ボトル半分で、だいたいご飯1杯分と同じ位のカロリーです。

出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

おすすめの太りにくいお酒の種類とは?

ウイスキー
ウイスキーも蒸留酒なので糖質が含まれません。また痛風の原因となるプリン体もほとんど含まれません。カロリーゼロの炭酸水と割ったハイボールにすると、量も抑えられるのでオススメです。

焼酎
焼酎は蒸留酒といわれる種類のお酒で、ほとんど糖質は含まれていません。飲む量を抑えたいなら、ストレートよりお湯割りをオススメします。

ブランデー
ブランデーの香りには、脂肪の代謝を促すホルモンを増やす働きがあると言われています。

出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、アルコール以外のカロリーが含まれないので、蒸留酒だけを飲む分にはカロリーゼロ。これだけを飲んでいて太ることはありませんし、蒸留酒の場合、お水で割って飲むと、アルコール度数も抑えられるという利点もあります。

出典: http://wooris.jp/archives/9981

お酒を飲んでも太りにくくする飲み物&おつまみ

牛乳やヨーグルトなどの乳製品
乳製品には胃の粘膜を保護する役割があります。その粘膜がアルコールの吸収を抑える役割を果たします。また、乳製品に含まれるタンパク質の成分が肝臓でアルコールを分解する機能を高めます。

ブラックコーヒー
コーヒーに含まれる利尿作用でアルコールの排出を促進させてくれます。

黒酢
黒酢に含まれるアミノ酸には肝臓の働きを活発にしてくれます。そして代謝を促進するため太りにくくなります。

出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

大事なのは低カロリーのおつまみを選ぶこと。枝豆、かまぼこ、キムチ、煮もの、刺身、揚げだし豆腐、冷ややっこ、おでん、もろきゅう、焼き鳥(塩)、あさりの酒蒸し、酢の物、ほうれんそうのおひたし、などがおススメ。

出典: http://josei-bigaku.jp/lifestyle/nonndemohutoranai68744/

太りにくいお酒ランキング

1位 ハイボール

ハイボールのベースはウイスキー。ウイスキーは、蒸留酒といってアルコール度数は高いけれど、糖質と脂質はゼロ。また、ハイボールは炭酸水で割るので、満腹感も得られやすく、ストレートで飲むよりアルコール度数も抑えらるのもうれしいところです。ただし、ハイボールの中にはジンジャーエールで割ったものもあるので、なるべくなら炭酸水で割ったものをチョイスするようにしましょう。お正月などに自宅で飲む場合には、糖質が含まれている市販の缶ハイボールよりも、ウイスキーを炭酸水で割ったものを自分で作って飲むのがお薦めです。
【参考】
ハイボール(ウイスキー50ml・炭酸割) 118kcal ※あすけん調べ

出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149

2位 ウーロンハイ・緑茶ハイ

ウイスキーと同じく蒸留酒に分類されるのが焼酎。焼酎も糖質はゼロです。焼酎を割るなら、カロリーが少ないウーロン茶や緑茶、水などの甘くないものがお薦めです。
【参考】
ウーロンハイ(焼酎70ml+ウーロン茶) 102kcal ※あすけん調べ

出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149

3位 赤ワイン

ワインはビールと同じ醸造酒に分類されますが、カロリー、糖質ともに少なめ。1日あたりに飲む適量はグラスに2杯程度で、飲み過ぎに注意すればダイエット中でも安心して飲めます。赤ワインの紫色の成分であるポリフェノールは、強い抗酸化作用があり老化防止にも◎。また、悪玉コレステロールを減らしてくれたりと、たくさんの健康効果が実証されています。
【参考】
赤ワイングラス1杯(100ml) 73kcal ※あすけん調べ

出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149

4位 生グレープフルーツサワー

グレープフルーツの香り成分である「ヌートカトン」には、脂肪燃焼効果があると言われています。また、グレープフルーツに含まれるビタミンCや食物繊維も豊富で、ダイエット中に不足がちになる鉄分の吸収率をアップする働きもあります。果実を絞って飲めば、美容だけでなく健康への効果も期待できます。
【参考】
生グレープフルーツサワー(焼酎80ml・グレープフルーツ1/2個)157kcal ※あすけん調べ

出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149

5位 糖質オフビール

「忘年会ではやっぱりビールが飲みたい!」という女性も多いでしょう。そんな方には、「糖質オフビール」がお薦めです。今では各メーカーからさまざまな糖質オフビールが販売されおり、そのほとんどは発泡酒か第3のビールです。通常のビールに比べて糖質をかなりカットできるはずです。

出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149

年末年始の飲み会太りを回避! ダイエット中に選ぶべきお酒ベスト5 – Woman type [ウーマンタイプ]

美容効果があるお酒

1.「赤ワイン」

(1)肌荒れの予防、肌のハリと潤いの維持

(2)細胞の老化抑制、生活習慣病の予防

(3)脂肪燃焼を促進

ワインに含まれるポリフェノールには、強い抗酸化作用が期待でき、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は、細胞の正常な働きを失わせ、シミやシワといった肌老化を招いたり、生活習慣病を招くこともあります。そんな活性酸素を除去するため、若々しい肌や身体の維持に効果的です。

また、脂肪細胞の成長を防いだり、ポリフェノールには、脂肪を燃焼してくれる“褐色脂肪細胞”を活性させる効果が、期待できる。

出典: http://www.biranger.jp/archives/108229

2.「純米酒」

日本酒は体を温める効果があるので、冷え症の女性にオススメです。中でも、「純米酒」は、ミネラルが豊富なので美肌効果バツグン。飲むだけでなく、入浴剤として使えば、ツルツルの肌になれます。

出典: http://mdpr.jp/beauty/detail/1406963

3.「梅酒」

1 クエン酸による疲労回復

2 ミネラルバランスを整え、カルシウム吸収促進

3 腐敗効果で雑菌から身を守る

4 含まれる成分「ムラフメール」が血液をサラサラにする

……この他にもまだ確定はしていないが、血圧と血糖値の上昇を抑えるという説もあるなど、いいことづくめな梅酒。また口当たりがよく、飲みやすいのも女性にとっては利点。お酒なのに健康的でそして美容によい.。

出典: http://news.livedoor.com/article/detail/9149129/

「翌日に疲れを残したくない」健康も美容も手に入れたい女性におすすめな梅酒BAR – Peachy – ライブドアニュース

4.「マッコリ」

■成分特徴・・・乳酸菌、タンパク質やビタミンBなどが豊富。
■アルコール度数・・・6~7度。
■健康効果・・・血液循環・新陳代謝UP・疲労回復にも最適。
■美容成分・・・コウジ酸、ビタミンB複合体、クエン酸など。
■塗った場合の美容効果・・・美白、保湿、エイジングケア

出典: http://www.biranger.jp/archives/108229

便秘解消をサポートする「乳酸菌」です。「乳酸菌」は胃液に弱いので、空きっ腹で飲むのはオススメできません。食べ物と一緒に飲んで、便秘を解消し、ニキビとは無縁のお肌になりましょう。

出典: http://mdpr.jp/beauty/detail/1406963

5.「ジントニック」

ジンの原料「ジュニパーベリー」には、利尿作用があり、体のむくみを解消してくれますよ。また、「トニックウォーター」は、炭酸水に柑橘類や香草を混ぜたもの。普通の炭酸水より、脂肪燃焼効果やリラックス効果がありますよ。

出典: http://mdpr.jp/beauty/detail/1406963

太らないための飲んだ後の注意!

飲んだあとすぐに寝てしまうと脂肪になりやすいので、2~3時間は寝ないようにしましょう。

出典: http://josei-bigaku.jp/lifestyle/nonndemohutoranai68744/

飲んだ後はお水・ウーロン茶など糖質の無いものを飲む!
アルコール以外の水分をしっかり補充する。飲んでる間にも補充すると、なお良し
(脱水症状になってしまうと燃焼されにくくなってしまいます。)

出典: http://slism.jp/featured/liquor/liq-cause/houhou.html

お酒の飲み過ぎは禁物。しかし、ほどほどに楽しめば、美容液よりも高い効果が期待できるかもしれません♡

Curet編集部

Curet公式の編集部です。男女問わず、美容から恋の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています。人生をもっと充実させる情報満載!

プロフィール

おすすめ記事