• 恋愛 , セックス
  • セフレが本命になることはある?ない?本命に昇格させる秘訣とは!?

セフレが本命になることはある?ない?本命に昇格させる秘訣とは!?

恋愛

好きな男性とは出来るだけ一緒にいたいと思うのが女性の心情。中にはセフレとして時間を紡いでいる人は少なくありません。

でも、ずっとこのままじゃなくて出来れば本命にしてほしいと思いますよね。

今回は、セフレから本命になることがあるのかどうかを徹底解析していきたいと思います。

セフレと本命の違い

セフレと本命の違いは、関係を持っている女性にとって気になるところ。

「出来れば本命の彼女でありたい」と思うのが当然の感情です。
「今は体の関係でもいつかは…」と願っている女性も少なくないでしょう。

しかし実際には、相手の男性の本心が分からないまま日々苦しい思いをしている多くの女性がいます。

何とかして関係を断ちたいと思っていても、好きな感情を無理に変えることも出来ません。
セフレと本命の違いとは、一体どの部分で変わってくるのでしょうか?

男性にとってのセフレとは?

男性にとってのセフレは、女性の認識とは大きく異なる部分が多いです。

女性が男性とセフレの関係になってしまう理由には、最終的に心の繋がりを求めているケースが多いですよね。男性にとってのセフレは、少し違ってきます。

ここでは男性にとってのセフレとは、一体どのようなものなのか?掘り下げて解説していきましょう。

性的な欲求の対象

男性にとってのセフレとは、性的欲求の対象であることが多いです。

これは女性にとって認めたくない事実であり、優しい男性であればひた隠しにする部分でもあります。全ての男性がそうとは限りませんが、性的な魅力を感じなければ肉体関係に発展することはありません。

男性の本能として女性の肉体を求めていることが、セフレの関係性へと繋がっています。

精神的な安らぎ

精神的な安らぎも、男性にとってのセフレの認識として大きなシェアを占めます。

セフレの存在が性的な刺激ではなく、精神的な癒しに繋がっているケース。
このパターンは、男性側のセフレ認識として意外に多いんです。

仕事や家庭が原因で精神的にまいっている男性が、癒しを求めて女性との関係を続けます。これが結果的にセフレのような感じになってしまっていることも少なくありません。

日常的に疲れている男性にとっては、セフレとの関係が癒しの時間になっているようです。

体の相性が良い相手

体の相性が良い相手がセフレになっているケースも少なくありません。
これは男性に限らず、女性にとっても多い傾向であると言えますね。

いくら愛情が深くても体の相性が良くないことで、体の関係を外へ求めることは男女問わず珍しくありません。特に長年連れ添った結婚相手などでは、夫婦で肉体関係を持つこと自体がなくなることも。

体の相性が良い相手と関係を続けることは、セフレの醍醐味とも言えるかもしれません。

セフレが本命になることはある?ない?

セフレが本命になることはあるのでしょうか?この問題は多くの女性にとって1番の課題であり疑問です。

セフレから本命になるのは簡単なことではありません。しかし、可能性が0と言う訳ではなく工夫やタイミングによってはセフレから本命になることがあります。

ケースとしては「偶然にも本命として付き合っていた彼女からフラれた」とか「よくよく考えるとセフレが理想的な相手だった」など色々です。

では、意図的に工夫してセフレの状態から本命を手繰り寄せることは出来るのでしょうか?

セフレから本命に昇格させる秘訣とは?

簡単ではないにしろ、セフレから本命へ昇格させる可能性を高めることは出来ます。

女性側からすれば、なかなか狙って出来ることではありませんが本命の彼女になれることほど嬉しいことはありません。

ここでは、セフレから本命に昇格させるための秘訣について紹介していきます。

セフレ本命

謎多き女性を演出する

男性にとって「謎の多い女性」は興味の対象になり魅力的に映ります。

この作用を利用して「謎多き女性」を演出することが、セフレから脱却するきっかけになるかもしれません。それも少しの工夫で相手の興味を惹くことが可能です。

誘いを断ってみる

好きな男性から「お誘い」があった場合、二つ返事でOKしていませんか?
たまには思い切って断ってみるのも手です。

セフレの場合、相手の男性から「便利屋」扱いされている可能性が高く「呼べばいつでも来てくれる」と思われているかもしれません。当然OKしてくれるだろうと言う「安心感」を裏切ることで、男性側から追っかけさせる意識を少しでも植えることが出来れば成功です。

あまりにも従順になっている場合には、勇気を出して断ってみましょう。

返信しない期間を設ける

お誘いを断る勇気が出ない場合には、LINEやメールを返信しない期間を設けるのも効果的です。

普段ならすぐに返信していたメッセージも数日放置しておくことで、男性は不安感や不満感を募らせます。

恋に不安や不満はつきもの。この感情を相手に与えることが出来れば成功です。

メッセージを返信しないことで「何してるんだろう?」「どこいいるんだろう?」と女性のこと改めて意識するきっかけにもなりますよ。

なるべく自分のことを話さない

男女問わず自分のことは相手に知ってもらいたいもの。
知ってもらいたいが故に、つい自分のことばかりをペラペラ話してしまいがちです。

そこを敢えて自分のことを話さず、男性の聞き手に回れば「居心地が良い」と思わせることが出来ます。

セフレの関係性が出来上がってしまっている場合には、特に効果的。
「自分のことを話さない」行動が思いの外ミステリアスな印象を与えることも少なくありません。

なるべく自分のことを話さず、プライベートな質問には最低限の答えを心がけましょう。
当たり障りのない話題に変えるのも効果的ですよ。

主導権を握る

女性側が主導権を握ることで本命に昇格するケースもあります。

セフレに振り回されている女性の多くは、男性側に主導権があるケースがほとんど。
ちょっとした工夫と覚悟で一気に主導権を握ることも可能です。

期限を設ける

「いつまでこの関係を続けるのか?」と言った期限を設けることが主導権を握る上では重要です。

「好きな男性と離れてしまうかもしれない」と感じるかもしれませんが、男性にとって期限を設けられるほど苦手なことはありません。

多くの男性は「〇〇まで」と取り敢えず守れそうな期限を返答します。その期限が守れるかどうかは分かりませんが、このやり取りだけでも関係性に変化が出てくるでしょう。

相手だけでなく自分にとっても覚悟が必要なことかもしれませんが、1度期限を設けてみてはいかがでしょうか?

会える時間を制限する

会える時間を制限することも主導権を握る上では効果的です。

主導権をセフレ相手に握られている場合、都合の良いタイミングで会えると思われています。「〇時まで」などの時間制限を設けることで、少し遠い存在に思わせることも可能です。

普段からお泊まりコースが定番になっているセフレにとっては、特に効果を発揮するでしょう。

今の関係性をはっきりさせる

女性から今の関係性をセフレ相手にはっきりさせることも主導権を握れる良い機会になります。

男性側からセフレ相手に対して、今の関係性をはっきりさせることは稀です。
多くの場合は「何となくグレーな感じ」を維持したいと思っています。

そこを利用して女性からはっきり「私は彼女?セフレ?」と問いただしてみるのも良いでしょう。

これを聞かれた男性は「回答によっては関係性が失われるかもしれない」と言う危機感が生まれます。

また女性側は、どのような回答が来ても自然な対応を心がけましょう。
このやり取りだけで、十分な主導権を握れます。

 

セフレ 本命

【男性の本音】セフレから本命になった理由

セフレから本命になった実例はいくつかあるものの、その時の男性心理は女性にとって貴重です。

男性目線からの女性像は、女性自身が意識していない以外な面が多くセフレから本命になるキーワードも隠されています。

実際に、セフレから本命の彼女に意識が変わったことのある男性の本音を紹介しましょう。

まともな会話が出来る

ある男性は「行為の前後でまともな会話ができる」ことを求めていました。

これは、セフレ相手に肉体関係以外のコミュニケーションを求めていたケースです。

複数のセフレ経験がある男性からは、女性との会話が苦痛と言う意見が多々あります。

いくらセフレとは言え、会話を全くしない訳にもいきません。
時には愚痴を聞かされることもあったり、ひたすら自分のことを取り止めもなく喋る女性もいます。

そんな中で、ある女性とは会話を純粋に楽しむことが出来たそうです。

結果的に男性は、本命の彼女として女性と付き合うことになりました。
セフレでも「まともな会話が出来る」女性が本命の彼女になったケースです。

当時の彼女にふられた

タイミングよく当時の彼女にふられたことが原因で、本命の彼女になったケースもあります。

別れた原因はセフレとの関係がバレたのではなく、別の原因で愛想を尽かされ別れを告げられました。

男性にとっては、当たり前に存在している彼女がいなくなったことでショックを受けます。もしかすると他に好きな人が出来たからなのかも…

そう感じた時に隣にいたのが今のセフレ。もうこれは本命の彼女に昇格するしかないですよね。

人によっては複雑かもしれませんが、男性側が彼女にふられるタイミングが良ければ本命になる可能性も捨てきれないと言うことです。

大好きな人と一緒にいるために

大好きな人と一緒にいる時間は、出来るだけ長くしたいですよね。セフレの関係も、根本を辿れば一緒にいたい思いから来ています。

男性側の都合が大きいセフレの関係は、男女での利害関係が一致しているものの、お互いに求めている部分は違います。女性として本当に満たされるためには、時には引いたり、抑えたりすることも大切です。

今の関係があいまいになっている方は、これを機に少し工夫してみてはいかがでしょうか。

Curet編集部

Curet公式の編集部です。男女問わず、美容から恋の悩み、トレンドやライフスタイルまで幅広い分野の情報を発信しています。人生をもっと充実させる情報満載!

プロフィール

おすすめ記事