• 恋愛 , 彼氏
  • 彼氏と別れたい!女性が別れを決意する理由やうまく別れる方法を調査

彼氏と別れたい!女性が別れを決意する理由やうまく別れる方法を調査

恋愛

お互いに気持ちが冷めてしまった。彼氏が浮気をした。他に好きな人ができた。彼との将来が見えない……恋人たちの別れの理由はさまざまです。

別れを意識するようになっても、いままで過ごしてきた思い出や積み重ねてきた気持ちが邪魔をして、なかなか別れの決意をできない女性は少なくありません。

「こんな理由で別れていいのかな」「うまく別れることができるかな?」と別れに対する不安でいっぱいの女性に向けて、別れに関するアンケート調査の結果をもとに、彼氏とうまく別れる方法をご紹介します!

彼氏と別れるきっかけやタイミングって?女性に多い別れの理由

彼氏と別れるかどうかを悩むとき、「こんな理由で別れていいのかな」と悩む女性は多いはず。

世の中の女性たちは、どんな理由で彼氏と別れているのでしょうか。

アンケート調査など幅広いデジタルマーケティング事業を展開している「株式会社メディアエクシード」が行なった調査によると、恋人と別れた理由でいちばん多いのは「価値観の不一致」でした。
彼氏と別れる理由に関する調査結果
画像引用元:https://www.mexce.net/monitoring/16055.html

具体的に、どんなキッカケで「価値観の違い」や「すれ違い」を感じるようになるのかが気になるところですよね。ここからは、別れの理由について女性たちの体験談を見ていきます。

【価値観の不一致】飲み会に関する価値観で別れの決断を下したアユミさん

同棲を始めてから、彼のお酒好きな一面が嫌で嫌でたまらなくなってしまったんです。

職場の飲み会が頻繁すぎてうんざりしたし、連絡なしに朝方まで帰って来ないのも、休日に友達と昼から飲みに行くのも本当に嫌だったんです。

私もお酒は飲みますけど彼ほどお酒好きではないので、彼の気持ちが理解できなくて「浮気してるんじゃないか」って疑心暗鬼になったりもして……。

正直に「飲み会が多くて嫌だ」と伝えたら、彼は「朝帰りや昼飲みは減らせるけど、付き合いもあるから職場の飲み会は減らせない。それに、浮気をしてるわけじゃないし、俺はお酒を飲むのが好きだから多少は許してほしい」と言いました。

彼の言い分も、間違ってはいないと思ったんですが、私はどうしても飲み会を0にしてほしくて。これはどうにもできない価値観の違いだと感じて別れを決断しました。

【すれ違い】環境の変化でお互いが変わってしまったミサキさん

大学2年生のころから、同じサークルの彼と付き合っていました。

卒業後はふたりとも就職。会社は違いましたけど、仕事終わりや休日にデートをして、良好な関係でした。

でも、社会人1年目の夏ごろから、私も彼も部署に配属されて仕事が忙しくなってきたんです。

覚えることも多いし、定時で帰れても心と体はクタクタ。休みの日も家でひとりでゆっくりしていたいと感じることが多くなって、彼と会うのが面倒になってしまったんです。彼も同じだったようで、私も彼も「会おう」と言わないうちに数ヶ月が経ち、気づけば、LINEすらしないようになっていました。

お互いにもう気持ちはないだろうなと思って私から別れを切り出して、彼もそれを了承した形ですね。

【相手の浮気】別れる理由はないから一転、彼の浮気が発覚したユカさん

彼とは付き合って3年半、同棲して3年。特に大きな喧嘩もなく平和に過ごしてました。

ただ、3年も一緒にいると、お互いになんとなく落ち着いちゃうっていうか。トキメキはなかったです。まあでも、別れるほどの理由はないと思って、結婚も意識していました。

ある日、なんとなく彼の様子がおかしい感じがしたんです。具体的に何ってわけじゃないけど……女の勘ってやつですかね。

私はその日の夜、勝手に彼の携帯を見ました。

そしたら、元カノとのLINEを発見。ふたりのトークを見ていったら、彼が終電を逃したといって朝帰りした日、その元カノと一緒にいたことがわかりました。

これは黒だと思って彼を問い詰めたら「ごめん」の一言……。

浮気は治らないし、彼に別れを告げて、次の日には荷物をまとめて出て行きました。彼も元カノに気持ちが傾いてたのか、引き止めたりとかはしてこなかったです。それが一番つらかったですね。

彼氏と別れる別れないを迷う女性が別れる決意をする前に考えること

彼氏と別れる前に冷静に考えを巡らせる女性イメージ
彼氏と別れた女性の体験談を見ても、別れの理由は人それぞれでした。別れの理由には、正解も不正解もないのでしょう。

しかし、自分から彼氏に別れを告げた女性のなかには、別れを後悔してしまう女性も少なからずいます。

ブライダル関連事業を行う「株式会社ウエディングパーク」が、別れた恋人との復縁を望む人に対して行なった調査では、約30%の女性が「自分から彼氏を振って別れた」と回答しました。

復縁を望む女性のうち自分から彼氏に別れを切り出した女性の割合
画像引用元:https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2013/03_02.html

さらに、同調査の「別れた原因」に関する設問では、「会える時間が取れなくなった」「愛情に温度差がある」とすれ違いを理由とする回答が上位を占める結果に。

復縁を望む女性が彼氏と別れた理由
画像引用元:https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2013/03_02.html

この結果から、すれ違いを理由に別れる場合、別れた後のことまで見据えてから別れを切り出さないと、後悔する可能性が高いと言えます。

別れてから後悔をしないために、別れを決意する前には以下のようなポイントについてじっくりと考えてみることが大切です。

  • 本当は自分はどうしたいのか
  • 別れの理由は自分が変わっても改善できないような問題なのか
  • 勘違いや早とちりで彼氏にマイナスイメージを抱いていないか
  • 楽しかった期間のことを思い出しても心が揺らがないか

具体的にどのようなことを考えればいいのか、各ポイントについて詳しくみていきます。

本当は自分はどうしたいのか

別れを考えるとき、「彼氏はもう気持ちが冷めているだろうから別れるしかない」「彼氏が変わらないのであればこれからうまくやっていくのは難しい」と、相手を軸にして決断をしてしまう人は多いです。

相手のことは一旦置いておいて、自分がどうしたいのか、自分を軸にして考えてください。

自分を軸にしたとき、「自分が素敵な女性になって彼氏の気持ちを取り戻したい」「うまくやっていける方法をどうにか探したい」と思うのであれば、それは彼氏のことが大好きな証拠。後悔をしないために、自分が本当に望んでいる答えを出しましょう!

別れの理由は自分が変わっても改善できないような問題なのか

別れる理由はお互いがライフスタイルや価値観を見直しても改善できない問題なのか、いま一度よく考えてみてください。

このとき、相手に変わることを望むだけでなく、自分が変わることをメインにするのがポイントです。

たとえば、「彼氏が忙しいといってデートしてくれなくて、気持ちにもライフスタイルにもすれ違いを感じる」が別れの理由だったとしたら、自分が彼氏のスケジュールに合わせることは難しいのか、会えなくても彼からの愛情を疑わないようにすることは不可能なのかなどを考えていきます。

相手を変えることは難しいので、自分が変われない場合、悲しいですが別れを選んだほうが苦しい思いをせずに済みます。でも、自分が変わって解決できそうであれば、自分が変わって関係の改善を目指すのがベストです。

勘違いや早とちりで彼氏にマイナスイメージを抱いていないか

「最近連絡が減ったし、たぶん彼氏は私への気持ちが冷めてる」「昨日朝帰りしたから、たぶん浮気した」などと、不確定な原因で彼氏にマイナスイメージを抱いてはいませんか。

どうせ別れるのであれば、彼氏に嫌われる覚悟で、不確定な部分についてトコトン追求してみてもいいはずです。

話を聞いてみたら、自分の勘違いや早とちりでしかなく、あっさりと解決するケースもあります。別れに突っ走るのではなく、一度立ち止まって彼氏と話し合いをしてみましょう!

楽しかった期間のことを思い出しても心が揺らがないか

付き合ったばかりのころ、喧嘩する前日、最後に楽しくデートした日のこと……。楽しかった期間のことを思い出しても、別れの決意は揺らがないですか。

もし、揺らいでしまうのであれば、まだ完全に別れの覚悟ができていないかも。

別れの覚悟ができていないまま別れを切り出してしまうと、別れてからとても辛い思いをすることになります。「あのとき、私が別れを切り出してなければ……」などと苦しまないために、別れの覚悟ができるまで、彼氏とお付き合いを続けてみることをおすすめします。

別れる時はどうすればいい?彼氏と上手に別れる5つの方法

彼氏と上手に別れる方法について考える女性イメージ
一度立ち止まってゆっくり考えた結果、別れの決意が固まったら、次に待っているのが「彼氏との別れ話」です。

相手はもともとは大好きだった人ですし、できるだけ穏便に、お互いに傷つかない形でお別れをしたいものですよね。

最後に、彼氏と上手に別れる方法をご紹介します!

うまく別れる方法1:きちんと会って別れ話をする

会って別れ話をしたら、心が揺らいだり彼と揉めたりするのではないかと怯える人も多いですが、会わずに別れるとお互いに後悔が残りやすいです。

基本的にはきちんと会って別れ話をするのがおすすめ。ただし、彼氏がDVやモラハラの場合、別れを切り出したことによって危険な状況になる可能性もあります。そのような場合はなるべく被害を最小限に抑えられるよう、LINEや電話で別れ話をしてください。

うまく別れる方法2:別れの言葉では嘘なく理由も説明する

別れるときに「なんか疲れちゃった」「なんか冷めた」などと曖昧な理由をあげると、彼氏が混乱して別れ話がこじれやすいです。

また、別れる理由を自分の口で相手に伝えることによって、自分の気持ちの整理にもなります。

自分の気持ちをスッキリとさせるためにも、曖昧な理由や嘘の理由ではなく、本当の理由を伝えましょう。

うまく別れる方法3:相手を傷つける言い方や伝え方をしない

当たり前のことではありますが、彼氏を不用意に傷つける言い方や伝え方はNG。

気をつけていても、別れ話の途中で喧嘩になって、売り言葉に買い言葉で暴言を吐いてしまうケースがあります。

喧嘩をしてしまうと最後が嫌な思い出になるだけでなく、あとから「あのときちゃんと話し合いができていたら……」なんて後悔してしまうかもしれませんよ。

うまく別れる方法4:別れる前に最後のデートをしてみる

自分の決断を確かめる意味でも、別れる前に最後のデートをするのはひとつの手です。

しっかりと別れを決意できたと思っても、いざデートしてみたらすごく揺らいでしまうようなことがあるかもしれません。

前に説明した通り、揺らぐような状態で別れると後悔が残りやすいので、倦怠期や喧嘩続きで最近デートしていなかったなんて人は最後のデートに挑戦してみましょう。

うまく別れる方法5:別れる時に感動的なラインや手紙を送らない

別れるときには感情が昂ぶって、ついつい感動的なラインや手紙を送りたくなるものです。しかし、自分から別れ話を切り出すなら、彼氏に感動的なラインや手紙を送りつけるのはやめてください。

ラインや手紙は、彼氏がまだ自分のことを好きでいてくれた場合、彼に余分な思い出を与えてしまいます。反対に、彼氏が自分のことをもう好きではない場合、ただの重たい女でしかありません。

感動的なラインや手紙は自己満足にしかならないので、本当にお互い気持ちよく別れるのであれば、彼氏への感謝や愛情は自分の心にしまっておきましょう。

彼氏と別れるなら後悔しないタイミングで上手に別れよう!

彼氏と別れることについて後悔をしない決断を下した女性イメージ
彼氏と別れる理由は人それぞれです。

別れる前には、いまその理由で彼氏と別れても後悔しないのか、自分の気持ちとじっくり向き合うことが何よりも大切。

別れの決意が固まったら、より後悔のない別れにするためにも、今回ご紹介したポイントを押さえて上手に別れを切り出しましょう。

別れるにしても、この先も彼氏と一緒にいるにしても、後悔のない道を選んでくださいね!

おすすめ記事