読み込み中
curet

関連するキーワード

ウェットヘアは人気のヘアスタイリングの一つです。髪色が地味でもウェットヘアにするだけですごくおしゃれでこなれた感じに見えます。しかし夏は汗をたくさんかくのでヘアセットが難しいですよね。今回は夏のウェットヘアの作り方をご紹介します。

今年の夏はウェットヘアに挑戦したいんです♡

今年の夏はウェットヘアに挑戦したい、
そう思ってる方は多いはず。

ウェットヘアは、
最も人気のヘアスタイリングです。

髪色が地味でもウェットヘアにするだけで、
すごくおしゃれに見えます♡

可愛いけど時間が経つと元に戻ってしまったり、
ギトギトで不潔な髪に見えてしまったり、
なかなか難しいですよね。

夏は汗をたくさんかく季節・・
汗で濡れた髪に見えないように、
夏のウェットヘアの方法を伝授します!

まずは基本から!ウェットヘアの作り方♡

①髪を巻く
かる~くラフに髪を巻いていきます。

ウェットヘアを作りたいときは、
巻き髪が可愛いのでおすすめです♡

髪を巻く際は必ず巻き髪スプレーなどで
ケアしてから巻きましょう!

巻くのが苦手な方でも大丈夫!

完璧にぐるぐる巻いてあるよりも、
ざっくり巻いてある方がおしゃれに見えます♡
②オイルを髪全体になじませる
さくらんぼ一粒くらい、
ヘアオイルを手に取ります。

そのあと、手のひらで伸ばします。

髪全体にオイルをつけていきます。
まんべんなく塗ってください。

そして毛先にオイルをしみこませるように、
髪を揉むようにしてつけていきます。
③ドライヤーでセットする
オイルを塗り終わったら、
最後にドライヤーでセットします。

ドライヤーの熱を利用し、
つけすぎてしまったオイルなどを
整えていきます。

これでウェットヘアの完成です♡

夏のウェットヘアの注意すべき点・・

■オイルをつけすぎない!
オイルをつけすぎてしまうと、
ベタベタギトギトヘアになってしまう
原因になってしまいます。

適量は先ほどご紹介した、
「さくらんぼ一粒」くらいの量です!

あくまでも平均的な量なので、
まずは少なめでつけてみて自分に合う量を
決めることをおすすめします◎
■髪の根元にオイルをつけない!
髪全体にオイルをつけていきますが、
注意すべきなのは「根元」です!

オイルを髪の根本にはつけないでください。

根元につけてしまうと、ボリュームが下がり
ただのギトギトヘアになってしまいます。

毛先から髪の中心だけ、などと
部分的に使うことをおすすめします。

あくまで程よい濡れ感が大事なので、
まずは所々ウェット感をだしていきましょう!

夏のウェットヘアを作る、おすすめヘアオイル♡

1/2

関連するキーワード

今日の人気記事

彼と長続きせたい!冷められない彼女になるための5つの法則
crecreさん
ホントに大丈夫?付き合う前にチェックしておくべきこと6選
oyasuminasaiさん
本当によかった!絶対に毛穴がなくなるおすすめコスメ5選
dngnchanさん
ダイエット中の人必見♡やせている人はやらないNG習慣5つ
osushiさん
リブレギンス×ワンピースが激熱!大人可愛いコーをデご紹介♡
muscatさん
おしゃれさんはやってる!節約しながら可愛くなる3つの方法
ringoさん
【GU】手に入れなきゃ損!夏の人気アイテムランキングTOP7♡
MOMONYAさん
その"ラテマネー"が原因かも…金欠になりやすい人の特徴とは
osushiさん
もう人とかぶらない!プチプラコーデを上手に着こなす方法
dngnchanさん
朝、顔がむくむ人必見!もう寝起き別人なんて言わせない♡
shibainuさん