読み込み中
curet

関連するキーワード

ケアをすれば髪の毛が生き返ると思っている人は注意です!実は、傷んだ髪の毛は元には戻らないんです・・しっかりと対策をして、きれいな髪の毛を保つようにしましょう♡

💗髪が傷んでる・・

髪のケアに気を付けているつもりでも
なぜかいつも痛んでる・・
というお悩みを抱えている人は
多いのではないでしょうか。

実は、一度痛んでしまった髪は、
元には戻らないのです!

今回は髪が傷むことを防ぐ方法を
ご紹介いたします☺

💗どうして髪は痛むの??

髪は一度傷んでしまうと
元のダメージのない状態に
戻すことは難しいといわれています。

つまり、髪を傷ませたくない、
または美しい髪をキープしたい場合、
髪が傷まないように気をつける、
という事前の対策を
するしかないのです。
髪が傷んでしまう原因を知ることは、
髪の傷みを防ぐことにつながります☺

まずは、
髪が傷む原因を知ることから
はじめましょう♡

💗原因①:乾燥

髪は乾燥することで
傷んでしまいます。

髪がパサついているときは
髪が乾燥しがちな状態の時です!

乾燥するとボロボロになるのは
髪の毛以外の部分も同じですね。

💗原因②:熱

髪は、
極端に熱を当てすぎることでも
傷んでしまいます。

ドライヤーの熱には
髪はとっても弱いのです。

ドライヤーの熱を極端に髪に近づけ、
長時間同じ部分にのみ当て続けると、
髪が傷んでしまうことがあるのです。

💗原因③:摩擦

髪は、
摩擦が生じることで
傷んでしまいます。

髪の摩擦とは、
髪が何かと擦り合うことで生じます。

実は髪と髪とが擦り合うことでも
生じることがあるのです!
私たちの日常生活の中で
起こりやすい髪の摩擦は、
「タオルとの摩擦」と
「枕との摩擦」です。

髪はとてもデリケートなので
優しく扱いましょう☺

💗原因④:紫外線

髪は、
紫外線にさらされることでも
傷んでしまいます。

紫外線にさらされる事で
日焼けや乾燥の原因にもなります。

また、ヘアカラーをしている場合、
紫外線に当たることで
ヘアカラーの退色が早まることも!

💗髪が痛まないための対策を学ぼう!

1/3

関連するキーワード

今日の人気記事

顔変わる!"影色"のアイライナーで整形並みデカ目メイク術♡
osushiさん
実は見られてる!男性が気になる女性の部位って?
Sponsoredさん
ダイエット中の人必見♡やせている人はやらないNG習慣5つ
osushiさん
本当によかった!絶対に毛穴がなくなるおすすめコスメ5選
dngnchanさん
"絶対にやってはいけないメイク"とは?!NG行為5連発!
osushiさん
迷ったらコレ!崩れない化粧下地×ファンデの最強コンビ♡
kicchan.さん
毛穴をなくしたい人必見!!今すぐ使いたいケアアイテム5選♡
kicchan.さん
顔用日焼け止め使ってる?選び方から日焼け止めの知識について♡
ごまぷりんさん
化粧崩れした時にやりがち!絶対やめてほしいNG行為とは?
MOMONYAさん
顔が大きく見える?!あてはまったらやばいNGメイク4つ
MOMONYAさん
女友達にあげるなら…♡センス良いって思われるプレゼント7選♡
osushiさん