読み込み中
curet

今年も陽射しが強く、すっかり日焼け止めが手放せない時期になりました。でも、いざ売り場に行くと、大量の日焼け止めが・・!「いったいどれを使えばいいんだろう」と困ってしまいますよね。そこで今回は、ボディ用のおすすめの日焼け止めを紹介していきたいと思います☺

♡毎年悩む日焼け止め・・

今年もあついあつい夏がやってまいりました!

美白を目指す女の子たちにとって
日焼け止めは欠かせないものですね。

でも、たっくさんの種類があって
いったいどれが効くのかわからず
困っている人も多いのではないでしょうか!

♡そもそも日焼け止めとは

日焼け止めは、皮膚に当たる紫外線をブロックし
皮膚のダメージや老化を予防するアイテムです♡

紫外線を浴び続けると、
肌にはたくさんの影響がでます。。

❤皮膚が赤や黒になる
❤ヒリヒリした痛み
❤水ぶくれや皮剥け
❤シミ、そばかすが濃くなる
❤皮膚ガンの誘発

これらを防ぐためには
UVケアがとても重要なんです☺
また、

❤室内で過ごす日
❤雨や曇りの日

でも、日焼け止めは使いましょう☺

紫外線の中には、
窓ガラス・長袖・雨雲を通り抜けるものがあるんです!

油断は禁物ですね。

♡選び方のポイント

日焼け止めを選ぶときの
ポイントは3つ♡


1.目的にあったSPFの日焼け止めを選ぶ

2.日焼け止めのタイプを選ぶ

3.使用感・使い心地をチェックする

♡1.目的にあったSPF/PA値を選ぶ

日焼け止めは、UVカット効果の強さを
「SPF」「PA」という数値で表します。

数値が高ければ大会ほど
日焼けを防ぐことができます☺

しかし、数値が高い分、
肌への負担も増えてしまいます。

日焼け止めを使うときは、
状況別に使い分けることが大切です♡


普段使いする日焼け止めなら
→SPF10~30
ドライブしたり、海にいくときは
→SPF30~50

と使い分けましょう!

♡2.日焼け止めのタイプを選ぶ

日焼け止めには、
様々なタイプやテクスチャーがあります。

タイプごとに特徴や
使い心地・持ちなどが異なってくるので
用途や好みに合わせて選ぶようにしましょう☺

たとえば、

❤ローションタイプ
❤クリームタイプ
❤スプレータイプ
❤ジェルタイプ
❤ミルクタイプ
❤パウダータイプ

などなど、さまざまなタイプがあります。

♡3.使用感・使い心地をチェックする

日焼け止めの使用感や肌へのなじみ方は
それぞれ違っています!

つけた瞬間に肌を覆うような圧迫感を感じる商品は、
海へ行くときには心強いけど
毎日使用するのには向いていなさそうです。

つけてすぐにサラサラになるものや、
伸びが良いものを選ぶと、
比較的圧迫感がなく、
軽い付け心地で使用感もいいです☺

でも、何度も塗り直しが必要になったりします。

また名前に「ウォータリー」と入っていたり、
みずみずしさを強調している日焼け止めは
さっぱりと使用できるものが多いですよ♡
それでは、おすすめのプチプラ日焼け止めを紹介していきます☺

♡5位:ビオレ アクアリッチ ウォータリージェル

1/3

今日の人気記事

顔変わる!"影色"のアイライナーで整形並みデカ目メイク術♡
osushiさん
むくみの新対処法!?お医者さんも勧める”スッキリ習慣”が凄すぎた
Sponsoredさん
ダイエット中の人必見♡やせている人はやらないNG習慣5つ
osushiさん
【関東限定】たった100円でワキ・腕・脚の3部位が脱毛できるサロンがすごい!
Sponsoredさん
本当によかった!絶対に毛穴がなくなるおすすめコスメ5選
dngnchanさん
微乳→美乳へ♡バスト美人がやっている育乳週間とは!?
Sponsoredさん
ホントに大丈夫?付き合う前にチェックしておくべきこと6選
oyasuminasaiさん
"絶対にやってはいけないメイク"とは?!NG行為5連発!
osushiさん
毛穴をなくしたい人必見!!今すぐ使いたいケアアイテム5選♡
kicchan.さん
迷ったらコレ!崩れない化粧下地×ファンデの最強コンビ♡
kicchan.さん
彼と長続きせたい!冷められない彼女になるための5つの法則
crecreさん
化粧崩れした時にやりがち!絶対やめてほしいNG行為とは?
MOMONYAさん
マニアに聞いた!韓国で今リアルに流行ってるスキンケア7選♡
osushiさん