読み込み中

コムデギャルソンの代表でありデザイナーの川久保玲。当時、エレガンスが主流であったパリコレで「黒」を用いた反抗的なスタイルで世界に衝撃を与えた。現在では当たり前の「モード=黒」の概念を作ったのは川久保玲なのである。そんな日本が誇る、世界的ファッションデザイナー川久保玲をまとめました。

▶COMME des GARCONS(コムデギャルソン)

出典: twitter.com

このマークでお馴染みのCOMME des GARCONS(コムデギャルソン)日本が世界に代表するファッションブランドのひとつ。
フランス語で直訳すると「少年のように」
コムデギャルソンは「少年の持つ冒険心」を意味しています。

つまり、既存概念にとらわれずに独自の視点で常に新しいものを生み出す、現在にはない新しいものを作り続けたい、常に一歩先を進んでいたいという意味が込められているのです。

▶COMME des GARCONSデザイナー川久保玲

1982年、パリコレで旋風を起こした日本人デザイナー川久保玲。彼女がコムデギャルソンの創始者でありデザイナー。
【川久保玲】
・1942年、東京都出身
・慶應義塾大学文学部哲学科卒業
・旭化成に入社し、繊維宣伝部でスタイリストを経験
・イメージに合う服がなかったのをきっかけに自作を始める
・1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、レディースウェアの製造販売を開始。
川久保玲はファッションの正教育を受けていません。
つまり独学、信じられません・・・

▶30年前のパリに走った”黒の衝撃”!

出典: d.hatena.ne.jp

およそ30年前のパリコレでは”エレガンス”が主流であったことをご存知ですか?現在では当たり前の「黒」をパリコレで使うことはありえなかったのです。
そんな時代であった1982年。川久保玲は穴の開いた黒セーターに、女性らしいシルエットとはかけ離れたルーズなシルエットの黒服を発表。パリのオートクチュールをトップとするモード界を激震したのです!
社会に流されることのない自立した女性を表現しているため、従来の女性らしいシルエットではなく、あえて体のラインが出ないルーズなデザインに。
この孤高に女性を描いた新しいスタイルに魅了される女性が多発。
80年代になると、全身真っ黒でおかっぱスタイルの「カラス族」と呼ばれるスタイルが流行しました!
黒服を発表したとき、世界は賛否両論。「新しい美しさの提案」と称賛する人もいれば、「西洋の服への冒涜」と完全に否定する人も多くいました。
それに対し川久保玲は、
作品に対し『よかったですね』『綺麗だったですね』と皆から評価を受けたら、不安で仕方ないです。
そんなにわかり易いものを作ったのかと、自己嫌悪に陥ってしまいます。
出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7...
川久保玲 - Wikipedia
この反骨精神がコムデギャルソンのデザインの根源だったんです!納得!

▶私たちが何気なく着ている「黒」

現在世界中で、女性が黒を着るのは当たり前。むしろモードには欠かせない!そんな「黒」の概念を作り出したのは、日本人の川久保玲さんだったんです!

▶高い服にはちゃんと理由がある。

コレクションに出るブランドは価格も高い。
こんな高いものは手が出せない・・・
と、安い洋服を買う人がほとんどだと思います。



しかし、川久保玲さんはこう言っています。
すぐ着られる簡単な服で満足している人が増えています。
他の人と同じ服を着て、そのことに何の疑問も抱かない。
服装のことだけではありません。
最近の人は強いもの、格好いいもの、新しいものはなくても、今をなんとなく過ごせればいい、と。
情熱や興奮、怒り、現状を打ち破ろうという意欲が弱まってきている。そんな風潮に危惧を感じています
出典: http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY201201180360.html

出典: prtimes.jp

様々なニーズが必要なのも確かであるが、それが均一化されすぎてしまうと、みんなが同じになり個性がなくなってしまう!
いいものは人の手や時間、努力が必要なので、どうしても高くなってしまう。
効率だけを求めていると、将来的にはいいものが作れなくなってしまいます
出典: http://www.asahi.com/fashion/beauty/TKY201201180360.html
ジーンズ1本が何百円なんてありえない。
どこかの工程で誰かが泣いているかもしれないのに、安い服を着ていていいのか。
いい物には人の手も時間も努力も必要だからどうしても高くなる。
いい物は高いという価値観も残って欲しいのです。
出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7...
川久保玲 - Wikipedia
一切の妥協なしに作りたいイメージを、完璧にデザインとして落とし込む。時間がかかっても手間と苦労を惜しまないで追及する。このような努力が価格にも反映しているということだったんですね。

▶川久保玲から学ぶファッションの意味

川久保玲が唱えるファッションの意味とは?
▶今着たい、買いたい、と思うからファッションになる。ファッションとはこの瞬間だけのもの。
▶ファッションは外見だけでなく、その人の中身も表現するもの。つまり、その人の内面が新しければ、着ている服も新しく見えるのです
▶いろいろ新しいものを探してさんざん考えた時、「服が身体じゃないか、身体が服じゃないか」ということに気が付いた。


これが川久保玲の新しい服という一つの考えなのです!

▶リスクがあれば成長できる

これはファッションだけではなく全てに言えることですね。
無視されるよりも、けなされるほうがましです。
出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7...
川久保玲 - Wikipedia
1/2
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

2016年春靴はこれ!スエードスニーカーのコーデを紹介♡
mikiomi46さん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん
デニール別!タイツの選び方で足の細さと男受けをゲット♡
yryr000さん
フリルトップスで二の腕痩せとトレンドを手に入れる♡
yryr000さん
乗りかえ満足度驚異の92%!予約が取りやすい大人気脱毛サロン「KIREIMO」!
Sponsoredさん
洗濯機はOK?リュックの正しい洗い方で新品同様ピカピカに変身!
にゃんちゅう先生さん
白Tよりもキテル!?超使える!シンプルなリブTでコーデ着回し術♡
mmmintさん