読み込み中

紫外線で諦めてた美肌美白。クーラーと外の暑さの温度差で毛穴は詰まり、気づいたらシミそばかすで肌はボロボロ…そんな悩み簡単に解決しちゃう食べ物がビタミンCの王様『アセロラ』そんなアセロラの効果と美容法を教えます

出典: weheartit.com

シミそばかす…

出典: weheartit.com

ストレス…

出典: weheartit.com

気づいたら肌はボロボロ…
夏の暑さで溜まるストレス。
毛穴はつまり、肌は荒れ、
気づいたら紫外線でシミそばかすだらけに…
ケアしたくとも忙しくて
なかなか手に入らない美肌美白…

そんな悩み!!!!
今日からたった1つの食べ物で
解決しちゃいましょう!

シミそばかす・ニキビ跡・ストレス・肌荒れに!アセロラとは?

アセロラにはレモンの34倍、
100g果実に役1700mgもの
圧倒的なビタミンCが含まれており
まさに「ビタミンCの王様」

【セロラの健康効果】
・美肌・美白効果
・ストレスをやわらげる効果
・貧血を予防する効果
・生活習慣病の予防・改善効果
・感染症を予防する効果
・炎症を抑制する効果
他の同量の果実と比較してもビタミンCの含有量は圧倒的に多く、身体にとって重要なミネラルの含有量も優れています。ナトリウムを体外へ排出する働きを持つカリウムの含有量も比較的多いため、高血圧などの予防にも効果的です。
また、アセロラは脂質をほとんど含みませんが、脂溶性のβ‐カロテンとビタミンEが多めであるという珍しい果実でもあります。
アセロラはポリフェノールの一種である「アントシアニン」や「ケルセチン」も含んでおり、体内のサビつきの原因となる活性酸素[※2]の働きを抑え酸化を防ぎ、老化や病気の予防効果があります。
出典: http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/acerola/
例えば、りんごを切ってそのままにしておくとりんごの色は茶色くなってしまいます。それが酸化です。酸化は体内でもおこり、病気や肌トラブルの原因にもなってしまうのです。酸化から体を守り、ポリフェノール(アントシアニン)とビタミンCがお互いに助け合って相乗効果となり生まれる強い抗酸化作用は、老化や病気の予防効果から美肌効果までと様々です。
さらには「造血のビタミン」ともよばれ、血液を造ることに欠かせない葉酸も比較的多く含んでいます。
エネルギー(カロリー)は、水分が多いため野菜と同じくらい低いです。
出典: http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/acerola/

シミそばかす・ニキビ跡・ストレス・肌荒れに!アセロラの効果

出典: weheartit.com


	
アセロラに豊富に含まれるビタミンCやアントシアニンは、シミ・そばかすを防ぎ、ハリのある肌をつくる働きがあります。
メラニンの生成を抑える働きがあると最近注目されているのが、ポリフェノールの一種であるアントシアニンの抗酸化力です。シミ・そばかすの原因となるメラニンは、チロシンというアミノ酸の一種からできています。メラニンをつくる酵素であるチロシナーゼの活性をアントシアニンが抑えることで、メラニンの生成が抑制されるのです。
つまり、以前から美肌に高い働きがあるといわれていたビタミンCと最近注目のポリフェノール、どちらも含まれるアセロラはまさに「美肌フルーツ」としての可能性を秘めているといえます。
出典: http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/acerola/
他にも、
ニキビやニキビ跡を消してくれる効果や
ストレスも緩和してくれる効果もあり
ニキビからくるストレスを
根源から解決してくれる優しいフルーツ
ビタミンCは、シミのもとであるメラニンを抑制する効果が期待できます。その為、たくさん紫外線を浴びてしまった場合、アセロラジュースでビタミンCを摂取している人とそうでない人には大きな差がうまれるでしょう。
出典: http://xn--3-ieu1ai2k5ad5lrd0a2ezf.com/kiji5/

シミそばかす・ニキビ跡・ストレス・肌荒れに!アセロラの摂取方法

ビタミンCの厄介なところは
ビタミンCを体内に蓄積できないこと。
つまり、
「一週間分のビタミンCを今朝、
一気にとったわ」では効果が出ないのです。
なので、一番大切なのが
「一日数回に分けてこまめに必要な量をとる」
という事。
ビタミンCは空腹時よりも満腹時に取った方が
1.6倍よくなるというデータもあります。
なので、
このようなアセロラジュースタイプを
常に持ち歩くという形が一番おすすめ!
ビタミンCの必要摂取量というのは男女ともに1日100㎎程度です。妊娠中や授乳中の方にかんしてはこの数字のおよそ1.5倍程度が必要とされています。

ここでポイントになるのは1日100㎎というのは必要最低限の量だということ。この量を下回らないように注意しましょうという目安になります。

では、美肌や疲労回復、ストレス緩和などをビタミンCが肌や身体に及ぼすプラスの効果を期待してビタミンCを摂取する場合、 どれぐらい摂取すればいいかというと1日2,000㎎以上といわれています。(※内服する場合)
出典: http://www.kilnhousepottery.com/vc-c-seshu.html

出典: weheartit.com

これであなたも
シミそばかすニキビ肌とはおさらば!

美肌美白美人に生まれ変わりましょう!

関連おすすめ記事

アーモンドミルクの効果効能!美肌やダイエットに◎【レシピ付き】 - curet [キュレット] まとめ

アメリカでは豆乳より一般的な飲料【アーモンドミルク】海外ではセレブ御用達ドリンクとして注目されています。そんなアーモンドミルクの効果効能と作り方をまとめました♪日本でも【アー乳】と呼ばれじわじわと人気が高まっています!
http://curet.jp/article/2258

プチプラ♡キッチンの食材で簡単手作り美肌パック - curet [キュレット] まとめ

美肌パックはキッチンありそうなもの・買ったとしても安い食材で手作りできます♡なるべくお金をかけずに美肌を手に入れる手作りパックを紹介します♡
http://curet.jp/article/4069

1/2
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

夏の疲れ肌を徹底ケア♡即効つるすべ美肌になれる〝きなこスクラブ〟
キャシーさん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん
まだ早いと思ってる?20代から始める美容液のススメ♡
キャシーさん
どうしようもない悩めるお肌に。万能ビタミンEオイルが全て解決!
purple16さん
全身ツルスベお肌にしてみませんか!まずは「KIREIMO」で無料カウンセリング!
Sponsoredさん
これを食べれば美白になれる!?美白フード5選♥
角砂糖さん
美白になりたい!人気の美白アイテム!【人気モデルの美白アイテムも紹介】
パセリさん