読み込み中
curet

関連するキーワード

甘える事って意外と難しい…そう感じていませんか? 「甘え方が分からない…」「やっぱり恥ずかしい…」そんなふうに考えてしまっていませんか? 自分は素直に甘えることはできない。でも、幸せそうにイチャイチャしているカップルを見かけたり、友達のラブラブエピソードなんかを聞いちゃうと、自分も思いっきり甘えてみたいと思ってしまう。 今回は、甘えることに悩んでいるあなたにぴったりの♡上手な甘え方♡について考えて見ましょう♪

素直になれないのはどうして?

彼の事はとっても大好きだし、彼も大切に思ってくれているのは分かってる。。。
でも、いざ甘えるとなると、どうしてもためらってしまいませんか?

人前でイチャイチャするのはよくないかもしれないけど、二人っきりの時なら全然OK。
そんな場所でも、なかなか素直に甘えられないのは、やっぱり恥ずかしいからかもしれません。

もしかしたら、自分に自信がないのかも。
こんな自分でも甘えていいのかな?突然甘えたら変な風に思われないかな?
そんな不安、ありますよね。

彼女である自分を信じてみよう

具体的な方法を考える前に、自分が相手にとって大切な人である事を思い出しましょう。
あなたも彼が誰よりも大切な人のはず。
彼だってそうです。だから二人は特別な関係。

大切な人に頼りにされて、嬉しくない人はいません。
特に男性はそう。大切な彼女から頼りにされるならこの上ない喜びです。

甘えたりして、変に思われないかな?
めんどうだとか思われないかな?
なんて、心配する必要はないのです。

まずはちょっとした頼み事から♡

甘えたいと思っても、突然甘えられるわけではありませんよね。
普段甘える事ができていない、甘えルーキーのみなさんには、「ちょっとした頼み事」が最適!

彼とどれだけ会えるか、どれだけの時間を過ごせるか?でも変わってきますが…

・力仕事
・車の運転や、地図を見てもらう
・おいしいお店を選んでもらう
・相手の得意分野なら積極的に聞いてみる
・必要な物をついでに買ってきてもらう
など、相手が簡単に手をかせる分野であれば、積極的に頼って見ましょう。

もちろん、人によって得意な分野も違います。
肉体的に無理ができないかもしれませんし、方向音痴の人もいます。
一般的に「男なら得意」という分野で決め付けずに、相手の得意な事をしっかり見極めることが大事です。

相手をしっかり見て、頼りにできる分野を見つけてお願いしていくのも、お互いの信頼度アップにもつながります。

追加の一言で甘えてみよう♪

彼に言葉伝える事をためらってしまっていませんか?
比較的女性は、感情を表現する点で、男性よりは素直です。

でも、甘えるのが苦手な人は、もしかすると言葉を伝える点でためらってしまう傾向があるかもしれません。

感謝を伝える「ありがとう」に一言追加してみましょう。
「○○をやってくれてすっごく助かったよ!ありがとう~(相手の名前)がいてくれてよかった!」
など、具体的に感じた事を伝えてみましょう。

また、デートの約束をしたときも、単に予定を確認するだけでなく、
「今からすごく楽しみだよ~」「早く会いたい」
など、楽しみにしている気持ちを具体的に伝えてみるのもいいでしょう。

そうしていくうちに、自分自身見過ごしていた気持ちにも気付くようになります。
繰り返し伝えていく事で、ほんの少し思った事でも、伝えてみようと思えてくるはずです。
伝えることに慣れてきたら、あなたは徐々に甘え上手になっています☺♡

勇気をだして、ワンポイントアクション♪

言葉で小さな気持ちも伝えられるようになったら、今度は行動でも甘えてみましょう。
なにも大きなアクションでなくても良いのです。

たとえば、
普段一緒に歩く時に、無意識に彼と同じスピードで歩くようにしていたりしませんか?
ちょっとだけゆっくり歩いて、彼に合わせてもらうだけでも、ちょっとした甘えアクションになります。

「ほら見て!」「あれって何?」と思ったときは、
言葉にして彼に振り向いてもらう前に、軽く彼のそでをつまみましょう。
自分にまず注意を向けてもらってから、見て欲しいものを指差すのも良いです。

一緒に座る時も、二人の間に少しだけ間を開けて座ってから、彼のほうにぎゅっと体を寄せてみましょう。
映画を見たり、景色を見たりしているなら、そのまま少し頭を彼のほうに傾けてから、感想をつぶやくのも良いでしょう♥

こういった一連のワンポイントアクションには、共通した意味があります。
それは、二人で過ごす時間の中で、自分に注意を向けてもらう機会を増やすという事です。

甘えることは想いを伝え合うための架け橋になる

彼に甘える事は、ただのイチャつき行為だと思っていませんか?
確かにその一面もありますが、それだけだと、「恥ずかしい」気持ちが勝ってしまうかもしれません。

甘える事は、二人で過ごす時間の中で、自分に注目してもらうきっかけになります。
二人で同じ物を見たり、聴いたり、感じたりする前に、
まず自分に注目してもらう事で、「あなたと一緒だから素敵な時間だった」という思い出に作り上げていくのです。

甘えることとは二人の絆を強くしていくために大事な行為なのですよ。
素直に自分の気持ちを彼に伝えましょう!
1/1

こちらもおすすめ

今日の人気記事

【プチプラ】一度使ったらやめられない人気コスメ7選♡
MOMONYAさん
【GU】冬アイテム≪3000円以下≫売れ筋ランキング💗
ウニさん
【GU】2017冬新作アウターおすすめ3選♡
MOMONYAさん
X'mas期間に破局!?絶対に気を付けたい彼との過ごし方
crecreさん
男子ドン引き😞恋愛における女子の残念なギャップ3つ
sotohaneさん
男子が話しかけやすい女子の特徴、お教えします♥
merryさん
デートで男子が見る!女の身だしなみチェックポイント5つ❤
sotohaneさん
2017♡冬のモテコーデは"モコモコ"に任せてみない?
MOMONYAさん
自力で二重になれる"プチプラグッズ&驚きの方法"とは
マカロンさん
セザンヌのカラーティントリップが何しても落ちない!?♡
merryさん