読み込み中
curet

関連するキーワード

好みの男性を前にして、どう振る舞えばいいか迷ってしまうのは女性の性。下手に自分をアピールし過ぎると飽きられてしまいそう……かといって、単に受け答えするだけだと、一緒にいてもつまらないと感じられてしまうのでは……心配は絶え […]

好みの男性を前にして、どう振る舞えばいいか迷ってしまうのは女性の性。下手に自分をアピールし過ぎると飽きられてしまいそう……かといって、単に受け答えするだけだと、一緒にいてもつまらないと感じられてしまうのでは……心配は絶えませんよね。

迷ってやってしまいがちなのが「イタい」行動。そこで今回は、男性からみて「この子、イタいな…」と思われる行動をご紹介します。

	

自分をか弱くみせる


	
女として生まれてきたからには男性を頼りたいもの。でも、それが空回りして「私、おばけとか苦手」「夜こわいから送って〜」と、弱々しさをアピールしてしまうのは逆効果です。

男性はいくら好きな子でも、ムリなアピールに対しては「面倒くさい!」と感じます。次第に友人としてすら考えてしまうかも。しかし、男を頼らず自分だけでやろうとするのも、男性からは「もっと頼ってくれていいのに…」という印象。そのバランスは難しいものです。

大切なのは、自然体。計算されていない素を大切にしつつ、困ったときは積極的に周囲の男性に相談を仰いでみて。どんなときも飾りすぎず、助けられたら感謝する女性は人気です。

相手に合わせすぎる


	
彼と仲良くなりたいあまり、趣味や好きなものを聞き出して「私も好き!」と話を合わせてしまった経験はありませんか。本人としては良かれと思った配慮も、相手に「そこまで合わせなくても…」と引かれてしまうことは少なくありません。

変に気を使い過ぎても関係がちぐはぐになってしまうので、まずは世間話がてら相手と話をしながら、小さくてもよいので共通点を見つけてみて。休日の過ごし方、好物は最後までとっておいて食べるタイプか……など、共通点が見つかれば話題も広がりやすいはず。

また、彼の意見を尊重したいがために「何でもいい」を連発するのはちょっと危険。男性は、きちんと自分の意見をもっている女性を好きになるもの。どうしても彼に言いづらい場合は「これか、あれ」と選択式の答えにするのがオススメです。


さじ加減は難しいですが、恋愛は意外にも素材そのものと少しのスパイスで上手くいきます。ちょうどいい距離感をつかめるよう、前向きに話を重ねる姿勢を大切にしたいですね。


(恋愛ライター・花輪 えみ)
1/1

こちらもおすすめ

今日の人気記事

今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
やらない理由がない♡貯金0円女子が全身脱毛する方法
Sponsoredさん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
イルミネーションを見ながら絶叫マシン?!冬デートで彼との距離を縮める7つの方法
curet編集部さん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
「好きなタイプは?」と聞かれた時のモテる神回答例5連発♥
sotohaneさん
色診断で選ぶプチプラリップ♡あなたに似合う色は何色?
ウニさん
知らないと恥ずかしい『家事』のやり方【基本編】♡
ウニさん
ナチュラルメイクは眉毛から♡正しい書き方を習得しよう!
MOMONYAさん