読み込み中

関連するキーワード

一見、ラブラブにみえるのに「彼に嫌われるんじゃないかと思うと、不安で自分の本音が言えない……」と悩む女性は少なくありません。こういった「彼の前で素が出せない」という悩みは時間と共に深刻になるもの。早めに解決しておいた方が […]

一見、ラブラブにみえるのに「彼に嫌われるんじゃないかと思うと、不安で自分の本音が言えない……」と悩む女性は少なくありません。こういった「彼の前で素が出せない」という悩みは時間と共に深刻になるもの。早めに解決しておいた方が良さそうです。

そこで今回は、彼の前で「ありのまま」でいられない人に、その状態がキケンな理由とレスキュー思考法をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

	

NGなワケ1:「自分じゃない」ことに疲れるから


	
本来の自分では取らない行動を選択しつづけていると、いつか心が疲れてしまいます。それは「理想の彼女でいたい」「嫌われたくない」と思うあまりに、本当の自分から遠く離れてしまっているため。いつまでも「演じている」ことに変わりがないからです。

いくら彼が幸せでもあなたが幸せを感じられないのなら、それは「良いお付き合い」とはいえません。
それでも「私は演じてなんてない!」と感じている女性は、まだ限界が来ていないだけ。その限界は、あなたの「好き」と同じだけ続きます。それだけに、女性の限界はとても恐ろしい結末を迎えるのです。

NGなワケ2:彼への「不満」が爆発してしまうから


	
恐ろしい限界とは、彼への爆発。言いたいことを飲み込んだり、不安を口に出せなかったりした女性は、その「心配」を少しずつ少しずつ彼への「不満」に形を変化させていきます。そして、心の奥底にため込んでいくのです。

彼からしたら「なんで俺に!?」と思うようなタイミングで、あなたの感情が溢れてしまうことに。彼女のトツゼンの爆発は、彼を困惑させてしまいます。その結果、距離を置くことになってしまうなど、悪い結末を招きかねません。

「好かれたい」と思いすぎない

それでは、彼の前でもありのままの自分でいるにはどうすればよいか。ポイントは、彼から好かれたいと強く思いすぎないこと。あくまでも、求めすぎないことが大切です。

恋をしていると「相手も自分のことを好いてくれればいいな」という期待が出てきますよね。それは付き合った後も同じ。相手を好む気持ちがお互いに同じであればあるほど、ふたりの関係は上手くいきやすいものです。

	
「相手に嫌われるのが怖い」「相手に好かれたい」という気持ちが強すぎる女性の中には、彼の顔色ばかり伺ってしまう人もいます。彼を好きな気持ちはとても大切ですが、恋愛は素の自分を遠慮なく出せてこそ成り立つもの。そのためには、彼からの評価をいったんリセットする勇気も必要なのです。

そして、少しずつで良いので彼に気持ちを伝えるようにしましょう。まず「嫌われるのが怖かった」という事実を伝えると吉。彼に否定してもらうことで、あなたの心の重荷はだいぶ軽くなるはずです。


嫌なことは「イヤ」とハッキリ断ったり、些細な悩みでも彼に相談したり……彼とのコミュニケーションを充実させることがお互いの理解につながります。お付き合いに不安を感じたときには、彼との時間が減っていないか見直してみるのもよいですね。


(恋愛ライター・花輪 えみ)
1/1

こちらもおすすめ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するキーワード

今日の人気記事

女子が思う「モテる女子」と男子の思う「モテる女子」は違うんです💗
ウニさん
本当に買うべきプチプラコスメ7選♪すぐに欲しくなる♡♡
aaamimさん
【SNSで話題】ずっと使えてプチプラ!?シリコンパフがすごい♡
kicchan.さん
お金がないのに全身脱毛済みの子が急増中!?話題のシースリーに潜入
Sponsoredさん
今月も豪華!!マキアの10月号付録☆「完璧ブラシセット」で艶っぽい秋顔メイクに挑戦♡
crybaby92さん
あなたもいますぐやらなくちゃ💗モテる女の子が欠かさずやってる7つのケア💕
ウニさん
テレビやインスタで大反響!!多くのモデルが実践中の”痩せ菌”ダイエットって?
Sponsoredさん
いつものポニーテールにちょい足しするだけ♡簡単でびっくり!モテポニテに変身しちゃお♡
ringoさん
不器用さんの救世主!“あってよかった”優秀コスメを紹介♡
mikiomi46さん
【2年連続】医療関係者が選ぶ脱毛サロンNo.1「ストラッシュ」って?
Sponsoredさん
【彼にも褒められる♡】かばんの中身も♡女子力アップグッズ4選
CandyPotさん
【どうしよう】彼との〇〇中トイレに行きたくなった時の対処法4選
CandyPotさん
それ男性は嫌いかも?女性がしてしまっているモテテク3選
CandyPotさん