読み込み中

関連するキーワード

カレーを作る際の隠し味、どんなものを使っていますか?隠し味に使う食材によって風味が変わります。隠し味の味が強くならないように注意!入れる量も大切なポイントですよ。入れるタイミングなども合わせて詳しくご紹介していきます!

カレーをおいしくする隠し味


	
カレーを作る際には、ルーをだけでなく隠し味を加える、という方も多いのではないでしょうか。ご家庭によって加える隠し味も違うでしょう。 

どんな隠し味がよいのでしょうか?加える隠し味によってカレーの風味も大きく変わるものです。また、入れるタイミングも重要。さまざまな隠し味と、入れるタイミングについてご紹介します。

カレーを【甘くする】隠し味

カレーを甘くするための隠し味をご紹介していきましょう。タイミングもしっかりと把握してくださいね。

▶砂糖


	
砂糖はカレーを甘くしてくれるだけではありません。砂糖には保水力があります。保水力が食材のうま味と水分を、しっかり閉じ込めてくれるんですよ。カレーの隠し味に砂糖を使う際には、肉を炒める時に入れましょう。 

肉の表面の色が変わるタイミングに合わせて、砂糖を加えるのがいいです。カレールー2分の1箱に対し、大さじ一杯を目安にします。肉のうま味をギュッと閉じ込め、かたくなることを防ぎますよ。

▶はちみつ


	
はちみつはカレーの隠し味でも王道です。はちみつを加えると、甘くなる以外にもコクが出ますね。はちみつを隠し味に加える際には、カレーのルー1箱に対し小さじ1杯が目安。入れすぎるとカレーが甘くなってしまうので注意しましょう。 

カレーのルーを入れた後にはちみつを加えるとカレーがサラサラになってしまいます。はちみつを隠し味に加えるのは、カレーのルーを加える直前にしましょう。うっかり忘れてしまい、カレーのルーを入れた後にはちみつを加える場合、鍋の中を75度以上にしてから加えてください。

75度を超えていれば、ルーがサラサラになることを防ぎます。その場合、20分ほど弱火で煮込むと、しっかりとろみがつきますよ。短時間で火を止めてしまうとルーのタンパク質が壊されて、サラサラになるので注意!

▶コーンスープの素


	
コーンスープの素は、とうもろこしの甘みが凝縮されています。カレーの隠し味にもピッタリなのですよ。とてもまろやかな味に仕上がります。お子様でも食べやすいカレーになるでしょう。 

隠し味に加える際は、食べる直前。パウダー状のまま加えるとダマになることがあります。あらかじめ熱湯で軽く溶かしたものを加えるといいでしょう。量はお好みですがルー1箱に対し、小さじ1杯程度から調節してください。

▶練乳


	
練乳といえば、イチゴに合わせるのが一般的ですね。実はカレーの隠し味にも向いているんです。コクのある甘さがカレーをおいしく仕上げてくれますよ。練乳をカレーに加える場合、ルー1箱に対し小さじ一杯が目安です。 

練乳を隠し味に加えるタイミングは、カレーのルーがしっかりと溶けてから。味見をしながら加えてください。甘い香りが好きな方は、仕上がったカレーを食べる際にも練乳をかけることがあるのだとか。

▶バナナ


	
カレーの隠し味に使用するバナナは、完熟バナナがおすすめです。使用するのは鍋一杯のカレーに対し、大さじ1杯分ほどのバナナ。2センチから3センチにカットしたバナナをすりつぶして加えましょう。加えるタイミングはルーを加えた後で構いません。 

弱火でコトコト煮込むほど甘みが増しますよ。さらにバナナを入れることで、とろみも増すので、濃厚なカレーが好きな人にぴったりの隠し味です。

▼もっと詳しく知りたい人は、こちら!

カレーを甘くする方法は?隠し味13種&上手な加え方のコツ!

https://macaro-ni.jp/42066

    

カレーを【辛くする】隠し味

カレーはやっぱり辛くないと!という方におすすめの隠し味をご紹介しましょう。あくまでも隠し味なので、入れすぎには注意してくださいね。入れすぎると香辛料の味が強くなり、カレーの味わいがなくなってしまいますよ。

▶タバスコ


	
タバスコを加えると、ピリリとした辛さの目立つカレーに仕上がります。隠し味にタバスコを加える際には、お皿に盛り付ける直前がベスト。もしくはお皿に盛り付けてからタバスコをかけてもいいでしょう。量はお好みですが、鍋に加える場合は小さじ一杯程度からがおすすめです。

▶ガラムマサラ


	
ガラムマサラは10種類ほどのスパイスがミックスされています。クミンやナツメグ、ローリエなどカレーのルーに使用されるスパイスも含まれていますよ。 

ガラムマサラを加えると一気に本格的な味わいに近づきます。ガラムマサラをカレーの隠し味に加えるタイミングは、ルーを入れて火を止める直前。早く入れすぎてしまうと、スパイスの香りが飛んでしまいますよ。鍋一杯のカレーに対して小さじ半分程度から加えていきましょう。

風味が足りない時には、少量ずつプラスするのがいいですよ。ガラムマサラを加えたあとは、鍋の中をしっかりと混ぜ全体に風味をなじませましょう。

▶唐辛子粉


	
スパイスではなく、唐辛子粉を加えると聞くと、驚くかもしれません。カレーの隠し味に唐辛子粉を加えると、辛みそのものにコクが出るのです。唐辛子粉を早く入れすぎると辛味が強くなってしまうので、ルーが溶けた後、唐辛子粉を加えてください。 

1箱分のルーに対し、小さじ4分の1から2分の1程度の量がおすすめです。

カレーに【コクを出す】隠し味

カレーは煮込んだ方がおいしくなります。短時間で深いコクを出し濃厚な味わいにするには、どんな隠し味がいいのでしょうか?コクを出すための隠し味についてご紹介していきましょう。

▶コーヒー


	
コーヒーはコクを出すために、とても向いている隠し味です。しっかりと煮込んだようなコクが出ますので、少量を加えるだけでよいですよ。しかもインスタントコーヒーを粉のまま入れてOK!お鍋一杯に対し小さじ2杯程度が目安ですよ。 

入れるタイミングはカレーのルーが溶けた後。溶けやすいものとそうではないものがありますので、しっかり溶かしましょう。インスタントコーヒーを少量隠し味に加えるだけで、ブイヨンを加えて作ったような本格的な味わいになります。

▶チョコレート


	
チョコレートは、なめらかなコクと甘さがプラスされる隠し味です。カレールー1箱分に対し、板チョコを2片から3片加えましょう。ルーが溶けた後、仕上げに加えるのがポイントです。驚くほど辛味がまろやかになり、食べやすくなりますよ。 

ただし、入れすぎるとカカオの香りが強くなってしまうので注意してくださいね。


▼味や入れるタイミングの詳細は、こちらをチェック!

カレーにチョコが絶妙の隠し味!入れるタイミングと量は?

https://macaro-ni.jp/41255

    

▶オイスターソース


	
オイスターソースには魚介の旨みがたっぷり含まれています。隠し味に加えると、シーフードカレーのような味わいに仕上がりますよ。 

魚介類の風味が広がり、とても贅沢なカレーになります。具材にも魚介類を加えるのがベスト。オイスターソースを隠し味に加える際にはカレーのルー1箱分に対し、小さじ1杯ほどが目安です。入れるタイミングはルーがしっかりと溶けてから。

オイスターソースを加えて10分程度煮こみましょう。そうすることでオイスターソースのえぐみがなくなり、まろやかに仕上がります。

▶めんつゆ


	
めんつゆは和風カレーを作る際におすすめの隠し味です。めんつゆには、みりん・お砂糖など様々な調味料が含まれていますね。隠し味に加えるだけで簡単に和風カレーを作ることができますよ。カレーのルー1箱分に対し、大さじ2杯を目安に加えてください。 

カレーのルーが溶けてから加えましょう。めんつゆの風味が丸くなり全体的に味がまとまります。

▶無塩バター


	
カレーを作る際の油をバターに変えて、隠し味にしましょう。塩分の含まれたバターは塩辛くなるので、無塩バターがおすすめですよ。 

具材を炒める際にバターでしっかりと炒めて、その後はいつもと同じようにカレーを作ってください。まろやかな風味とコクが出ますので、本格的なカレー作りにぴったり。

仕上げにバターを隠し味として入れる場合には、ルーが溶けてから加えましょう。後から加えるとバターの風味がより引き立ちますよ。反対に、バターの風味が苦手な方は、炒めるタイミングに使うといいでしょう。

▶ニンニク


	
ニンニクを少量を加えるだけで、本格的なカレーに早変わりします。ニンニクを隠し味に加える際には具材を炒める段階で使いましょう。 

ルー1箱分に対し、すりおろしたニンニクを小さじ半分から1杯程度使います。食べる直前にニンニクを加えると香りが強すぎてしまうので、早い段階から使うのがポイント。入れすぎると香り以外にも、辛味が気になってしまうのでベストな量を見つけましょう。

▼ニンニクが最強の隠し味の理由は?

+生姜で最強の隠し味!カレーにニンニクを入れる量とタイミングは?

https://macaro-ni.jp/42065

    

カレーを【まろやかにする】隠し味

カレーの味をまろやかにしてくれる隠し味をご紹介します。プロでも使用することの多い隠し味ですよ。

▶ココア

ココアは砂糖を使っていないココアパウダーを使用してください。多くの飲食店でもココアパウダーをカレーの隠し味にしているのだとか。 

ココアパウダーを加えるのはルーが溶けてからのタイミングです。ルー1箱分に対し、ココアパウダーを小さじ1杯ほど加えましょう。しっかりと混ぜ合わせることで、コクとまろやかさがプラスされます。

▶牛乳


	
牛乳を加えると、非常にまろやかなカレーに仕上がります。スパイスが強すぎてしまう場合や、隠し味が強くなってしまった場合にも牛乳がおすすめです。 

牛乳を加える場合にはルー1箱分に対し、大さじ3杯程度加えてください。お好みでもっとたくさん加えても構いません。ただし、入れすぎるとカレーがサラサラになってしまうので調節しましょう。加えるタイミングはカレーのルーが溶けた後です。

▶ジャム


	
ジャムを加えることで、フルーティーなカレーになりますよ。また、ジャムに含まれるコクがそのままカレーにもプラスされるのでおすすめです。 

どのようなジャムでも構いませんが、加える量はルー1箱分に対し小さじ2杯程度を目安にしましょう。ジャムを加えるタイミングはルーが溶けてからです。

▼水っぽいと感じたら……!

今日のカレー、なんか水っぽい……原因&とろみをつけるおすすめテク!

https://macaro-ni.jp/39528

    

他にも本格カレーにおすすめな隠し味

カレーの隠し味に使える材料は100種類以上といわれています。その中でも本格的なカレーに近づける隠し味をピックアップします。

▶ヨーグルト


	
カレーをさわやかな味に仕上げてくれます。果糖・無糖どちらでも構いません。果糖のヨーグルトを加えると、甘味がプラスされます。 

カレーのルーが溶けた後、ルー1箱に対し、大さじ2杯程度を加えるのがベストです。フルーツ入りのヨーグルトでも構いませんよ。

▶赤ワイン


	
赤ワインを隠し味に加えると、フォンド・ボーで煮込んだカレーのような味わいになりますよ。高級料理店などで提供されるカレーがご自宅でも食べられます。 

赤ワインを加えるのはルーを入れる直前です。赤ワインをルー1箱に対して50ccほど加え、3分ほど煮込んでからルーを加えましょう。赤ワインの香りも気にならず、高級感のあるカレーが味わえますよ。

隠し味は一つに絞らなくてもいい!

カレーの隠し味は数え切れないほどたくさんあります。その中でも人気のあるおすすめの隠し味をご紹介しました。 

オリジナルカレーを作りたいなら、さまざまな隠し味を試してみてはいかがでしょうか。その日の気分や、カレーに使用する具材に合わせて隠し味を選ぶのもポイントですよ。隠し味を使ってオリジナルのカレーが作れるようになれば、来客時のおもてなしにも自信が持てますね。

▼カレーのいろんなレシピを試してみよう!

旅する気分♩自宅で簡単「ココナッツカレー」のレシピ15選

https://macaro-ni.jp/43305

    

魚介の旨味たっぷり♩シーフードカレーの厳選15レシピ

https://macaro-ni.jp/42859

    

30分でお店の味!? バターチキンカレーの人気&簡単レシピ17選

https://macaro-ni.jp/42300

    
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するキーワード

今日の人気記事

モテたいなら絶対しないで!男子がドン引きするガサツ女子の特徴
ringoさん
「私の胸、まだ成長すんの!?」オトナ女子がハマるバストアップ法がスゴい件
Sponsoredさん
メイクがマンネリ化してる人必見◎今すぐ買って参考にしたい!【メイク本】≪5選≫♥
MOMONYAさん
【オルチャン】これがあれば冬のオルチャンコーデも完璧♡買っておくべき5つのアイテム♡
april94さん
元AKB48あっちゃん式ダイエットがスゴイ!今なら980円!
Sponsoredさん
”たまらなく”ずっと一緒にいたくなる香り,,,,1日中香り続く《リネンスプレー》が使えると話題に♥
agenasu_ohitashiさん
秘密の"デカ目"に見える錯覚アイメイクを教えます😊❣️目を1.5倍に大きく見せるコツ💕
マカロンさん
ブランドで揃えるのはもう卒業?!安っぽく見えないプチプラブランドの着こなし秋冬コーデとは♥
crecreさん
アイシャドウを変えたらおしゃれ顔♡マットアイシャドウおすすめ5選
petitさん
モテ女子はやっぱり髪から!可愛くなるための「モテ髪」とは♥!?
crecreさん
いつもダメ男を引き寄せてしまう女の子の5つの特徴って?
ringoさん
【プチプラ】ポイント押さえてお洒落に見せれる!!コスパ服の着回しコーデ♡
peko0615さん