読み込み中

関連するキーワード

子どもの頃によく遊んだ折り紙、近頃は折り紙の柄や種類がとても豊富です。その折り紙を使って、ちょっとした贈り物にギフトボックスを作ってみるのはいかがでしょう。小さくて可愛らしいギフトボックスの折り方をご紹介します。

折り紙に折りすじをつけていく


	
はじめに、折り紙に折りすじをつけていきましょう。まずは縦・横に折りながら、中心のみに十字にすじをつけます。一度折り紙を広げ、今度はその十字に向かって上下に折ってすじをつけ、さらにその上下のすじに合わせてすじをつけましょう。

折りすじに合わせ角を折る


	
最後につけた、真ん中の十字に近い折りすじに向かって四角を折ります。折ったら裏返して、折りすじが横に走っているのを確認したら、中心に合わせ上下に折りすじをつけてください。再度折り紙を裏返しにしましょう。

折り紙を横長に折りたたむ


	
裏返しにした時に、三角になっているところにすじが二本ついています。その外側の方の山になっているすじをつまみ、内側の線に合わせて折りこむようにしましょう。次に、折りこんだ箇所の外側の上下を折り、すじをつけます。

再度折りすじをつけていく


	
最後につけた上下の折りすじを立ち上げ、三角の部分に指を入れ横に引き出しながら半分に折りたたみましょう。次に、左右を真ん中の十字に向かって折り、すじをつけます。折りすじがついたら今度は上下を中心で合わせて折り、裏返しましょう。

折り紙を開いて立体にする


	
裏返したらついている折りすじを全て山折りになるようすじをつけます。ここは丁寧に行ってください。再度裏返し、左右を二本目のすじで立て、残りの部分を開き立体にします。そして、裏側に角が隠れているので手前に引き出しましょう。

箱の形に仕上げていく


	
立ち上がった左右は箱のふたになります。両方のふたを内側に向かって折り曲げたら、片方のふたをもう片方に差し込み、その上にもう一方のふたを乗せたら完成です。工程で折りすじをしっかりつけると、きれいな箱に仕上がります。
プレゼントを用意したら、ぜひボックスも折り紙で手作りしてみてください。プレゼントの中身によって折り紙の種類を変えてみるのもおすすめです。

和紙の豆知識

洋紙は短い繊維を敷き詰め添加物で平らに固めますが、和紙は長い繊維を絡ませ平らにするため繊維の間に空間があるのです。そのため洋紙に比べて軽く、独特の風合いがあります。
著者:山梨 明子(日本折紙協会理事・日本折紙学会会員)
参照元:暮らしを彩る和紙オリガミ(実務教育出版/著者:山梨 明子)
http://jitsumu.hondana.jp/book/b253303.html

キャスト

著者:山梨 明子
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するキーワード

関連する記事

彼氏へ贈るプレゼントは、重く感じさせない「琺瑯製マグカップ」がオススメ
sunahamanosunaさん
【DIY】涼しげなジェルキャンドルの作り方♪灯しても、飾っても◎
flowersさん
ファッション×アイスクリーム!?サーティワン アイスクリームからカモフラ柄のアイスクリームが新登場♡
curet編集部さん
【DIY】自作ティーバッグでおしゃれな紅茶のプレゼント○
flowersさん
1日1000個売れているフルーツ青汁で目指せ-7kg!!■初回680円
Sponsoredさん
【DIY】部屋に♡プレゼントに♡可愛いドリームキャッチャー作り方
にゃんちゅう先生さん
父の日にピッタリ☆オリジナルビールで感謝を伝えよう!
dngnchanさん