読み込み中

ダイエット中の飲み会を楽しむために知っておきたいお酒のカロリーやお酒別美容効果をまとめました♡一般的に飲まれるお酒の中でダイエット中に選ぶべきお酒の種類をランキング形式でご紹介します。

お酒はなぜ太るの?

出典: dietbook.biz


	
アルコールを摂取すると、肝臓ではアルコールを分解するために活発にその処理が行われます。その分、脂肪の分解が後回しになってしまうため、脂肪が体に蓄積されやすくなってしまうと言われています。
また、お酒と一緒に食べるおつまみも太る原因のひとつ。アルコール分解には炭水化物(糖質)が必要ですが、これらが分解されると、消費されなかった残りのカロリーは体脂肪となり、体に蓄積されてしまうのです。
出典: http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/wooris/2013/01/post-139.ht...
ダイエット中の女性必見!飲んでも太りにくいお酒とは | マイナビニュース
アルコールの代謝の為に、体ではビタミン類を多く使います。そのビタミン類が不足してしまうと、「ビタミンを摂取しなさい!」と脳に指令を出すので、普段より食欲が湧いてしまうのです。その結果、飲む→食べる→飲む→食べる、の繰り返しになってしまい太る原因に繋がるのです。
出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

太りやすいお酒と太りにくいお酒

お酒がエンプティカロリーだと言っても、その中には糖質が多く含まれている、太りやすいお酒があるのをご存知ですか?以下に、太りにくいお酒と太りやすいお酒を紹介します。
出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

×太りやすいお酒×

出典: wadainoare.com


	
ビール
アルコールの中でもビールは最も太りやすいと言われています。
カロリーの2/3がアルコールで、残りの1/3は糖質なので、これが脂肪に変わってしまいます。
また、ビールに含まれている成分には食欲増進効果があると言われているため、より太りやすいのです。
日本酒
糖質を多く含んでいるため、太りやすいといわれています。

チューハイ・カクテル
果汁や砂糖シロップを加えているものは、糖質が多く高カロリーなため太りやすいです。

ワイン
甘口のワインの場合、糖質が多く含まれています。ボトル半分で、だいたいご飯1杯分と同じ位のカロリーです。
出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768

○太りにくいお酒○

出典: josei-bigaku.jp


	
ウイスキー
ウイスキーも蒸留酒なので糖質が含まれません。また痛風の原因となるプリン体もほとんど含まれません。カロリーゼロの炭酸水と割ったハイボールにすると、量も抑えられるのでオススメです。

焼酎
焼酎は蒸留酒といわれる種類のお酒で、ほとんど糖質は含まれていません。飲む量を抑えたいなら、ストレートよりお湯割りをオススメします。

ブランデー
ブランデーの香りには、脂肪の代謝を促すホルモンを増やす働きがあると言われています。
出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768
焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、アルコール以外のカロリーが含まれないので、蒸留酒だけを飲む分にはカロリーゼロ。これだけを飲んでいて太ることはありませんし、蒸留酒の場合、お水で割って飲むと、アルコール度数も抑えられるという利点もあります。
出典: http://wooris.jp/archives/9981

お酒を飲んでも太りにくくする飲み物&食べ物

出典: conexions.org


	
牛乳やヨーグルトなどの乳製品
乳製品には胃の粘膜を保護する役割があります。その粘膜がアルコールの吸収を抑える役割を果たします。また、乳製品に含まれるタンパク質の成分が肝臓でアルコールを分解する機能を高めます。

ブラックコーヒー
コーヒーに含まれる利尿作用でアルコールの排出を促進させてくれます。

黒酢
黒酢に含まれるアミノ酸には肝臓の働きを活発にしてくれます。そして代謝を促進するため太りにくくなります。
出典: http://n-coozy.com/%EF%BD%84iet-alcohol-3768
大事なのは低カロリーのおつまみを選ぶこと。枝豆、かまぼこ、キムチ、煮もの、刺身、揚げだし豆腐、冷ややっこ、おでん、もろきゅう、焼き鳥(塩)、あさりの酒蒸し、酢の物、ほうれんそうのおひたし、などがおススメ。
出典: http://josei-bigaku.jp/lifestyle/nonndemohutoranai68744/

太りにくいお酒ランキング

1位 ハイボール
ハイボールのベースはウイスキー。ウイスキーは、蒸留酒といってアルコール度数は高いけれど、糖質と脂質はゼロ。また、ハイボールは炭酸水で割るので、満腹感も得られやすく、ストレートで飲むよりアルコール度数も抑えらるのもうれしいところです。ただし、ハイボールの中にはジンジャーエールで割ったものもあるので、なるべくなら炭酸水で割ったものをチョイスするようにしましょう。お正月などに自宅で飲む場合には、糖質が含まれている市販の缶ハイボールよりも、ウイスキーを炭酸水で割ったものを自分で作って飲むのがお薦めです。
【参考】
ハイボール(ウイスキー50ml・炭酸割) 118kcal ※あすけん調べ
出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149
2位 ウーロンハイ・緑茶ハイ

出典: r.gnavi.co.jp


	
ウイスキーと同じく蒸留酒に分類されるのが焼酎。焼酎も糖質はゼロです。焼酎を割るなら、カロリーが少ないウーロン茶や緑茶、水などの甘くないものがお薦めです。
【参考】
ウーロンハイ(焼酎70ml+ウーロン茶) 102kcal ※あすけん調べ
出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149
3位 赤ワイン
ワインはビールと同じ醸造酒に分類されますが、カロリー、糖質ともに少なめ。1日あたりに飲む適量はグラスに2杯程度で、飲み過ぎに注意すればダイエット中でも安心して飲めます。赤ワインの紫色の成分であるポリフェノールは、強い抗酸化作用があり老化防止にも◎。また、悪玉コレステロールを減らしてくれたりと、たくさんの健康効果が実証されています。
【参考】
赤ワイングラス1杯(100ml) 73kcal ※あすけん調べ
出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149
4位 生グレープフルーツサワー
グレープフルーツの香り成分である「ヌートカトン」には、脂肪燃焼効果があると言われています。また、グレープフルーツに含まれるビタミンCや食物繊維も豊富で、ダイエット中に不足がちになる鉄分の吸収率をアップする働きもあります。果実を絞って飲めば、美容だけでなく健康への効果も期待できます。
【参考】
生グレープフルーツサワー(焼酎80ml・グレープフルーツ1/2個)157kcal ※あすけん調べ
出典: http://womantype.jp/mag/archives/48149
1/2
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

ダイエット中でも太らない!飲み会シーズンを乗り切るコツ!
yryr000さん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん
ダイエット中でもビールが飲める!?ビールとの上手な付き合い方☆
panさん
お酒×おつまみ=美容効果?!飲んで食べて、楽しく綺麗な私に♡
purple16さん
乗りかえ満足度驚異の92%!予約が取りやすい大人気脱毛サロン「KIREIMO」!
Sponsoredさん
飲み会シーズンに使える◎ダイエット中の飲み会テクニック♡
pikapikaさん
冬の味覚・牡蠣には女性に嬉しい効果・効能がたっぷり♡都内にあるオススメオイスターバー♪
RIIIIさん