読み込み中
curet

関連するキーワード

暑い季節はアイスティーを楽しみましょう!喉ごしがよく、おいしいアイスティーは見た目も涼しげで夏にピッタリ。ちょっとしたコツをマスターすれば、濁りのない美しいアイスティーが作れます。華やかなアレンジティーの作り方もあわせて紹介します。

おうちで簡単「アイスティー」のすすめ


	
前回は、「今日からできる!おいしい紅茶の淹れ方、ティーバッグ編」をご紹介しました。今日はその応用で、おいしいアイスティーの作り方を紹介します! 

さわやかに喉を潤してくれるアイスティーは暑くなるこれからの季節にぴったりですよ。簡単に作れるので、ぜひマスターしてくださいね。

▶まだ新しい、アイスティーの歴史

紅茶の歴史のなかでも、アイスティーが生まれたのはごく最近のこと。100年ちょっと前に、暑さがきっかけで偶然に生まれた飲み物なんですよ。 

1904年、アメリカのミズリー州セントルイスで開かれた博覧会の会場に、インド紅茶宣伝館が設けられました。しかし、夏の暑い時期で気温が30℃を超え、湿度も高かったため、温かい紅茶は全く人気がありませんでした。

ティープロパガンダボードから派遣されていたイギリス人責任者リチャード・プレジントンが、半ばヤケ気味になって、大きなグラスに氷を砕いて入れ、熱い紅茶を氷の上から注いで提供してみたところ、独特の味とさっぱりとした喉ごしに人々は大喜びしたそうです。

暑さに参っていた来場者は競うようにその冷たい紅茶を求め、あっという間に、大人気になってしまいました。

それがきっかけとなり、アイスティーは夏・冬を問わずアメリカに定着して人々に愛される飲み物となっていきます。

アイスティーの作り方バリエーション

日本やアメリカで大人気のアイスティーですが、作り方には、いくつかの方法があります。 
それぞれの特徴を知って、あなたのやりやすいやり方で作ってみてくださいね。

▶オンザロックス方式


	
氷をグラスにたっぷりと入れて、氷の上から2倍の濃さのホットティーを注ぎ、一気に冷やす方法です。紅茶の香りや味がぎゅっと閉じ込められるのが特長。

▶ダブル・クーリング方式

2倍の濃さのホットティーを、氷を入れた茶漉しを通して、氷を入れた別の容器に注ぎ、手早くかき回します。茶液が冷えたら、茶漉しなどを使って容器の氷を取り除きます。大量に作って冷蔵庫で冷やしておけば、いつでも好きな時に飲めます。

▶水差し方式

1リットルの水差し(ピッチャー)などにティーバッグを3〜4つ入れ、熱湯を3分の1程度注ぎ、2〜3分蒸らします。ティーバッグを取り除き、水を加えて1リットルにし、熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。手軽に作れて、いつでも飲めるので便利です。

▶水出し方式

1/3

今日の人気記事

今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
冬が脱毛のベストシーズンだった!コスパ最強サロンに潜入♡
Sponsoredさん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
クリスマスまで秒読み!冬デートで彼との距離を縮める7つのステップ♡
curet編集部さん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
ナチュラルメイクは眉毛から♡正しい書き方を習得しよう!
MOMONYAさん
「好きなタイプは?」と聞かれた時のモテる神回答例5連発♥
sotohaneさん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
知らないと恥ずかしい『家事』のやり方【基本編】♡
ウニさん
【2017秋冬】GU・ユニクロだけでつくるコーデ9選♡
ウニさん