読み込み中
curet

関連するキーワード

岩手県のご当地グルメ盛岡冷麺。酸味のあるスープと弾力のある麺が人気です。冷麺には韓国冷麺もありますが、ふたつの違いは何だと思いますか?盛岡冷麺の特徴と韓国冷麺との違い、盛岡に行ったらぜひ立ち寄ってほしいオススメ店もご紹介します!

岩手名物「盛岡冷麺」

岩手県名物「盛岡冷麺」を食べたことはありますか?見た目は韓国冷麺に似ていますが、韓国冷麺でなく盛岡冷麺です。同じ冷麺ですが、名前が違うのであれば味や具に違いがありそうですが、実際のところはどうなんでしょう?盛岡冷麺の特徴と共に韓国冷麺との違いについてもご紹介します。

▶盛岡冷麺とは

盛岡冷麺とは、盛岡県盛岡市に伝わる名物麺料理。わんこそば、じゃじゃ麺と並ぶ盛岡の三大麺として親しまれています。 

盛岡冷麺の始まりは朝鮮半島出身の麺職人、青木輝人氏が日本で開業した「食道園」で提供したのが初だそう。朝鮮半島に伝わる咸興冷麺(かんこうれいめん)と、平壌冷麺(ぴょんやんれいめん)を合わせた創作麺料だと言われています。

▶どんな味?

お店や商品によって異なる場合はありますが、小麦粉に緑豆のデンプンが使われているものが多い盛岡冷麺は、表面がツルツルとしていて強いコシを感じるのが特徴です。スープは牛骨と鶏ガラを合わせたものが定番のよう。コクや旨味があり、冷たい状態でも十分においしく食べられます。 

麺に添えられる果物も特徴のひとつ。盛岡冷麺にはりんごやスイカがのせられていることがあります。これはピリ辛の冷麺の辛味を緩和させる意味もあるようですよ。

▶韓国冷麺との違い

韓国冷麺の麺にはジャガイモやトウモロコシのデンプンの他、そば粉も使われ、盛岡冷麺と比べて細麺です。韓国冷麺の麺が少し黒っぽいのはそば粉を使っているからなんですね。スープも盛岡冷麺が牛骨を使っているのに対して、韓国冷麺は大根の水漬け汁をベースにしているものが多いそう。具は野菜のナムルが定番です。

盛岡冷麺のおすすめ店

盛岡に行く機会があれば、ぜひ本場の盛岡冷麺を味わってみてください。盛岡で必ず立ち寄りたい名店をご紹介します。

▶ぴょんぴょん舎

本場岩手で盛岡冷麺を楽しみたいならぴょんぴょん舎がおすすめです。観光客のみならず、地元の人からも親しまれている、盛岡冷麺の有名店です。店内は開放感のあり、オブジェ使いでおしゃれな空間です。
1/5

今日の人気記事

今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
冬が脱毛のベストシーズンだった!コスパ最強サロンに潜入♡
Sponsoredさん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
クリスマスまで秒読み!冬デートで彼との距離を縮める7つのステップ♡
curet編集部さん
「好きなタイプは?」と聞かれた時のモテる神回答例5連発♥
sotohaneさん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
ナチュラルメイクは眉毛から♡正しい書き方を習得しよう!
MOMONYAさん
知らないと恥ずかしい『家事』のやり方【基本編】♡
ウニさん
色診断で選ぶプチプラリップ♡あなたに似合う色は何色?
ウニさん