読み込み中

一人暮らしの部屋を広く見せたい!そんなあなたにオススメなのがロースタイルのインテリア。高さが低い家具は部屋を広く見せてくれるんです。ロースタイルインテリアのポイントなどをまとめました。

一人暮らしの平均間取りは…?

一人暮らしの人の間取りの半数以上が【1K】広さの平均は18平方メートル。

大体居住スペースが6畳で、キッチンが2畳、そこにユニットバスがついた広さになります。

一人暮らしの狭い部屋を広く見せる魔法のようなインテリアは…?

出典: pbs.twimg.com

部屋を広く見せたいならずばり、家具の高さを低い物で揃える【ロースタイル】のインテリアがオススメです。
家具の高さが低いので奥まで見る事ができ、圧迫感が無くなるので部屋が広く見えるんです。
生活の重心を低く保つロースタイルは、背の低い家具を揃えることにより、部屋を広く、開放的に見せることができます。脚のないソファをはじめ、インテリア全体の高さを抑えると圧迫感がなくなります。それが、リラックス感と居心地のよさを生むと考えられます。
出典: http://www.sanwacompany.co.jp/shop/pages/concierge_040.aspx
癒しと空間の広さを演出する「ロースタイル」な暮らし

【ロースタイルインテリア】2つのポイント

①家具の高さは低くする

ロースタイルインテリアの1番大事なポイントは、低い家具にすることです。
■■■ベッド■■■
寝具は布団かロースタイルのベッドで。ベットは部屋のスペースを大きく取るので、低いタイプの物のほうが部屋を広く見せることができます。
■■■ラグ・カーペット■■■
ロースタイルの醍醐味といえば、床にごろ寝をしてくつろぐスタイル。肌触りのいいラグやカーペットは必需品です。
■■■ソファ・座椅子■■■
ソファもロースタイルで。
自分はラグの上にゴロゴロするからいらないっていう人でも、座椅子などは1つあると便利ですよ。
■■■テレビボード■■■
ロースタイルのインテリアに変更したら気を付けたいのがテレビボード。見る位置がいつもより低くなるので、テレビボードもロースタイルの物にするのが◎
本棚や机など、どうしても高い家具を置きたいという場合は、壁の色と同じ色にすると圧迫感がなくなります。

出典: allabout.co.jp


	

②家具の色は明るめの色

まずは下の2枚の画像を見比べて下さい。
柔らかなナチュラルカラーのベッド。ラグも床に合わせた明るめのブラウン。

出典: twitter.com

ベッド、ソファ、ラグ、ほぼ全てのアイテムを黒で統一。
1/2
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

これはマネしたい!ワンルームのインテリア画像集
yuminさん
メイクに妥協しない。究極のアイメイクシリーズ。
Sponsoredさん
小さな部屋でもオシャレに♪狭い部屋のインテリア画像集
yuminさん
賃貸やワンルームにおすすめの狭いキッチン収納アイデア
yuminさん
全身ツルスベお肌にしてみませんか!まずは「KIREIMO」で無料カウンセリング!
Sponsoredさん
一人暮らしの女の子必見♡6~8畳の狭い部屋を広く見せるレイアウト方法
hamurisuさん
【1人暮らしにおすすめ】おしゃれなベッドルームインテリア
yuminさん