読み込み中

そろそろ今の髪色に飽きてきた。夏に向けてカラートーンアップしたい。髪をできるだけ傷めずにイメージを変えたい。そんな方にピッタリなのが”ハイライト”を入れる”それだけです。知らなきゃ損、なハイライトの魅力をお伝えします!

ハイライトってどういうものなの?

ハイライトとは“効果的に明るさを出す”技術のことです。
ブリーチ剤やカラー剤を使ってベースの色よりも明るい部分を作り、自然な立体感を作ることで、全体的に軽さと動きが表現できます。ハイライトを入れる部分にしかブリーチを使わないので髪を傷めずに雰囲気を変えれます!
しかも、根元が伸びてきてもプリンが目立ちにくいのでカラーリングが長持ちします♪

どんなカラーにも合わせられる所が魅力♡

まだまだ人気の止まらない”アッシュカラー”!
グレーアッシュだってハイライトを入れると動きが出て、さらにかわいい♡
フェミニンなベージュカラーとも相性抜群◎
ハイライトで”透け感”だって作れます!
ポイントカラーの役割として毛先にハイライトを多めに入れてもかわいいですね♡

”外国人風”も簡単にできちゃう!

ブリーチを数回重ねて、白みがかったブロンドカラーを作り出すこと、以外にも”外国人風ヘアカラー”は作れます。黒に近い髪色の人でもハイライトをつければトーンは暗めでも外国人風に仕上げることは可能です!
ハイライトだけではなく、エアリー感や毛束感などの外国人風なスタイリングも取り入れることで、ぐっと外国人風カラーに近づくことができますよ♡

”グラデーション×ハイライト”が効果的!

外国人感をもっと出したいなら、断然”グラデーションカラー×ハイライト”!効果的に外国人風カラーを楽しめます♪
グラデーションカラーをするときに気を付けたいのがブリーチのダメージ・・・せっかく色味やトーンをコントロールして外国人風に染まっても、ダメージでパサパサの髪になってしまっては外国人風カラーの美しさを表せませんので注意しましょう。

	

もっと奥行きを出したいなら”ローライト”を追加して

ローライトとは“効果的に深みや奥行きを出す”技術のことです。
ハイライトの逆で、ベースカラーより暗い色味を部分的に入れて、立体感を出します。ポイント的に暗い色を入れて影を作ることでスタイルに深みや奥行きなどをあたえ、引き締まったイメージに仕上げることができます。

今すぐハイライトに挑戦したい♡


	
ハイライトの魅力は伝わりましたでしょうか?
雰囲気を変えたい方、ぜひハイライトを入れて効果的にイメージチェンジしてくださいね♡

こちらの記事もおすすめ♡

ブリーチ毛はケアしてとゅるん♡ハイトーンを楽しむ方法はコレ! - curet [キュレット]

髪色を楽しみたいならダメージはつきもの。ブリーチで傷んだ髪をケアしてとゅるん髪に変身!毎日できるケア方法をまとめました。ブリーチで思い通りの髪色をGETしたら、ケアもしっかり行いましょう◎
http://curet.jp/article/10758

    

ヘアカラーが色落ちしにくくなる方法を紹介♡ - curet [キュレット]

美容室でお気に入りのヘアカラーをしてもらっても2週間後、早い人で1週間で色落ちしてしまうのが悩みな人もたくさんいるハズ!特にブリーチ毛…そこでヘアカラーが色落ちしにくくなる方法をまとめました!
http://curet.jp/article/7060

    
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連する記事

【個性派さん必見】この夏挑戦したい”マーメイドカラー”がかわいすぎる♡
マカロンさん
1日1000個売れているフルーツ青汁で目指せ-7kg!!■初回680円
Sponsoredさん
透明感あふれる女の子に♡今は断然ダークトーンなヘアカラー
キャシーさん
ただのハイトーンじゃない!透明感も個性もあるヘアカラー♥
tunamayoさん
憧れのくびれボディをGET?!ワンコインで体験できちゃう噂の痩身エステBTB!
Sponsoredさん
生理中も注意!ヘアカラーに避ける時期があるって知ってた?
にゃんちゅう先生さん
今話題のヘアカラー♡パープルアッシュとは?色落ちしても綺麗が続く!傷んだ髪にお勧め!?
crecreさん