読み込み中
curet

関連するキーワード

フランスパンの代表格「バゲット」。パン屋さんによっては「バケット」とプライスカードに記載されているのもよく目にします。読み方のアクセントもいまいち日本では定着していませんが、正しい読み方は一体どちらなのでしょうか。

どっちの読み方が正しい?


	
みなさんはベーカリーに行った時、「バケット」と「バゲット」どちらで注文していますか?普段何気なく使っている言葉だからこそ、実は間違えていたのかもと思うと、かなり恥ずかしくなってしまいますよね。 

今回は、そんな方たちのために、どちらの読み方が正しいかをお教えいたします。
そのほか、フランスパンについてもいろいろとまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

フランスパンとバゲットの違いとは

正しい発音をお伝えする前に、そもそも「フランスパン」と「バゲット」の違いは何でしょう? 

「バゲット」は、フランスパンの種類のひとつです。他にも製法や形状が異なることで、色んな種類のフランスパンがあり、またそれぞれに名称があります。これからご紹介しますが、皆さんも食べたこと、見たことがあるものが、たくさんあるのではないでしょうか。

▶「バゲット」の特徴

「バゲット」の特徴は、長さ約70~80cm、重量300~400g前後でクープ(パンの表面の切れ目のこと)は5~7本あるもの。細長く皮の部分が多いため、皮のパリパリ感や香りが楽しめるフランスパンです。

フランスパンにはどんな種類がある?


	
「バゲット」以外のフランスパンをご紹介します。実は「パリジャン」や「バタール」、「シャンピ二ヨン」も、フランスパンの種類の名称なのですよ。

▶パリジャン

「パリっ子」を意味する、バゲットよりもひと回り大きく、太いパンのことです。長さは160~170cmと、フランスパンのなかではもっとも長いことが特徴とされています。

▶バタール

バゲットと同じ生地で作られおり、短く、太いことが特徴のパン。クープ(焼く前に入れる切り込み)も3本前後で、キメが細かく柔らかい生地(クラム生地)の、もちっとした食感が楽しめるパンです。

▶ブール

1/3

今日の人気記事

2018年の運勢を12星座占いで大発表♡何これ…当たる!
パンナさん
やらない理由がない♡貯金0円女子が全身脱毛する方法
Sponsoredさん
今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
GU新作「990ニット」は冬の着回しコーデに大活躍♡
MOMONYAさん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
イルミネーションを見ながら絶叫マシン?!冬デートで彼との距離を縮める7つの方法
curet編集部さん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
冬こそポニーテールが可愛い!簡単アレンジ3選♡
MOMONYAさん
たった30秒のひと手間で『小顔』に見せるチークメイク術♡
マカロンさん