読み込み中
curet

関連するキーワード

初夏のような陽気を感じる今日この頃。薄着の季節ですが、そうなってくると気になる脇の黒ずみ。チラッと見えて「ハッ」となることはありませんか? 今年こそ、薄着になっても気にならない黒ずみレスなお肌作りを始めましょう。

初夏のような陽気を感じる今日この頃。薄着の季節ですが、そうなってくると気になる脇の黒ずみ。チラッと見えて「ハッ」となることはありませんか? 今年こそ、薄着になっても気にならない黒ずみレスなお肌作りを始めましょう。

	

■黒ずみの原因はお肌にあるメラニン色素

『メラニン色素』という言葉をよく聞くと思いますが、人の肌の色を決めたり、有害なものから身を守るために発生します。

「日焼けするとシミになる」というのは日光に含まれている紫外線から身を守ろうとした結果、メラニン色素が過剰に反応し、シミとなってしまうのです。

メラニン色素は日焼けだけではなく、摩擦などの物理的刺激によっても活性します。

デリケートな部分は特に皮膚を守るためにメラニンの生成が盛んになります。脇は元々メラニン色素の多いエリアであり、黒ずみが目立ちやすい場所です。

メラニン色素の他にも、皮脂や古い角質などの汚れが毛穴に詰まったり、酸化して黒ずんだりすることも原因のひとつです。

(1)摩擦による刺激

体を洗う時や腕を動かす時なども脇の摩擦は起きています。気になるからといってゴシゴシ洗うのは良くありません。

(2)汚れが詰まる

毛穴に汚れが詰まって、ブツブツした脇になる方も。それはお鼻まわりの毛穴がブツブツする原理と同じです。 
お肌が乾燥していたり、新陳代謝がうまく起きていなかったりする場合に起こりやすくなります。

(3)乾燥によるダメージ

意外かもしれませんが、脇が乾燥している方は多くいらっしゃいます。お肌が乾燥することで外からの刺激や摩擦を余計に強く感じ、皮膚を守ろうとしてお肌が分厚くなったり、くすみや黒ずみの原因となります。

■毛抜きによる自己処理はNG

脇の毛を毛抜きによって処理をすることでブツブツと毛穴が盛り上がってしまいます。脇の毛は他の毛に比べて根深いけれど皮膚は繊細なので、他の場所に比べてダメージを受けやすいのです。

なので、生きている毛を無理に引っ張ったり、抜いたりする刺激でお肌が炎症し、色素沈着を起こして黒ずみの原因となります。

■自宅で出来る黒ずみケア法

自己処理はむやみやたらに行わず、剃毛の場合はお肌を傷つけないように行いましょう。

(1)毎日化粧水をつける

1/2

こちらもおすすめ

今日の人気記事

2018年の運勢を12星座占いで大発表♡何これ…当たる!
パンナさん
やらない理由がない♡貯金0円女子が全身脱毛する方法
Sponsoredさん
GU新作「990ニット」は冬の着回しコーデに大活躍♡
MOMONYAさん
カップルのみんな要注意!喧嘩をする時のNGワード♡
agenasu_ohitashiさん
たった30秒のひと手間で『小顔』に見せるチークメイク術♡
マカロンさん
冬こそポニーテールが可愛い!簡単アレンジ3選♡
MOMONYAさん
今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
イルミネーションを見ながら絶叫マシン?!冬デートで彼との距離を縮める7つの方法
curet編集部さん
本当にプチプラ?ユニクロ・GUで作る高見えコーデ5選♡
bunnyさん
プチプラなのにかわいい♡ランジェリーブランド大公開!
iamnaoさん
GU新作!ジャンボネックケーブルセーターを使ったコーデ♡
MOMONYAさん