読み込み中
curet

関連するキーワード

どんなに外見が良くても余計な一言が原因で恋が終わることも・・・
知らない間に彼をドン引かせているかもしれない言葉をまとめてみました。

・自分のことを下の名前で呼ぶ

それが許されるのは子供時代までです!
大人になってからはただの痛い女扱いされちゃいます
一人称を「私」はなく自分の名前で呼ぶのは、ぶりっこな印象がありますし、幼稚で大人になりきれていない女性と思われてしまいます。そういったタイプの女性は、たとえ外見がかわいかったとしても、男性からするとウザいと思われがちかも・・・?

・呼び方が「あんた」「てめー」「おめー」

相手を呼びかける時は「名前」で呼びかけるのが1番です◎
また、普段から言葉遣いが悪いとこういうときにボロが出てしまうので要注意!常に言葉遣いに気を付けて女子力を高めましょう♡
親しみをこめて呼んだつもりなのに、「この子、言葉遣い悪いな・・・」と思われてしまう呼び方です。
「てめー」と呼ぶことはあまりなくても、油断してると「あんたはねー」とぽろっと出てしまったりするので、要注意。男性は呼ばれ方にとっても敏感です。男性のプライドを傷つけてしまう可能性も・・・
その他にも
「やばい」「マジ」「ちょー」
などもNGだとか・・・
普通に使ってしまっていまいがちですが、少し気を付けて発言してみましょう。
これも、普段使っていると口からつい出てしまう言葉ですが、言葉遣いが悪いと思われるだけでなく、語彙が少なく頭が悪いと思われてしまう可能性があります。言い換える時には、「やばいくらいどうなのか」を考えてみましょう。やばいくらいに面白いなら、「面白い」。やばいくらいに美味しいなら、「美味しい」と言い変えてみましょう

・「何でもいいよ」

「何食べたい?」「何でも良いよ」「じゃあラーメンでいい?」「えー、ラーメンはヤダ」
このような会話をしたことはありませんか?

男性の選択が原因であるケースもあるかもしれませんが、「何でもいいよ」と言っておきながら、男性が提案したことに文句を言うのは、あなたに対する印象とその場の空気を悪くするので要注意!
男性を気遣える女性としては、何個か選択肢を提供してあげることも大切。
また、たとえ本当になんでも良かったとしても「麺類以外がいいな」や「○○くんは何が食べたい?」など、彼が困らない返答を心がけましょう。

・「元彼とそっくり!」

今彼と元彼を比べるのは絶対にダメ!!
男性は、過去・現在・未来関係なく、自分の彼女が自分以外の男性と一緒にいるところを想像することを楽しいと思いません!しかも、その相手があなたと交際歴のある男性だとしたら尚更。

彼と他の男性を比較しても問題のない言葉があるとするなら、「これまで出会ったどんな男性より、あなたが一番!」
この一言に尽きます。

・何でも「かわいい」

1/2

今日の人気記事

今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
やらない理由がない♡貯金0円女子が全身脱毛する方法
Sponsoredさん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
イルミネーションを見ながら絶叫マシン?!冬デートで彼との距離を縮める7つの方法
curet編集部さん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
「好きなタイプは?」と聞かれた時のモテる神回答例5連発♥
sotohaneさん
色診断で選ぶプチプラリップ♡あなたに似合う色は何色?
ウニさん
知らないと恥ずかしい『家事』のやり方【基本編】♡
ウニさん
ナチュラルメイクは眉毛から♡正しい書き方を習得しよう!
MOMONYAさん