読み込み中
curet

関連するキーワード

暖かくなるとカラーメイクをしたくなるもの。ブルーのアイシャドウは、夏のコスメと思われがちですが、実は春にも使えるのです。またブルーは、今季のトレンドカラーでもあるので、今年の春は柔らかなブルーカラーを目元に取り入れてみま […]

暖かくなるとカラーメイクをしたくなるもの。ブルーのアイシャドウは、夏のコスメと思われがちですが、実は春にも使えるのです。またブルーは、今季のトレンドカラーでもあるので、今年の春は柔らかなブルーカラーを目元に取り入れてみませんか? 今回は、ブルーの選び方のポイントや、取り入れからをご紹介します。

	

■ポイントはブルーのカラー選び!シアーなものがベスト


	
ターコイズブルーのような「The・ブルー」といっ鮮やかなた色合いは、夏を想起させてしまいますので、春にはあいません。この季節は、シアーな発色のブルーアイシャドウを使うのが◎。

また、ベージュアイシャドウと組み合わせて使うのもおすすめです。
シアーなブルーをまぶた全体に塗っても良いですが、主張が強くなってしまって抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、ベージュアイパレットのハイライトカラー、ミディアムカラーを使ってグラデーションを作った後で、目尻1/3のみにブルーアイシャドウをオンしましょう。ブルーアイシャドウを入れる縦幅は、二重幅よりも若干太めになる程度。こうすると、優しい印象の春らしいブルーメイクができます。

ダークカラーはあえて使いません。目元を引き締めるのはアイラインのみにして。このアイラインも、漆黒のものを使ってしまうと柔らかい印象が台無しになってしまうので、ブラウンのペンシルアイライナーを使ってまつ毛の隙間を埋めていきましょう。これで優しい印象を残したまま、引き締め効果も出すことができますよ。

さらに、下まぶたにハイライトを入れるのも効果的。ホワイト系でパールが入ったハイライトを涙袋に入れてみて。澄んだ目が印象的なメイクに仕上がります。

■チークとリップも柔らかさを重視すると春らしさアップ


	
目元にブルーを入れたときは、チークやリップといった他のポイントメイクも春を意識してみましょう。顔全体のバランスで春らしさを表現するのです。

優しい色使いを重視したいので、チークとリップもシアーな発色のものを選んでください。どちらも青みピンク系にすると春っぽさが出て、統一感も表現できますよ。
チークは頬骨に沿ってサッと一ハケ。ほんのり色付く程度が目安です。楕円状に塗ると子どもっぽくなりにくいですよ。
リップはパール入りのルージュを使いましょう。ブラシ塗りをするとカチッと感が出てしまうので、ラフに直塗りをしてください。塗りムラができないように注意してくださいね。

■アイメイク重視だけど他のパーツも気を抜かず!

ブルーアイシャドウは印象深いものです。シアーながらも目を引くので注目の的になるかもしれません。

メイクは顔全体のバランスが大切です。アイメイクのみ春らしく施しても、他のパーツメイクで雰囲気を変えてしまったら台無し……。チークやリップメイクも春を意識したものにしましょうね。

トレンドカラーであるブルー。難しいと思っていた方も、ぜひこのメイクレシピでチャレンジしてみませんか? いつもと違った春メイクで、気分もごきげんになれるかも。


(美容ライター・西田 彩花)
1/1

こちらもおすすめ

今日の人気記事

今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
やらない理由がない♡貯金0円女子が全身脱毛する方法
Sponsoredさん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
イルミネーションを見ながら絶叫マシン?!冬デートで彼との距離を縮める7つの方法
curet編集部さん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
「好きなタイプは?」と聞かれた時のモテる神回答例5連発♥
sotohaneさん
色診断で選ぶプチプラリップ♡あなたに似合う色は何色?
ウニさん
知らないと恥ずかしい『家事』のやり方【基本編】♡
ウニさん
ナチュラルメイクは眉毛から♡正しい書き方を習得しよう!
MOMONYAさん