読み込み中

似合うリップ選びをしてみましょう。好きなリップカラーを買ってみても、付けてみたら似合わなかった!ということもありますよね。いつもヌーディなカラーでごまかしている方も、この機会に肌に合う色を知ってみましょう。

リップの色が分からない~

出典: www.cosme.net

自分に合うリップの色ってなかなかわかりにくいですよね。気に入った色がそのまま肌になじむとも言えませんし。

30代になるとピンクが合わなくなる!

10代や20代など若いうちはピンク系のリップが似合っていたのに、30代に入ると急に似合わなくなることも多いみたい。
20代のときは白くてピンクっぽい肌でも、年を重ねるとくすみやシミが増え、少し黄色みのある肌になりがちです。肌の色は年齢とともにくすんで明度が低くなる傾向があるので、肌よりも明るい口紅を塗ると、以前は似合っていたピンクの口紅が浮いて見えてしまいます。
出典: http://wooris.jp/archives/67953
絶対失敗したくない口紅選び!ポイントは「肌色基準」にあった
30代くらいだと井川遥さん風のリップカラーもいいですね。ヌーディなカラーやオレンジ系が似合ってきます。
リップグロスでツヤを出しながら、オーバー気味に書いてふっくらとさせた口元が色っぽい。
綾瀬はるかさんの大人カラーも参考にしてみたい。大人だからこそ似合うカラーです。彼女の肌は白く透明感があるから、真っ赤なルージュも似合います。

小麦色の肌に似合うリップ

出典: love-mineral.jp

日焼けした肌や黄色い肌にはオレンジ系がよく似合います。元気な印象を出したい時にはオレンジ系がおすすめです。
健康的な小麦肌の方は、白肌の方が苦手とする色が得意です。たとえばオレンジやブラウンは小麦肌に馴染みやすく、キレイに発色してくれます。ラメやパールの入った口紅はゴージャスさをプラスしてくれます。
出典: http://wooris.jp/archives/67953

出典: bg-mania.jp

リップのカラーひとつでこんなにも印象が違う。肌に合うカラーであるかが選ぶポイントになります。手の甲に塗って浮かないか確かめたり、実際に口に塗ってから選ぶのがベターです。
肌が黄みがかっていたら「オークル系」、ピンク色に寄った色だと「ピンク系」です。オークル系の肌の人は、オレンジがかったピンクや赤レンガ色が似合います。ピンク系の肌の人は、ローズピンクやワイン色が似合います。判断するときは、自分が好きな色かどうかではなく、あくまで顔色がどう見えるかで判断しましょう。
出典: http://bg-mania.jp/2011/11/04022568.html

今風になれるリップカラー

出典: www.meiku.me

リップのカラーに迷ったら、ナチュラルな雰囲気が出やすい色つきリップを選ぶという方法も。
40歳を過ぎて唇に色がないと顔が沈んで見えるようになりました。
口紅と言っても真っ赤や濃いピンクは服装に合わないので、
赤みのあるベージュを使います。
濃い色の口紅はベージュの下地に塗って色味を足すのに使っています。
口紅を使うほどでも、という日は若い子が使う色つきリップです。
1本で済むし、案外いいですよ。
出典: http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0304/646538.htm?o=0&p=2
口紅って塗りますか??(2) : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連する記事

キャンメイク新作ティント♡リップティントジャムが10/3に発売♡
pikapikaさん
飲んでから12日で-7kg!?モデルが愛用するスムージーとは?
Sponsoredさん
青みピンクメイクで透明感のある旬な顔になる♡
yryr000さん
血色メイクのやり方をマスターして愛されセクシー女子に♥
yryr000さん
自分をスキになるって、意外とカンタン【ALICEY】
Sponsoredさん
じめじめした季節のメイク崩れ防止方法3選
yryr000さん
もっと早く知りたかった!簡単にクマを消す赤リップの使い方♪
mmmintさん