読み込み中

サンフランスシスコ生まれのキャンディーメーカー、”Lollyphile”のロリポップキャンディが今話題なんです!ビール味や母乳味、中にはマーメイド味まで。想像のななめ上をいく度胆をぬくようなフレーバーが勢ぞろい!今回は、気になる”Lollyphile”のロリポップキャンディのについてのまとめです☆

小さいころ大好きだった棒付きのロリポップキャンディ♪そのキュートな見た目はいつの時代だって子供たちに大人気なキャンディです。
アメリカ、サンフランシスコ生まれの”Lollyphile”というキャンディーメーカーが生み出のは、やたらアバンギャルドなロリポップキャンディ。イチゴやバナナといったふつうにおいしそうなフレーバーもあるのですが、中にはとんでもなくエッジのきいた今までの人生で食べたことのないロリポップキャンディが勢ぞろいなんです!

【”Lollyphile”キャンディ】みんなが楽しめるお酒フレーバー!

ビールフレーバーはなんとこだわりの3種類!!!スタウトビール味、IPAビール味、ラガービール味がそろっています。食べ比べしてみたい!
爽やかなグレープフルーツの風味のソルティドック味。
透き通るグリーンが魅惑的なこちらは、日本ではなかなか見かけることのないアブサンというハーブ系のリキュール風味のロリポップ。
ワインフレーバーも気になりますね。アルコールフレーバーといえども、実際にアルコールは使われてないので二日酔いの心配はなし!子供も安心して食べることができます。
ストロベリーバジルモヒートはふつうにおいしそうな予感♪

【”Lollyphile”キャンディ】おつまみには、ピザ味のロリポップはいかが?

ピザ味は、まるでほんもののピザがそのまま溶け込んだような色合いのロリポップキャンディは味の方も忠実に再現されているのだとか!

【”Lollyphile”キャンディ】4人のママの傑作!母乳フレーバー

母乳フレーバーのロリポップキャンディは「泣き叫ぶ赤ちゃんを落ち着かせて幸せにする力を持つなんて、よっぽど美味しいのだろう。ならば、その味を再現しなければ」というオーナーのダーリングさんの思いによって開発されました。
気になる原材料はすべてヴィーン(純菜食)で実際の母乳は使われてられてないのだそう。ただ味を再現する際に、本物の4名のママさんの協力を得て作られたのだとか。ダーリングさんいわく、キャンディの味は「甘いアーモンドミルク」らしい。

【”Lollyphile”キャンディ】想像できない〇〇〇フレーバー!

パーティーガールというタイトルのフレーバーは、お誕生日ケーキのアイシングのような甘いキャンディなのだそう。かわいいネーミングなのでパーティー時に配りたくなりますね!
驚きのマーメイドフレーバー。トロピカルなカクテルのようなフレーバーなのだとか!マーメイド味、試してみたいですね♪

”Lollyphile”のウェブサイトのカメラワークが最高!

”Lollyphile”のオンライン販売ページでは、キャンディをシチュエーションごとに合わせた写真の数々が公開されています。
そして”Lollyphile”のインスタグラムは、オンラインページのオフショットが満載でアバンギャルドな雰囲気のお姉さん、お兄さんがキャンディ片手に登場。見ていてとっても楽しいのです。
1/2
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連する記事

【2015年最新版】絶対に行きたい!日本初上陸グルメまとめ!
yryr000さん
乗りかえ満足度驚異の92%!予約が取りやすい全身脱毛サロン「KIREIMO」!
Sponsoredさん
オレオがキャンバス☆つまようじ1本でつくる『オレオアート』がすごい!
fruits milkさん
世界のおしゃれなワンちゃん大集合!犬スタグラムを覗いてみよう♪
Mameraさん
元あいのりメンバーも絶賛!飲むだけで炭水化物が溶ける方法が凄すぎw
Sponsoredさん
天使の目玉焼き♡アメリカ発のエッグインクラウドのアレンジレシピ♡
fruits milkさん
旅行がお仕事♡プロトラベラーのインスタグラムに目が釘付け!
hamurisuさん