読み込み中
2016.11.17
{{favoritesCount}}

痩せるために昼食を手作り弁当に変えたあなた。実は手作り弁当には太る要因も含まれているんです!今回は、そんな手作り弁当の太る理由と、手作り弁当をヘルシーにするための工夫をご紹介します!

ダイエットのためにヘルシーな手作り弁当を!と考えて、手作り弁当を始めた方は多いのではないでしょうか。
でも手作り弁当って本当は太る原因にもなり得るんです!

手作り弁当が太る原因に!?

手作り弁当がヘルシーだと思ったら大間違いです!あなたが作ったお弁当、実は高カロリーだったりしませんか?
自分で自由に作れる手作り弁当は、ついつい好きなものをたくさん入れてしまいがちで、知らないうちに高カロリーなお弁当になっているかもしれません。

手作り弁当はお弁当箱にも太る理由が!

大きいお弁当箱を使うと必然的におかずをたくさん詰めてしまうので、食べる量も多くなってしまいます。
お弁当の容量はカロリーに相当すると言われており、例を挙げると800mlのお弁当箱いっぱいにおかずを詰めると800kcalになると言われています。

手作り弁当を二段弁当にすると太る!?

二段のお弁当箱を使っている人は、一段目がおかずで二段目がご飯にしているパターンが多いですよね。
実はお弁当箱にご飯を詰めると、お茶碗二杯分くらいになってしまうんです。

手作り弁当が太る理由はおかずにも!

おかずに唐揚げやコロッケ、メンチカツなどの冷凍食品を使っていませんか?
実はこれらの冷凍食品は、予想以上にカロリーが高いです。2品以上入っている場合は、カロリーを摂りすぎてしまうため、1品に減らしましょう。

手作り弁当で太るのを防ぐためには?

手作り弁当で太るのを防ぐために、まずはお弁当箱を容量が400~450mlのものに変えましょう。
浅くて面積の広いお弁当箱は満足感がアップするのでオススメです。
また、ついつい多めに入れてしまうご飯は量を半分に。白米を玄米や雑穀米にするのもヘルシーになって良いです。
いかがでしたか?あなたの手作り弁当にも当てはまるものがあったのではないでしょうか。
一度お弁当の内容を見直して「痩せられるお弁当」を作るように心がけてみてはいかがでしょうか。
1/1

こちらもおすすめ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡