読み込み中

美容やダイエットのために積極的にサラダを食べる人は多いと思いますが、種類や食べ方次第では逆効果になってしまうことも!サラダをたくさん食べているのに、やせるどころか太ってしまう...そんなことがあり得るのです。

太るサラダ

●ポテトサラダ

じゃがいもが主体となっているポテトサラダは高カロリー!


じゃがいもは熱に強いビタミンCを含み、食物繊維も多いなど栄養価は高いものの、野菜の中では糖質が高く、しかもマヨネーズをたっぷりと和えるので脂肪も多く摂ることになり、糖質+脂肪の組み合わせなので、サラダなのにまったくヘルシーではありません。

ダイエット向きのポテトサラダを作るなら、じゃがいもの量を減らし、おからを替わりに入れてみてください。

つぶしたじゃがいもと食感が似ているので、ポテトサラダの雰囲気はある程度保ちつつもカロリーダウンさせ、しかも食物繊維をしっかりと摂ることができます。

おからを使うとパサつきが気になるので、スライスして塩もみをしたきゅうりをたっぷり加えると、食感が気にならなくなります。

マヨネーズはカロリーハーフのものや、豆乳マヨネーズで代用すれば更にカロリーオフすることができます。
●かぼちゃサラダ

かぼちゃ自体は栄養価が高く、ビタミンが豊富なので美容に良い食べ物。

でも、"サラダ"としてモリモリ食べてしまうと当然カロリーオーバーになってしまいます。

じゃがいも同様、糖質が高いためです。

しかもマヨネーズで和えるのですから、糖質+脂肪で太る要素が満載です。

食べるなら箸休め程度の量に留めておきましょう。
●春雨サラダ

春雨=低カロリーでヘルシーというのは大間違い!
実際は、炭水化物(糖質)が主成分なので、決して低カロリーなヘルシーフードではありません。

市販のスープ春雨低カロリーなのは、春雨の量自体が少ないというだけのこと。

しかも、春雨サラダに使われるドレッシングには砂糖や油が多めですので、ダイエットに向いているとは言い難いです。

どうしても食べたい場合は、市販のものを購入するよりも、自分作りましょう。

油を控えめにしポン酢で味付けをするなど、なるべくカロリーオフをして作るほうがダイエット向きにはなります。
●マカロニサラダ

パスタの一種であるマカロニがメインですので、これをサラダと呼ぶのはちょっと違いますよね。

野菜はごく少量しか入っていませんし、明らかにダイエットには不向きです。

サラダとはあくまでも名ばかりで、これは炭水化物(糖質)です。

副菜として食べるのであればまだ良いですが、量はごく控えめにしておきましょう。
●ツナサラダ

ツナ自体はまぐろのフレークなので、低脂肪・高タンパクなので問題はないのですが、オイル漬けの缶詰は高脂肪です。

おまけに、マヨネーズで和えることがほとんど。

余計な脂肪分を摂り過ぎてしまいますし、肝心の野菜の量が少ない場合すらあります。

せめてノンオイルのツナ缶や、カロリーハーフのマヨネーズや豆乳マヨネーズなどを使って、なるべく脂肪分を減らしましょう。
●コーンサラダ

とうもろこしの粒をマヨネーズやコールスロードレッシングで和えたコーンサラダは、糖質+脂肪が主体。

箸休めにはちょうど良いと思いますが、ヘルシーなサラダだと思って食べていると太ってしまう可能性があります。

画像のように、キャベツも和えればヘルシー度はアップします。
●ドレッシング

市販のドレッシングには、質が良いとは言い難い油分がたっぷり使われていたり、ノンオイルであっても人工甘味料が使われていることが多々あるため、選ぶ際には表示をよく見るようにしましょう。

カロリーは、市販のもので大さじ1あたり約10kcal~90kcal程にも上るものがあり、ドバーっとかけてしまうと、とても高カロリーなサラダとなってしまいます。

これではヘルシーとは言えません!

中でも、シーザードレッシング、サウザンアイランド、フレンチ、ごまドレッシングなどの、濃厚でクリーミーなタイプは脂肪分が高く、比例してカロリーが高いです。

マヨネーズに至っては大さじ1で100kcalですから、健康やダイエットを考えるなら避けるか、せめてカロリーハーフを選ぶようにしましょう。
脂肪分の摂り過ぎはよくありませんが、油にはビタミンの吸収を助けるなど、体に有用なはたらきもあります。ここで大切なのは油の質です。市販のドレッシングの油よりも、オリーブオイルや今話題のアマニ油、ココナッツオイルなどのほうが質が良く、ダイエットに向いています。こうした油を使って、ドレッシングを手作りできるとベストです。適量の油は体に必要です。
出典: https://microdiet.net/diet/000867.html

やせるサラダ

野菜をたっぷりヘルシーに食べるためのサラダのはずなのに、全然ヘルシーじゃないものをモリモリ食べていては、確実に太ります。

サラダは具材・ドレッシング・調味料がすべてです。

これらを踏まえ、美容に良いサラダの食べ方をご紹介します。
●レタスは種類によって栄養価が違う!

同じレタスの仲間でも、食べるなら玉レタスよりもサニーレタス、グリーンリーフ、サラダ菜がおすすめです。

玉レタスは淡色野菜で突出した栄養素はありませんが、サニーレタス・グリーンリーフ・サラダ菜は緑黄色野菜に分類され、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、肌のコンディションを整えるなどの効果があります。

レタス以外の葉物なら、水菜やサラダほうれん草も栄養価が高くサラダに適しています。
●生野菜だけでなく、温野菜も取り入れる

生野菜は体を冷やしやすいので、温野菜も取り入れて、体を内側から温めましょう。

加熱することでかさが減り、生野菜よりもたくさん食べられるのも、温野菜の良いところ。

ビタミンの流出をなるべく防ぐには、茹でるよりも蒸す方がベター。

蒸し器がない場合は、普通の鍋で"蒸し煮"にすると良いです。

鍋に水を2~3センチほど張り沸騰させ、そこに野菜を入れふたをします。強火で加熱し、例えばブロッコリー1株なら3分前後の加熱でOKです。

ブロッコリー、アスパラガス、キャベツ、にんじん、スナックえんどう、空豆、かぶ、れんこん、きのこ類など、温野菜に適した野菜は栄養価の高いものばかり。

いも類やかぼちゃも温野菜サラダの定番ですが、糖質が高いので、量は少な目にしておきましょう。
●トッピング

トッピングはサラダの食べごたえや栄養価をアップさせてくれる上に、満足度も得られます。

海藻やキノコ類・・・低カロリーで食物繊維が豊富。腸内環境を整えるには欠かせませんね♡
噛みごたえがある点でも優れています。

蒸し鶏、冷しゃぶ、豆腐、ハム・・・美しくダイエットをするために必須の、低脂肪で良質なタンパク質を摂ることができます。冷しゃぶは赤身の豚もも肉を選びましょう。ゴマドレッシングよりもポン酢なら脂肪を抑え、カロリーを低めにすることができます。

じゃこ、ナッツ・・・食感が良くなるだけでなく、うま味が増す効果もあります。歯ごたえのアクセントにもなり、あっさりしたドレッシングでも飽きずに最後まで食べられます。ダイエット中に不足しがちなカルシウムをはじめとするミネラルの補給にもなります。
●ドレッシング

市販のドレッシングには、欧米で規制されている「トランス脂肪酸」が多い商品もあります。

もちろん、そうではない誠実に作られている商品もありますが、値段が高いのが少々ネック。

ヘルシー素材を使って手作りをしてみましょう。
【超簡単!基本のドレッシング】
お好みのオイル(オリーブオイル、アマニ油、液状になったココナッツオイルなど。サラダオイル以外) 100cc
白ワインビネガー 30cc 又はバルサミコ酢 30cc 又はポン酢50cc
塩又はハーブソルト、こしょう 適量
材料を合わせ、よく混ぜるだけでできあがりです。生野菜のサラダによく合います。
出典: https://microdiet.net/diet/000867.html
このドレッシングは様々な野菜に合うので、ぜひ試してみてくださいね♡

ダイエット中のメインメニューにチョップドサラダがおすすめ! - マイクロダイエットネット(microdiet.net) -

...
https://microdiet.net/diet/000942.html

1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

1週間でOK♡まいたけダイエットの効果とやり方
hellomikityさん
メイクに妥協しない。究極のアイメイクシリーズ。
Sponsoredさん
栄養満点で低カロリー♡ベビーフードがダイエットに効果的!
hellomikityさん
1年で-12キロ痩せ!谷川りさこちゃんのダイエットがすごい♡
mmmintさん
全身ツルスベお肌にしてみませんか!まずは「KIREIMO」で無料カウンセリング!
Sponsoredさん
夏はもうすぐ!気になるお腹周りが痩せるための3つのダイエット方法
pikapikaさん
脱ダイエット!憧れの【太りにくい身体】の作り方5つ
samehadaさん