読み込み中

関連するキーワード

誰かを好きになって恋をすると夢中になってその人のことばかり考えてしまう事ありますよね。その人以外のことが全く目に入らなくなったり理性を失ってしまったり、「恋は盲目」になってしまった経験のある方は多いのではないでしょうか。何故恋をすると盲目になってしまうのでしょうか。今回は恋は盲目のメカニズムと盲目的な恋をしやすい女性の特徴やそんな恋から抜け出すためのポイントをまとめています。

恋は盲目とは

出典: ure.pia.co.jp

誰かを好きになって恋をして、そしてその大好きな人のことで頭がいっぱいになって、仕事も手につかなくなってしまった経験をした事のある人は多いのではないでしょうか。恋は盲目とはこのような状態のことを言いますが、時にはその人の事でいっぱいになるのも恋の醍醐味なのかもしれません。

しかし、盲目になっているときは自分自身とても苦しい状態であることもありますよね。どう考えても大事に扱われていないのに自分の都合の良いようにとらえてしまったり、自分の感情も上手くコントロールできていないことが多いと思います。

盲目的な恋をしてしまう人ほど恋も長続きしない傾向にもあるようです。

何故恋をすると盲目になるのか

恋をすると人の脳内では脳内麻薬と呼ばれるドーパミンが大量に分泌されているそうです。このことは脳科学でも明らかになっているようです。

このドーパミンは、幸福感や快感を上昇させるホルモンです。脳がコカインなどの薬物を使用したときと同じような状態になるそうです。このドーパミン分泌されるとテンションも高くなり、相手の良い所が強調されて見えるという特徴もあるようです。

逆に言うと相手の欠点を見えにくくしてしまうという効果があるそうです。好きになると、その人の事がどんどん素敵に見えてくるというのはこのドーパミンが関係しているようです。

恋は盲目の最新トレンド

恋をするとアドレナリンも分泌される

出典: tabplat.com

恋をしているときは戦うホルモンといわれるアドレナリンが増強されます。アドレナリンのホルモンの作用によって、心臓はドキドキを増してきて手には汗をかいてくるのです。

このホルモンの作用によって冷静さを欠いてしまい、落ち着きのなさが出てくるようです。このような状態で相手を冷静に見極めるのは難しいかもしれませんね。恋が盲目になってしまうのはこのような脳の働きが大きく影響してしているのです。
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するキーワード

関連するまとめ

人が恋愛をしているときに体にはどんな化学変化が起こっているのか?
tianyaqikeさん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん