読み込み中
2016.08.29
{{favoritesCount}}

関連するキーワード

ベールの使いが時にウエディングドレスのライトポイントになり、花嫁の美しさを修飾する機能も持ち、なければいけない重要なアクセサリーと認めます。

大聖堂ベール

大聖堂ベール「CATHEDRAL」は最も長い、正式的な一品で、昔は王女や妃のような王室背景の人しか纏めないですから、クラシックで品のある印象が溢れる。その長さとバランス為、余計な飾りは遠慮してくださいね。

出典: www.onewed.com


	

マリアベール

純潔な聖母マリアが被るスタイルで「マリア」の名と呼ばれる。ハーフの顔をレースで隠し、神聖で大人しい雰囲気満々♥

バードケージベール

60年代にバードケージベールはまさに貴族階層の象徴で、特別な気品が今まで見ても時代遅れな感じがしない。

ミディアムベール

ミディアムベールのレングスはほぼチェストまで達し、花嫁の頬紅をちょうど隠す長さで、海外にも「BLUSHER」頬紅と呼ぶのようです。
良いベールがウエディングドレスの気品を大幅に高めるから、自分の好みだけじゃなくて、ウエディングドレスとベールを揃えて見ないと、実際に似合うかどうかが分からないよ~
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するキーワード