読み込み中

化粧品コーナーでファンデーションを選ぶとき、種類が豊富過ぎてどれがいいかわからない!結局なんとなくこれでいいや~、と適当なものを選んだりしていませんか?「色の白いは七難隠す」という言葉のとおり、きれいな肌の色は女らしさのつよ~い武器!自分に似合うファンデーションの見分け方を知って、美しい肌を手に入れよう♡

出典: data.whicdn.com

化粧をするにあたってファンデーションのカラーはすべてのベースとなります。今使ってるファンデーションほんとに自分に合う色??自分に似合うファンデーションの見分け方教えちゃいます♡

【ファンデーションの見分け方】フェイスカラー、イエローベースとブルーベースの違いって?

出典: data.whicdn.com


	
イエローベースとブルーベース。ファンデーションを選ぶにあたってよく耳にする言葉ですが、自分の肌の色がイエローベースとブルーベース、どちらに当てはまるか知っていますか?
ブルーベースとは青みを帯びた爽やかな肌色のこと。頬の色はローズまたはピンク系で、欧米人に多い肌色指します。一方イエローベースとは、黄みの強い温かみのあるイメージの色です。頬の色はピーチまたはベージュ系。日本人に多い肌色になります。

出典: data.whicdn.com


	
◆ベースカラーの見分け方◆
自分のベースカラーがよくわからない方は手をギューっと握って開いてみましょう!
ブルータイプの人は手のひらが青っぽい赤になります。
イエロータイプの人はサーモンピンクに近い赤になります。

【ファンデーションの見分け方】ファンデーションカラー、ベージュとオークルの違いって?

出典: data.whicdn.com


	
次にファンデーションの色味の違いを知っておきましょう。こちらもよく耳にする言葉ですが、ベージュやオークルってどう違うのでしょう?

出典: data.whicdn.com


	
オークルはフランス語で黄土色という意味で、ピンクとイエローの中間の色という感じ。ファンデーションの色の中で、赤みがあるものや、ピンクがかったカラーは大きく分けるとオークルに含まれます。

出典: data.whicdn.com


	
ベージュはオークルに比べてよく耳にする言葉なのでイメージしやすいですね!ベージュはオークルに比べて黄みがかった印象が強いカラーのことを言います。
つまりオークルは赤みより、ベージュは黄みよりのカラーだということ!

出典: hadalove.jp

表にしたものを見るととってもわかりやすいですね。オークルより赤みが強いものをピンクオークル、ピンクと呼んだりもします。

【ファンデーションの見分け方】ベージュとオークル、肌色に合わせて選ぶなら?

出典: hadalove.jp

●イエローベースにはピンク系のカラー
顔色が悪く見えがちなこちらのタイプ。肌になじみやすいとされるピンク系カラーのファンデーションを使うと顔色がぱっと明るくなりますよ♡ベージュ系のカラーはよけいにくすんで見えてしまうので気を付けて!

出典: hadalove.jp

●ブルーベースにはベージュカラー
ブルーベースの方がピンク系を選ぶと、時間が経つにつれファンデーションの色が浮いた感じになってしまいがち!ベージュ系のカラーを使えば、引き締め効果もあり、すっきりした印象に♪

出典: hadalove.jp

●色黒さんにはオークル系+ピンク系カラー
オークル系のカラーだけだと、時間が経つとくすんだ印象になり、次第に疲れたような肌に見えてしまいがち…。まず薄めにオークル系カラーをつけてから、ピンク系のカラーを上に重ねましょう!どんよりとならずにパッと明るい印象に♡

出典: hadalove.jp

●中間色の方にはオークル系カラー
黄みっぽくもあり赤みもある、そんな中間色の肌色のかたにはナチュラルカラーがおすすめ。ただ時間が経つと、皮脂とファンデーションの油分が混ざることで、肌の色が濃く見えてきてしまいがちなので、化粧直しの時はピンク系のカラーや薄いベージュ系のカラーを使うといいかも!

出典: hadalove.jp

●顔に赤みがある方にはベージュ系のカラー
顔の赤みが気になるかたにはベージュ系のカラーがいいでしょう。べージュ系のカラーを使うと、顔の赤みが抑えられ、透明感のある肌に見せてくれます☆

失敗しないファンデーションを選ぶときのポイント

出典: data.whicdn.com


	
【ファンデ選びのポイント①】フェイスラインに近い色で
ファンデーションを選ぶ際によくやってしまいがちなのが、テスターを手の甲につけて色を見比べること。手の甲と顔の色は違うので、ファンデの色を試す時は、顔とあごの境界にあるフェイスラインにテスターをつけて、色合いを見るようにしましょう!

出典: data.whicdn.com


	
【ファンデ選びのポイント②】なるべく明るい照明の下で
ファンデーションの色を選ぶ際の環境として一番いいのが、太陽光の下で色味を確かめること!ただお店の中で難しい場合もあるので、なるべく明るいライティングの状況下で色を見るようすると◎

いかがでしたか?

出典: data.whicdn.com

自分に似合ったファンデーションの見分け方を知っていれば、顔の印象も大きく変わります。あれ?前よりきれいになったね!なんて言われちゃうかも♡ぜひ参考にファンデーション選んでみてくださいね♡
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

発色◎ツヤ感◎コスパ◎エレガンスクルーズのアイシャドウが最高♡
pikapikaさん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん
女子のマストアイテム♡意外と知らないボディミストの正しい使い方!
panさん
SABONから初コスメ登場!リッチリップグロスをいち早くゲットして♡
tunamayoさん
乗りかえ満足度驚異の92%!予約が取りやすい大人気脱毛サロン「KIREIMO」!
Sponsoredさん
【新作】続々とコスメブランドから秋のコスメが登場♡
パセリさん
ベースメイク、もう崩さない!汗や皮脂に負けないためのスキンケア方法♡
kirimiさん