読み込み中
curet

関連するキーワード

夏は冷房による冷えや、紫外線など、意識していないと美容に悪影響を及ぼすことも。ついつい夏にやってしまいがちなNG習慣。知らないうちにおブスを招いているかも‥。知って気を付けたい、夏のNG習慣と対策をまとめました!

【夏のNG習慣】冷たいものの飲みすぎ、食べ過ぎ

暑~い夏は、ついついキンキンに冷えたドリンクやアイスなど、冷たいものを摂ってしまいがち。
しかし、冷たい飲み物ばかり飲んでいるとお腹が冷える上に、心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなってしまいます。

出典: weheartit.com

暑いからといって、体の中から冷えてしまうと代謝が悪くなり、むくみの原因にもなってしまうのです。
ドリンクは常温のものにするなど、冷えない工夫をしましょう◎
生野菜を食べ過ぎるのも、身体を冷やす原因になってしまうので気を付けて。

【夏のNG習慣】さっぱりした食事・カロリー制限

夏は食欲も落ち、さっぱりした食事を選んだり、海やプールに向けてカロリー制限をする方も多いはず。
しかし、過度な食事制限やカロリー制限は栄養バランスも悪く、体を冷やす原因になってしまいます。
食欲が落ちているときには、野菜などがたっぷり入った味噌汁やスープなどがおすすめ◎
胃腸を温めることで代謝がアップし、夏バテの症状も緩和、食欲増進にも繋がります。
美容のためには、栄養バランスをしっかり考えた食事を心がけましょう♡

【夏のNG習慣】シャワーだけで済ませる

夏は暑いからと、シャワーだけで済ませてしまいがち。
夏の身体は、クーラーや冷たいドリンク、アイスなどで思っている以上に冷え切っています。
夏こそ、湯船にしっかり入って、身体を温めて代謝アップしましょう!

出典: weheartit.com

身体の冷えは、肌のターンオーバーも低下し、肌荒れの原因にもなってしまうので要注意。
短時間で身体を温める入浴法がおすすめです◎

1度でジョギング1時間のカロリー消費!「35入浴」で痩せ体質に♡ - curet [キュレット] まとめ

何もしなくても痩せている子あの子との決定的な違い。それは、体質の問題かも‥!まずは湯船につかることから始めましょう。「35入浴」は、1度でなんと300カロリーも消費できちゃうのです!35入浴で痩せ体質になっちゃおう♡
http://curet.jp/article/11989

    

夏もキレイを保つために♡

ダイエット中だからといって、タンパク質を制限していると体が冷えやすくなってしまいます。
肉・魚・豆類などには、たんぱく質が豊富に含まれているので積極的に摂るようにしましょう。
ダイエット中でカロリーが気になる場合は、低脂質で高タンパクな豆類がおすすめです◎

出典: weheartit.com

職場環境など、エアコンの温度を調節するのが難しい場合、必ず上着を持ち歩くようにしましょう!
移動中の電車やバスの中も冷えていることが多いので、外出時は1枚持っていると◎

出典: weheartit.com

クレンジングやボディケアは念入りに行うようにしましょう。
夏は落ちにくい日焼け止めを使ったり、皮脂量が増えたり、普段よりも念入りに落とすことを心がけましょう!
落とし切れずに汚れが残っていると肌トラブルの原因になります。
また、保湿をしっかりすることで日焼け対策にも◎
1/2

今日の人気記事

今年の冬もタートルが着たい!!最新タートルコーデはコレだ♡
crecreさん
やらない理由がない♡貯金0円女子が全身脱毛する方法
Sponsoredさん
2018年の運勢を12星座占いで大発表♡何これ…当たる!
パンナさん
アイラインは目尻で印象がぐんと変わる♡簡単書き方講座
MOMONYAさん
彼女に着てほしい♡冬のコートのタイプ別モテコーデ3選♡
osushiさん
イルミネーションを見ながら絶叫マシン?!冬デートで彼との距離を縮める7つの方法
curet編集部さん
絶対失敗しない!年上彼氏が喜ぶクリスマスプレゼント7選♡
crybaby92さん
冬デートの持ち物リスト♡モテ女必携の三種の神器教えます♡
ringoさん
色診断で選ぶプチプラリップ♡あなたに似合う色は何色?
ウニさん
「好きなタイプは?」と聞かれた時のモテる神回答例5連発♥
sotohaneさん
知らないと恥ずかしい『家事』のやり方【基本編】♡
ウニさん