読み込み中

海外のスタイリストは作品の中だけでなく、自身もファッションアイコンとなるような超個性的な女性たちがいます。パワフルなファッションで人生を楽しみ、いつだって人々を魅了するスタイリストをご紹介いたします!

海外個性派スタイリスト キャサリンババ

Catherine Baba(キャサリンババ)
オーストラリア出身パリ在住。
プロフィールには1936年生まれ、ということは70歳!?!?いいえ、それは彼女が生まれたかった歳なんだとか!CHANNELやVOGUE等でフリーのスタイリストとして活躍。ハイブランドヴィンテージをこよなく愛し、誰にもまねできないスタイルを確立しています。
彼女のマストアイテムはキモノローブ、ターバン、大振りのアクセ、タッセル。扱うアイテムは派手なのに、キャサリンが纏うとエレガントに見えるから不思議。
オリエンタルな雰囲気にラグジュアリーな感じをミックスさせるのがキャサリン流。ファッションの中心地、パリにいながらキモノを取り入れるところ、なんだか親近感がわきますね。
タッセルは色んな色をもっていて、コーディネートに差し色として取り入れるようです。
彼女の美脚の秘訣は自転車での移動!どこに行くにもかかさないんだとか。
この美脚…!!!
2014年に公開されたフランス映画、”ヴィオレッタ”の衣装は彼女のスタイリングです。この映画の退廃的で妖麗、そして過激な感じをキャサリンババは見事に表現されています。

海外個性派 パトリシアフィールド

Patricia Field(パトリシアフィールド)
アメリカのスタイリストでありデザイナー。トレードマークは赤い髪。誰よりも尖ったセンスを持つパトリシアはなんと74歳!!!かわいい!と感じるファッション映画の衣装はだいたい彼女のスタイリングだったりします。
ブランドにこだわらずその時の気分によってどんどん取り入れるのがパトリシアのモットー!それにしてもすごいアクセです!
挑発的な紫のメタリックドレス!そんなパトリシアがスタイリングを手掛けた映画をご紹介!
まずはSEX AND THE CITY(セックスアンドザシティー)
1998年から放映されたアメリカの大人気連続ドラマ。ニューヨークに住む30代の女性4人を取り巻くコミカルな日常を描きます。
おしゃれ好きなキャリー、仕事を愛するミランダ、お姫様気質なシャーロット、性の大胆なサマンサ。それぞれの性格やライフスタイルに合った衣装は見ていてとても面白いです。
主人公のキャリーブラッドショーはおしゃれが大好きなコラムニスト。
キャリーの旅スタイル。印象に残るスカートです。

出典: locari.jp

パールのアクセをいくつもジャラづけ!
お買いもの中毒な私
2009年に公開。お買いものが好きすぎてしまう主人公レベッカが繰り広げるロマンティックコメディ。
お買いもの中毒なレベッカは常にファッショナブル!
派手な色づかいがかわいい♡
プラダを着た悪魔
2006年に公開されたアメリカ映画。
ジャーナリスト志望の主人公が最凶の上司の下でがむしゃらに頑張る姿を描いた物語。
最初はあかぬけなかったアンドレアがお洒落に変わっていくシーンは見どころ!
1/2
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

先取りでキマス!ポップコーントップスではじける春!夏まで大活躍古着コーディネート!
miggyさん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん
一枚でさらっと。この夏着こなしたいオールインワンコーデ
korosukenariさん
LINE NEWS速報♡話題のローラ愛用ソックスブーツとDIY
korosukenariさん
乗りかえ満足度驚異の92%!予約が取りやすい大人気脱毛サロン「KIREIMO」!
Sponsoredさん
小ぶりがかわいい!おすすめ巾着バッグコーデ15選
korosukenariさん
即完売!?インスタグラマー藤沢麻衣ちゃんのハンドメイド♡
korosukenariさん