読み込み中

1年を通してカラー・パーマ・乾燥・紫外線・ホコリ等の汚れと闘っている髪の毛。ちゃんとケアしていますか?サラツヤ美髪を育てるための基本的なケアと、週1,2回行うスペシャルケアを紹介します!


	
髪の毛が美しい女性って、つい見とれてしまいませんか?女性にとって髪の毛は最強のモテポイント。ちゃんとケアされているとそれだけで、「この人はちゃんとしてるんだろうな」と思うものです。

ですが1年を通してカラー・パーマ・乾燥・紫外線・ホコリ等の汚れと闘っている髪の毛。傷むのも無理ないですが、あなたはちゃんとケアしていますか?

そこで今回はサラツヤモテ髪を手に入れるためのケア方法を伝授したいと思います!

基本のケア

シャンプー前にブラッシング


	
まずはシャンプー前にしっかりブラッシング。ここでブラッシングをすることで、頭皮の汚れが浮き上がり、髪についたホコリも取れます。

髪の毛が絡まったままシャンプーをすると無理な力がかかってしまい髪にダメージを与えてしまうので、シャンプー前のブラッシングは美髪を育てるためにとっても大事な過程です!!

シャンプーの前にまずはお湯で予洗い


	
ブラッシングが終わったら、いきなりシャンプーをするのではなく、まずはお湯だけで予洗いしていきましょう。この時に髪の毛を濡らす程度ではなく、お湯だけで汚れを落とす勢いで2分くらいかけてじっくり予洗いしましょう。

これでシャンプーの泡立ちもかなりよくなります☆

シャンプーは泡立ててから!


	
シャンプーはしっかり泡立ててから、指の腹を使ってマッサージするように頭皮を洗っていきます。

ここで大事なのは、洗うのは「髪」ではなく「頭皮」だということ。髪の毛は頭皮を洗うのに余ったシャンプーが行き渡る程度で十分です。

すすぎは3分以上かけてしっかりと


	
最後のすすぎは時間をかけて十分すぎるくらいに行いましょう。色んな角度からシャワーを当ててシャンプーが残らないように気をつけましょう!

コンディショナーは毛先中心


	
シャンプーを流したら次はコンディショナーです。コンディショナーは最も傷みが強い毛先を中心に付けます。頭皮に付けてしまうとせっかくシャンプーで汚れを落とした頭皮にまた油分を与えることになります。なので毛先につけて最後に手に残った分を全体にさっと付けましょう。

3分くらい時間をおいて潤いをじっくり浸透させてから洗い流していきます。この時はシャンプーの時ほどすすがなくて大丈夫!コンディショナーやトリートメントはすすぎすぎるとせっかく与えた潤いが全部流れてしまいます。

タオルドライ


	
タオルドライは勢いよく豪快にしてはいけません!!髪全体をタオルで挟んで叩くようにするかタオル腰にギュッと握って水分をタオルに移すようにしてなるべくダメージを与えないようにしましょう。

濡れた髪の毛はダメージを受けやすい状態なので、ここでゴシゴシ髪の毛をこすりあわせたりすると、キューティクルが剥がれてゴワゴワ髪になってしまいます!

洗い流さないトリートメントでドライヤーから守る


	
しっかり水分をとったら、洗い流さないトリートメントでドライヤーの熱から髪の毛を守ります。これも毛先を中心に付けましょう。付け過ぎるとしっとりしすぎて洗っていない人みたいになってしまうので注意!笑

ドライヤーは時間をあけずすぐ行う!


	
ドライヤーはお風呂から上がったら早めにかけましょう。濡れてダメージを受けやすくなっている髪の毛を長時間放っておくのは美髪を遠ざける原因。自然乾燥にすることで髪の毛が広がったりもするのでなるべく早く乾かしましょう。

スペシャルケア

トリートメント


	
1/3
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ

簡単可愛い!髪の毛の量が多い人向けヘアアレンジ
misakichallengeさん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん
もう幼いなんて言わせない!童顔でもできる色気の出し方講座♡
pompom814さん
どれを使えばいいの?本当に効果が高いフェイスパックを厳選♡
mikiomi46さん
乗りかえ満足度驚異の92%!予約が取りやすい大人気脱毛サロン「KIREIMO」!
Sponsoredさん
飲めば痩せる!?コンビニのはちみつ黒酢ダイエットの効果♡
mikiomi46さん
春に向けて新しい自分に♡イメチェンの為にするべきこと6つ
mikiomi46さん