読み込み中

関連するキーワード

少子化が進んでいる日本ですが、子供がほしい!と思ってる人は多いですよね?
でも、子供を育てるにはお金がかかります。
生まれてから大学まで行かせるとなると一体いくらかかるのでしょうか?一番上に移動上に移動下に移動一番下に移動移動

子供が生まれてから大学卒業までの養育費は平均1640万円

出産から大学を卒業するまでの22年間でかかる養育費は平均で1640万円。これとは別に教育費がかかります。
AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」によれば、出産から大学卒業まで、一般的に子どもが社会人となるまでの22年間における養育費は、約1,640万円と試算されています。
出典: http://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html
【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト

大学卒業までの教育費はどれくらい?

大学卒業まで全て公立で約1000万円。幼稚園から大学まで全て私立に行ったとすると約2500万円かかります。
つまり、高校まですべて公立、大学は国立の場合で教育費は1,015万円ほどかかるとわかります。さまざまな進路パターンがありえますが、仮に幼稚園から大学まで私立で、大学は私立理系(4年間)の場合ですと、約2,465万円にもなります。ここからいえることは、お子さまひとりに対する教育費はトータルで1,015万円~2,465万円ほどかかるということ。これに養育費約1,640万円を加算すると、子どもの誕生から大学卒業まで、2,655~4,105万円かかることになります。
出典: http://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html
【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト

子育てにはお金がかかります

子供を大学卒業まで育てるとすると、1人当り約2600万円~4000万円ほどかかります。
子育てをしていく上で、どうしてもお金に困った時は金融機関からの借入を検討するのも一つの手です。そうやってピンチを乗り越えているお父さん・お母さんも多いみたいですね。
あと数万円ほどあれば楽に今月を乗り切ることができるという時に、キャッシングを利用して数万円を借りることで、楽にその月を乗り切ることができます。
数万円程度なら、翌月に給料が入ればすぐに返済することができます。
出典: http://carireo.com/
お金を借りる方法。ばれずに即日で借りるには?銀行・学生・専業主婦もOK!【カリレオ】
ちょっと借りてすぐ返済すれば利息ゼロで借りることも可能です。無利息サービスがある金融機関を利用するのも一つの手ですね。
1/1
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するキーワード

関連するまとめ

新米ママへかわいすぎる『哺乳瓶シリーズ』みんなと差をつける♡
ixymoooさん
2CUPアップは当たり前!?元AKBも大絶賛の豊満バストを作るナイトブラ?【満足度98.6%】
Sponsoredさん